スポンサードリンク

商品企画職への転職、職歴の書き方や注意点について

こんにちは。転職活動かんばっていますか?色々な会社には、独自の商品があり、そしてその商品を次から次に開発する必要があります。人間は飽きるものですので、ヒット商品が出たからと言って甘えることなく、次から次へと色々なアイデアの人を出し合う必要があります。

 

 

このような重要な役割を担っているのが商品企画職と呼ばれる職種です。これは文字通りに、各社の新商品をプロデュースする企画力が求められる部署となります。

 

 

奇抜な経費だけを無駄にするような、当たるかどうかはその時の状況によってみないと分からないと言うような商品ではなく、しっかりとマーケティングを見ている時代の流れにしっかりとフィットした新商品を出す企画力が求められます。

 

 

コツコツとヒット商品を出し続けることは非常に難しいのですが、しっかりとマーケティングを行い、下準備を行うことによって、その様な事を出来るようになる人材が求められています。

 

 

皆が裂けてしまうマーケティングリサーチというものをしっかりと行い、そのデータを分析した上で、独自のアイデアや、その会社の特徴となるべき部分を取り入れることが大事です。

 

 

他の会社と似たり寄ったりの商品であればなおさらいけませんし、奇抜であっても全く売上に反映されないようであればなおおさらいいけません。つまり商品企画というのは、発想力がありながらも、地道にコツコツとマーケティングをリサーチ出来る必要があるわけです。

 

 

30代や40代の方であれば、商品が出来るまで、それぞれの工程における調整能力、或いは過去の商品の開発に携わってきたという、現場でしか味わうことが出来ない豊富な経験や、マーケティング能力、データ分析に基づいた市場を判断する能力。そしてその業界に長くいる事の業界人脈なども大事です。業界人脈も網羅する事で、コストの面で会社に貢献する事が出来ますので、その様な部分はしっかりと訴求ポイントになります。

 

 

もちろん30代で40代というのは、感性が落ちると言うのが一般的な意見ですので、その部分を払拭させる為二も、情報の高いアンテナ力を保持して、そこの部分を面接で言えるかどうか?また面接に持って行くまでの職業履歴(職歴)で相手に感じさせることが出来るのかどうか?という部分が大事になってきます。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

さらに商品開発と言っても、会社の種類によって領域が全く異なってくる為、技術的な側面から商品化可能かどうか?という部分の見極めも求められます。絵に描いた餅で色々と発想するのは簡単ですが、その部分が本当に商品化に役に立つのかどうか?絵に描いた餅なのかどうか?という所をジャッジする力も必要とされます。

 

 

また商品企画職というのは、市内での決裁権や人員や期限、商品開発に関する予算などの制限も求められますし、それだけにとどまらず、生産工場に足を運んだり、取引先との関係性や、常に動く市場の動向などを、三つ巴で色々な部分で神経をとがらせておかなければいけないところとなります。

 

 

このような環境下の中で、会社に損害を携え為、むしろ利益を出す為の新商品のヒットすると言う事は非常に難しい現状というのを覚えておかなければいけません。

 

 

ITが進んでいる今は、ドックイヤーと呼ばれているように、数ヶ月前の常識が全く使えなくなるというケースも普通にあります。ですのでこのような状態の中で、すぐに時代遅れになったり、ライバルの会社に於いて行かれたりするケースも普通にある為、スピード感をもって色々な部分を整理整頓しながら、新商品開発プロジェクトを率先して引率していく力が要求されます。

 

 

このようなスキルや実力というのは、若手であれば無理ですので、やはり30代や40代の経験豊富な方脳独壇場になるケースもあります。

 

 

また企業によっては、この商品企画職という部分を大きなくくりで見たり、小さなプロジェクト単位で見るケースもあるので注意が必要です。大きな会社であればマーケット部というものも存在します。しかし基本的に商品企画職というのはマーケットもありきで考えることが多い為、会社によってはマーケット部の部分も込みで商品企画職となっているケースが多いです。

 

 

マーケット調査から販促プロモーションまでを含んだ大きなくくり思って商品企画と定義している企業も多いですので、自分が前職で担当してきた部分をしっかりと転職先の職業履歴(職歴)でアピールする事が大事です。

 

 

携わった過去の商品についての詳細や、その商品開発で自分の役割や、自分の役職の位置付け、またどのような部分に工夫をして、ライバル会社との兼ね合いや、取引先の信頼関係をどのように行ってきたのか?そういった部分をしっかりとアピールする必要があるでしょう。

 

 

30代や40代の方であれば、当然商品を企画する為二、自分が先頭に立ってプロジェクトを仕切るという力が必要です。

 

 

つまり商品のディレクション能力や、商品開発に至るまでのプロジェクト能力という部分も重要な役割になります。30代で40代の人材を求めている企業というのは、商品開発に対して非常に奥手になっている事や、ライバルに後れを取っているという部分を自覚しているケースが多いです。

 

 

前職での商品企画に、その人材がどのような役割を担ってきたのか?という部分が転職先で求めている事になると思いますので、しっかりと職業履歴(職歴)でアピールする必要があります。

 


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。