スポンサードリンク

経理職の職歴の書き方について

こんにちは。転職活動かんばっていますか?30代や40代の方の転職に向けての上、今回は経理職向けの職業履歴(職歴)の書き方のポイントなどについて書いてみたいと思います。

 

 

経理職と言っても色々なレベルがあると思います。前職でどのような役職を任されていたのか?経理と言っても色々な種類があると思いますので、前職での経理の仕事の仕方についてどのような感じで取り組んできたのかをアピールする必要があります。

 

 

単純に仕分けが出来るレベルくらいなのか?それとも財務諸表や融資関連書類等を作成したり、或いはその企業の財務戦略などを実際に実践出来るレベルなのか?という風にそれぞれのレベルがあると思います。

 

 

通常のレベルなのか?それとも高度なレベルなのか?それは転職市場において、人材の価値というものは全く変わってきます。単純に言えば、年齢が上であるほど給料の面で言えば企業側からすればお金がかかる為、前職で経理職を長年やっていたとしても、単純に入出金データの取りまとめと言う様な補助的な経理をずっとやっていたのであれば、30代や40代の人材を雇う理由がないという事になります。

 

 

このような役割であれば、単純に30代や40代の経費のかかる人材ではなく、若い年代やパートなどでも十分にする事が出来るかです。

 

 

つまり経理職の転職市場において、職業履歴(職歴)には経理職として業務経験を加工してきた、勤務先の企業の規模や、取り扱い高などの記載が必須になってきます。

 

 

従業員が10名も満たないような所で、幾ら長年の間経理職をやっていたとしても、それは転職市場においてはあまり価値のないスキルや実績になります。

 

 

一部上場企業で経理をやっていたと言う方と、このような中小企業で経理をやっていたと言う方では、全く人材の募集の内容も、勝ちも違ってくるという事になります。

 

 

中小企業がいいとか、一部上場企業の方が有利という部分は、一概にどのような仕事をやっていたのか?という所が関係する為、優劣をつけることは難しくなります。前職でどのような事をやっていたのか?が転職市場での人材の価値になるのです。

 

 

中小零細企業などのケースであれば、伝票の整理から仕分けの入力、会社の決済まで1人でこなす必要があります。ですので経理職としての経験やスキルという部分は、逆に言えば飛び抜けているスキルかもしれません。

 

 

また一部上場企業の場合であれば、それぞれの部門によって、連結決済や国際会計基準など、大変専門的な高度なものであるケースもあります。このような高度なケースをする経理職ではもちろんスキルが優れていると言うのは分かるのですが、そこで下っ端の人間と上の人間という部分では全く実力やスキルが変わってくるのです。

 

 

下っ端の人材であれば、中小零細企業で1人でやっているような経理職の方のほうが、スキルや知識はすぐれている可能性も高く、一概に前職だけで決めるのは難しいのです。前職でどのような仕事を任されていたのか?という所が非常に重要になってきます。

 

 

このように、同じ経理職と言っても、自分自身が勤務している会社の規模によって大きく業務内容が変わってきます。ですので転職の経理職がどのような中身なのか?という所を知ることが大事です。

 

 

業種によっては、当然ですが経理の内容も異なってきますので、経験業種と言うのも重要な部分になります。

 

 

さらに言えば、経理ソフトのリテラシーという部分も大事で、前職でどのような経緯ソフトを使っていたのか?という所も大事です。

 

 

最近ではオンラインのクラウド上の経理システムなどもあります。前職と同じソフトであれば問題ないのですが、例えば転職先のソフトが全く今まで自分が使ったことがないようなケースも普通にあるでしょう。

 

 

しかし、このような場合で「○○は今まで使った事がありません」という風に諦める方は絶対に転職では成功しません。ただでさえ30代や40代の経理職というのは、転職市場においては不利な状態が続くので、各企業の経理ソフトにしっかりと対応出来るようなソフトリテラシーというものが非常に必要になります。

 

 

例えば家に持って帰って、そのソフトの使い方を覚えるなど、色々な工夫が必要となります。家に持って帰るという部分は、今の会社においては出来ないかもしれませんので、そのソフトを自分のパソコンにインストールして勉強するなどのリテラシーが必要とされるでしょう。

 

経理職の資格の表記について

 

経理職の方の転職の場合、よくある疑問としては、経理職の資格についての表記はどの様にすればいいのか?というものがあります。

 

 

軽食は実質経験重視ですので、簿記資格を表記したからと言って、それが転職市場において有利であると言う事は限りません。日商簿記2級と言うような感じであれば、ハッキリ言って誰でも取れるレベルですので、表記をする必要すらないというイメージでとらえておいてOKのようです。

 

 

また色々な失敗例としてあるのが、経理職の求人であるにも関わらず、税理士試験の科目合格を書いて会っているすると言う様な場合です。

 

 

これは一見良さそうな感じもしますが、転職先の企業というのは、経理職の人材を求めているわけで、その人材が税理士試験の科目合格を書いているとすれば、この人材のゴールは税理士になる事であって、当社の経理職というのはあくまでも税理士になるまでのつなぎの職種という意味合いなのかという風に理解するケースが多いようです。

 

 

つまり同じレベルの人材であれば、通常の経理職の転職を探している人と、税理士の資格を取ることを目指している人材では、前者の方を採用するケースもある為、あまり書かないほうが良いと言うのが通常の考えとなります。

 

 

転職エージェントを効果的に利用するというのはこのような部分であり、自分が良かれと思ってアピールしていた資格が、かえって転職活動の邪魔になるケースもあるのです。このような事は1人では判断出来ませんので、しっかりと自分の使える転職先のスキルというものを覚えておいてください。

 


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。