スポンサードリンク

マーケティング職はどういった部分を注意して職歴を書いていくのか?

こんにちは、マーケティング職というのは特殊なイメージがあると思います。基本的に商品企画の際に必ず行う必要もありますし、商品企画以外に於いても、商売のマーケティングというのは最重要項目になります。

 

 

マーケティング職という部分で単独で求人を行っている所もありますが、商品企画などと一緒にマーケティング職を兼ねているところもあります。

 

>>商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について

 

今の不況の状態の中で、基本的に商品が売れないのが一般的であり、そういった部分においてはマーケティングというのは非常に重要視されている状況になっています。

 

 

アメリカではダイレクトレスポンスと呼ばれるWEBを使ったメルマガなどの広告が有効であるという風に判断しているようです。

 

 

外資系企業などでは、成約件数を伸ばす為営業社員を雇ったり、30代や40代の経験豊富な営業を雇うよりも、インターネットを活用してダイレクトマーケティングで集客していく方がコストが優れていると言う事で、WEBデザイナーやインターネットを詳しい人を雇い、セールスレターを書いたり、ホームページのデザインを凝ったりしている傾向があるそうです。

 

 

今まで足で稼ぐ営業などの、経験や勘、人情味溢れた営業自体が減っている状況で、科学的な根拠に基づいているマーケティングという部分が重要視されていると言うのも理解出来ると思います。

 

 

企業の発達を考えるとき、ライバル市場はどのようなものなのか?商品の需要や供給のバランスはどのようなものか?このような所を考えてマーケティングする必要がある為、会社の生命線を握っていると言っても過言ではない状況になっているようです。

 

 

一口にマーケティングと言っても、様々な切り口があります。市場を調査するというのはもちろんですが、商品分析や、どのような戦略を持って市場に殴り込んでいくのかと言うようなマーケティング戦略、またデブなどを使ったマーケティングツールなどの作成や、それを使う為のネットリテラシー、様々なキャンペーンや、メルマガや、ダイレクトレスポンスなどの企画立案、通常の広告や、インターネットのYahoo!リスティングなどの広告戦略、あるいは通常の宣伝など、業務領域が非常に広範囲に渡るのもマーケティング職の特徴となります。

 

 

このような部分をひとまとめにまとめている企業もあれば、それぞれWEB担当だったり、広告担当だったり別れている企業もあります。

 

 

前職でどのようなマーケティングをやっていたのか?という部分が当然大事でありますので、応募企業の業務領域はどのようなものなのか?自分のスキルや経験に通ずる部分はあるのかなど、過去の経験やスキルの接点を満たして職業履歴(職歴)にアピールしていたなければ、採用人事に対しての自分のアピールポイントがぼやけてしまいますし、30代や40代をあえて選ぶ必要があるのか?という疑問を思わせる原因になります。

 

 

また商品によって、求めている市場も違ってきます。例えば若い女性をターゲットにしている商品なのか?また、他の年代の男性をターゲットにしている商品なのか?で求められるスキルも変わってきます。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

一般的に20代〜34歳までの女性に向けての商品というのは比較的裾野も多い為、未経験者であっても応募可能な求人はあるのですが、そもそもマーケティング職は、単なる1営業担当という意味合いではなく、高い専門性を要求される職種の一つである為、30代や40代の方であれば未経験者は採用されるケースは少ないのが一般的です。

 

 

マーケティングという部分に関して言えば、自社製品に関するニーズなどを見極めることが出来るのか?或いは消費者がどのような気持ちで商品を購入しているのか?今の市場のトレンドは何なのか?などの情報力を分析する力が要求されます。

 

 

30代や40代の方であれば、自分自身が今までマーケティングにおいて構築してきた人脈などを駆使してきて、色々なマーケティング活動を推奨する為のプロデュース能力というのも求められます。

 

マーケティング職においてアピールすべきポイント

 

マーケティング職の基本的なスキルというのは、商品が求められているか?消費者はどのようなものを欲しがっているのか?というような部分も数字的に表すことが出来るかどうかです。

 

 

この数字的という部分が、企業にとって大事な部分であるのは当たり前です。行き当たりばったり、絵に描いた餅.商品は素晴らしいかもしれないが、経費を全く考えていないような高い技術を必要とする商品ばかりを編み出しても意味がありません。

 

 

その様な全体的な部分を把握出来る力がマーケティング能力としては最重要項目になります。自分の経験がどのようなものなのかにより訴求するポイントが変わってくる為、しっかりと自分の訴求ポイントを見極めて職業履歴(職歴)に書いていく必要があります。

 

 

また、若手にありがちなのですが、基本的にはモノには限度があります。若手は自分の理想や求めるものが高すぎる為、この限度という部分がわかりません。

 

 

予算や人員、或いはツールなど、限られたリソースを最大限して決められたマーケティング戦略を行う必要がある為、30代や40代の方のマーケティング職に求められている部分の重要なものとしては、プロデュース力が挙げられます。

 

 

色々な企画を創案しながらでも、しっかりと限られてリソースを把握しながら効率よくマーケティングする力が必要です。

 


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。