スポンサードリンク

一般事務への転職の際の職歴の書き方

こんにちは。転職活動かんばっていますか?一般事務の求人については、企業はどのような事を求めるのでしょうか?

 

 

一般事務に求められることは非常にシンプルであり、正確で、そして処理をスピーディにする「事務処理能力」となります。

 

 

このようなものというのは、一般的に当たり前のスキルであり、正確かつスピーディな事務処理能力に加え、30代や40代の人材には、今まで培ってきたが豊富な経験や知識、人に対する気配りや目配り、また同僚や部下に対する心配りや大人の対応力なども求められるスキルとなります。

 

 

このような部分を期待しなければ、基本的には差がつきにくい職種である為、転職市場では非常に厳しいと思いますので、その部分を積極的に職業履歴(職歴)でアピールしなければいけなくなります。

 

 

基本的に事務職というのは女性になると思いますが、30代や40代の落ち着いた女性を人材として募集する企業というのは実は多いです。若い事務職の求人もありますが、基本的には人と体をする役職の為、言葉遣いや、ちょっとした気づかいという部分において、30代や40代の経験がある落ち着いた女性を求める経営者も多いのです。

 

 

事務職というのは地味な業種なりますが、基本的に色々な外部の人間と接する機会が多い為、電話で応対する時に言葉遣いがダメだったり、ガムを噛んでいたり茶髪だったりと言う様な若い女性であれば、会社の信用したいを失うことんにも繋がりますので、落ち着いている女性が良いというのも何となくわかります。

 

 

基本的にはどのような会社にとっても、クライアントや、取引先、その他顧客等の最初の接点になるわけですので、一般事務の求人で求められる部分というのは、「安心感や安定感があって、人に対して不快な重いをさせないような外見、また細かい気配りが出来る人間」という所であり、そうなってくると新卒の事務よりも、経験が豊富な30代や40代の事務職転職組の方が有利な場合もあるのです。

 

 

とは言っても、やはり一般事務職自体は、若い女性の方が人気のある市場というのは他のものと同様に変わりはありません。30代や40代の転職希望者が、過去の前職でのプレーヤーとしての経験やスキルなどを職業履歴(職歴)でアピールするだけでは、転職市場で勝ち残ることは不可能だと思います。

 

 

アピールすべきポイントというのは、他の職種と同様に、30代と40代という年代ならではの、事務職員全員の人材マネジメント能力や、業務の事務フローの見直しなどの経験、業務の効率化、或いは業務の均一化の為の業務マニュアルの作成の経験、このような部分がアピールポイントの一つになります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

経験やスキルが不足している30代、40代の場合

 

仮に、上記のような自分の能力や経験が不足していて、それでも転職活動をしている場合であれば、やはりプレーヤーとしてのスキルや経験という部分をアピールしなければなりません。

 

 

30代、40代という事務職の方であれば、前職で何かしら色々な部分を勉強してきていると思うので、新しい職場内で自分しかする事が出来ないと言うような部分があるのかないのか?をしっかりと見極め、そこを職業履歴(職歴)に自己PRでアピールするような形になると思います。

 

 

会社によって色々な部分での事務の業務も変わってきます。規模が大きくなったり、処理が面倒な部分に関して言えば、事務職業務に必須なWindowsの操作の仕方、或いはオフィスなどのツールの高度な使い方なども重要なスキルの一つです。

 

 

その他に、ITに関する通信ネットワークなどの不具合、デジタル機器の故障した場合のリカバリー能力なども、若手では出来ない色々な職場での気の利く部分というところをアピールすると差がつきやすくなります。

 

 

これは事務職とは全く関係のないようなスキルだと思いますが、例えば色々な部分のリカバリースキルというのは、何かトラブルがあったケースのときに凄く重宝されます。

 

 

わざわざ外部でリペアをしてもらったり、或いはその会社の情報本部などの指示を待つことはタイムロスになります。その様なケースをどのような会社でも一度は経験している為、リカバリースキルがある人間の人材というのは非常に付加価値があることをしています。

 

 

このように、事務職としてはそこまで関係のないようなスキルを、実は企業では大変買っている部分もある為、自分でたいした事がないと思っているスキルであったとしても、そこはしっかりと職業履歴(職歴)でアピールする気持ちが大事です。

 

 

例えば20名単位くらいの会社であれば、ネットリテラシーが全くないよな中高年の社員で成り立っている会社というのは普通にあります。親族会社などは特に顕著で、ITの部分を取り入れたいにも関わらず、何をしていいのか分からない?何から始めて良いのか分からない?という所で悩んでいる会社も非常に多いのです。

 

 

事務仕事をしながら、なおかつその会社のネットリテラシーの向上が出来ると言う人材は、実は会社にとっては必要な人材であることもあります。

 

 

このように自分自身のスキルという部分で、何が得意なのか?という所は案外わかりにくいものです。パソコンのリカバリ能力などは、30代や40代のSNSを使っている方であれば、誰でも出来ると思っていても仕方がないと思います。

 

 

しかし50代や60代の年代であれば、インターネットを使いたい状態でも全く使えない人も多くいると言うことを覚えておきましょう。

 

 

転職エージェントなどを使うことで、自分のスキルを最低限に活かして転職先にアピールする事が出来ますので、ぜひとも転職エージェントを利用して少しでも有利な転職先に転職してみてください。

 


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。