スポンサードリンク

人事職への転職の際の職歴の書き方

こんにちは。転職活動かんばっていますか?人事職向けの職業履歴(職歴)の書き方というのも、案外難しいものです。人事職というのは、過去の実績が見えにくいという部分がある為、どのような所をアピールポイントにすればよいのか?というところがわかりづらいところがあると思います。

 

 

案外転職先に向けての訴求が出来ていないというが転職希望者も多く、職業履歴(職歴)の出来次第によっては、合否に凄く関係するような部分が出てきます。ですのでしっかりと取り組んでいく事が大事です。

 

 

基本的に人事は20代には難しいと言われる職業となっています。人事職というのは、基本的に年齢を重ねるほど責任が高くなってくる業務ですので、30代や40代の方の転職希望者にとってはかなり良い転職先なのかもしれません。

 

 

人事職と一口に言っても、業務も細分化すると、人材の採用から、若手の教育や査定評価、人事制度設計、或いは労務の管理、各部署の配置転換、福利厚生や退職手続きまで幅が広い業務があります。

 

 

 

少し前までは成果主義を採用している企業が増えていましたが、今は年功序列主義が見直されている状態です。欧米やアメリカでは成果主義主体の働き方でしたが、やはり日本に於いては年功序列という部分が根強く日本の環境にマッチしている状態だといえるでしょう。

 

 

転職先の応募企業は、どのような人事をやっているのか?成果主義なのか?年功序列主義なのか?このような部分をしっかり理解して、自分自身がどの領域に強みを持っているのかを把握して、今の人事制度や企業の文化、そして求人内容、転職先が求める人物像はどのような人材なのか?と照らし合わせながら、自分が転職先でどのような部分をアピール出来るのかと言う事を考えて職業履歴(職歴)に反映する必要があります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

海外で働いた業務経験等も武器

 

どんな企業も同様ですから、人事の取り組みや色々な考え方や、それが反映されるまでというのは時間がかかるものです。ですので、すぐに結果が出ない為、成果や業績をアピールするのが難しいともいえるでしょう。

 

 

長い改革であれば、長期スパン、10年くらいの周期で分かることもありますし、成功なのか?失敗なのか?という部分も、長期スパンでの結果論という形になる傾向もある為、どの部分をアピールすればいいのか?というところがわかりづらい部分でもあります。

 

 

このような場合は、あなた自身が過去に経験した業務の領域を、しっかりと伝わりやすいように具体的に掻き出し、そしてその時の対応人数や、取り組んだ時間などを書くことで、訴求力が強まり、相手が欲しい人材なのか?という部分をわかりやすく明確に伝える事が出来る可能性が高まります。

 

 

さらに、職位でその人の信頼度を向上させることが出来る為、職員についた経験がある場合であればしっかりと職業履歴(職歴)で伝えるようにしておくことが大事です。

 

 

またチャラチャラした感じではなく、社員一人一人の個人情報を守るわけですので、口の堅いという部分も立派な訴求力になります。これは面接のときに単純に人間的に、本能的に判断する部分も高い為、「口が堅いか?口が軽くペラペラしゃべるのか?」という所が相手に伝わるかどうか?なども重要な部分となります。

 

 

最近では国際人事が出来る人材を、積極的にヘッドハンティングや、外部から採用するケースが目立つと言われています。グローバル化を勧める企業のニーズは高く、その際に求められる国握力や、外国人採用をした時の教育、またその様な教育経験、或いは海外勤務の経験等があれば、十分な訴求力に繋がりますのでしっかりと職業履歴(職歴)でアピールする必要があります。

 

 

経験があれば積極的にアピールする事で、転職先で求められる人材に近づくことが出来る可能性があります。

 

人事職でアピールするべきポイント

 

アピールするべきポイントを間違えるとダメです。例えば新卒の採用をやらない企業というものも多くあります。このようなときに経験してきた新卒リクルーティング業務などの経験を書いたところで、転職先では全く必要なものになります。

 

 

無用の長物を書くことで、自慢話のように聞こえる可能性も出来ますので、転職崎の求人内容をしっかりと読み、自分が役立ってる情報は何か?職業履歴(職歴)に書くべきポイントはどこか?書いてはダメな所んとこか?などをしっかりと精査する必要があります。

 

 

どのような企業にも関係するのですが、企業というのは人によって出来ている為、自分自身がどのような人材の教育に取り組んでいるのか?このような部分をしっかりとアピールする事が大事です。

 

 

人事職というのは、アピールするべきポイントが少なく、ぼやけてしまいがちですが、企業先が求めているところをしっかりと先回りして理解する事で、どの部分の自分の魅力をアピールする事が出来るのか?が分かってくるはずです。

 


 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。