スポンサードリンク

営業事務職はお客との信頼関係が大事

こんにちは。転職活動かんばっていますか?このページでは営業事務職の転職希望の方に向けたコンテンツを書いていきたいと思います。

 

 

営業事務職というのは非常に広範囲の事を指すと思います。営業事務職と言っても、通常の営業の際にお客さんや取引先からかかってくる電話の応対や、来客の対応という部分の役割、或いはコールセンターのように、毎日大量にかかってくる電話の応対など色々な職があると思います。

 

 

一般的にコールセンターではなく、通常の営業の際のお客さんとの応対や、メーカーとの応対の営業について説明してみたいと思います。

 

 

この営業事務職という職種は、通常の事務職としての伝票発行や、色々な商品のデータの入力、顧客管理のデータ入力、またお店にかかってくる電話応対などの事務処理能力は通常通り要求されるものです。

 

 

他には、通常営業時間中に外回りなどをしている営業と、その営業が受け持っているクライアントや業者とのハブ的役割も必要とされます。今では携帯電話が主流になっていますが、営業者ごとにそれぞれ電話を教えていると言うのは稀です。

 

 

もちろん会社単位で携帯電話を持っているケースも多くありますが、通常は会社に電話がかかってきて、必要な情報を教えたり、或いは商品の注文などはその営業を通さずに会社に直接受注するというケースも多い為、営業事務が電話応対する事が多くなるのです。

 

 

またトラブルが発生したり、重大な問題が発生したケースであれば、営業部長に伝えるべき内容であるのか?それともまず担当の営業に電話をするのか?このような判断基準が要求されます。

 

 

営業所の留守を預かっている状態ですので、当然伝達ミスはご法度ですし、伝える順番や、伝える速度というものが大事になってくる為、迅速に物事を判断する必要があります。

 

 

一般的に言われている事は、営業事務職に就く事務員というのは、会社で言う縁の下の力持ち、つまりお母さん的役割であると言われます。

 

 

社長や営業部長をお父さんとしたら、そのお父さんを立てながら、他の営業や他の部署の人間に対する心のケアや、その他のモチベーションを上げる仕事まで、色々な部分で子供の世話をするように仕事をしなければいけません。

 

 

つまり若い人間にはこのような部分が分からない状態ですので、30代や40代の営業事務職を務めてきた人間というのは重宝される役回りとなります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

一般常識を兼ね備えた人材が有利

 

営業事務職というのは、正直言うと自分の役回り以上の事をする可能性もある職種となります。お母さん的役割というのは、色々な部分でいい意味で会社で頼られる存在になるわけですので、業務外でのケアなども必要とされるケースがあります。

 

 

ただし、会社内の雰囲気がよければ、和気藹々とした感じで世話をするのは嫌じゃないと言うようなケースも多いです。生きがいを持って営業事務職をやっているという女性も結構いると言うのも、この職種独特の雰囲気なのだと思います。

 

 

現に営業事務職に勤めている女性の方は、安月給でありながら長年勤めていたり、何かしら会社に対して愛着という部分を持っているような気がします。逆に言えば30代や40代で転職をしようと思っている方は、このような部分がなかった職場で働いていたという可能性もありますので、本当にやりがいを感じることが出来る職場であれば、長く続けることが出来ると思います。

 

 

このような営業事務職ではありますが、もちろん接待マナーというのは必須条件となります。栄養事務職の接客のせいで、顧客の機嫌を損ね契約を切られたと言うようなケースも普通にある為、接待マナーというのは注意が必要になります。

 

 

例えば少し支払いが遅れているような顧客に対して、誠意をもって対応せず「早く支払ってください」と言うようなこと言ったばかりに、クライアントが怒ってしまって契約が破棄になったケースもあります。

 

 

営業事務というのは裏方的な存在であり、表舞台になかなかてることはない仕事でもあります。しかし営業所の顔であり、会社の顔という部分で、色々な場面において表に出なければいけないこともあるのです。

 

 

その様な事を全く意識しないと、顧客に対して横柄な態度になったり、自分が会社の顔という所の自覚がなければ、顧客に対しても腹立たしい態度を取ってしまうケースがあるわけです。


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。