スポンサードリンク

総務職向けの職歴の書き方について

こんにちは、このページでは総務職向けの職業履歴(職歴)の書き方などについて書いてみたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

 

総務というのは、最も守備範囲が広い業務の一つであると考えられています。会社の中で何でも屋的な部分を担うのも総務の役割となります。

 

 

例えば設備管理の一環として、プリンターのインクの交換、電気の交換、このような単純な誰でも出来るような作業から、それとは違い、大変高い商法の専門知識を扱った仕事、または、事前の細かい根回しなどを必要とされる株主総会の運営、このような部分を一手に担うことになり、業務は多岐にわたる為非常に柔軟性のあるところとなります。

 

 

これは、総務という役職以外の部分で、人間的な所の重要さも増してくると思います。30代や40代の方と言っても、このような総務の役割をすべて今まで経験していたりすると言うような方はいないと思います。

 

 

総務を転職希望にする場合であれば、自分が今まで経験してきた経験の領域と、転職先の応募企業の求める人材、また応募企業が求めるスキルの領域という部分を照らし合わせながら、自分の経験やスキルがどのように活かす事が出来るのか?という所をしっかりと見極める必要があると思います。

 

 

そうしなければ、30代や40代の方が、総務の転職をするという部分は難しくなるかもしれません。

 

 

どのような業務においてもそうですが、総務に於いても然りで、単純作業や、力作業が出来ると言うようなアピールポイントを幾ら訴求したとしても、30代や40代の方が転職先で有利になる事はありません。

 

 

また転職先の会社によっては、総務の業務の範疇に

 

    • 情報システム関係
    • 経理や人事

 

このような部分の仕事を含むところもあります。つまり、総務、車内システムエンジニア、総務や人事、総務や経理、などの色々な職種を合わせて求人に出すことが多いです。

 

 

両方の職種を合わせると、さらに転職市場の守備範囲が広くなります。

 

 

このような求人を知った場合、応募に尻ごみをしてしまうケースが多く見受けられますが、基本的にいえばほとんどの応募者というのはこの両方の条件をクリア出来ていないケースが多いです。

 

 

このようなケースで尻ごみする必要がありません。応募をする際には、自分自身が得意とするスキルや実績を明確に表現しながらも、色々な仕事を出来るという柔軟性や、環境の適用能力という部分もしっかりアピールしてください。

 

 

つまり転職先の企業においては「御社の求めているような人材になる為の努力を自分自身はしっかりと行う覚悟はあります」という部分をアピールすればいいと言うことです。

 

 

総務での業務の経験は、基本的には数値化をしやすい状態だと思います。

 

 

例えば設備管理に関して言えば、自分自身が前職で管理していたビルの数や面積、例えばエレベーターの数や、会社で使っている車、自動車保険の金額このような部分をしっかりと数字で表すことが出来ます。

 

 

イベントや株主総会の運営を行った経験がある方であれば、実際に前職で行った会場の規模や、株主の人数などをしっかりと数字で表すことが出来ます。

 

 

総務を携わってきた経験や、スキルという部分において、例えば実績に関しても居やすい部分もあるでしょう。

 

 

前職で保有していたビルの維持費や、そこで使っているもろもろの電気、ガスや、社用車のガソリン代、このような部分をどのくらい削減出来たのか?また削減する為二どのような取り組みを行ってきたのか?という事を自分の実績として職業履歴(職歴)に書くことも出来ます。

 

 

その他にも、例えば入札方式導入による業者選定等においても数値化出来る事は沢山あります。

 

 

社内全体を巻き込んで取り組んだ会社の経験や、会社の運営に関する成果というのは大変な売り込みポイントになります。このような事は積極的にアピールするようにしてください。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

総務職というのは、性質上業務範囲が非常に広い為、訴求ポイントが自分自身ではわかりづらいというのも欠点の一つです。

 

 

つまり、自分自身が今までどのような事を経験してきて、どのような部分に強みがあるのか?この部分をしっかりと明確化する事が大事です。当然ですが、転職先の企業が人材に何を求めているのか?を把握する事は必須条件になります。

 

 

自分が得意分野があるのであれば、そこの部分をしっかりと職業履歴(職歴)で書くことにより、単なる便利屋ではないと言う事をアピールすることが出来ます。また、便利屋でないという変なプライドもなく、どのような事にも取り組む意思があるという部分も訴求する事も大事です。

 

転職エージェントのエージェントにしっかりと自分の売りを聞く事

 

このように総務職というのは、自分で考えていなくても、実はそれがすごい実績だったと言う事も多いです。

 

 

さらに、実績に関して数値化を出来ていない部分というのも、1人で行っていれば必ず出てくるでしょう。その様な時に役に立つのが転職エージェントのエージェントによる知恵です。

 

 

どういったポイントを意識して職業履歴(職歴)を積み上げていくのか?自分自身はわからなくても、転職エージェントのエージェントは分かることが出来るでしょう。今まで転職活動に於いて数値化していなかったような事も、転職エージェントに質問する事で、それが表面化する事が出来るでしょう。

 

 

色々な状況があると思いますが、臨機応変にしっかりと取り組むようにしてください。

 


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。