スポンサードリンク

年長者としての強みが出やすい販売職

30代や40代の方の販売職の求人というのは非常に多くあります。この年代の求人のケースであれば、通常の職種の年齢的な部分のハンディキャップをあまり感じず、むしろ年長の部分を活かして転職をすることが出来る可能性があります。

 

 

この年代向けの販売職の求人というのは

 

  • 店長候補募集
  • 店長募集
  • エリアマネージャー募集
  • 店舗マネジャー募集

 

 

このような感じで、各店舗の管理ポジションの募集が基本的に占めている状態です。実際に全国展開だったり、その件で多店舗展開しているような企業であれば、20代半ばくらいの社員に店長を任せると言うような所もあります。

 

 

通常の会社であれば、40代になっても部長や課長と言う様な役職をもらえないようなケースも普通に多いわけですので、前職の店舗販売職などで、店長や、それに準ずるような役職を経験しているのであれば、転職先でも即戦力として非常に大きな売りとなります。

 

 

お客さんと直接顔を合わせて商品を売ると言うような店舗での販売職の場合であれば、職種は違いますが営業職と同様で、以前売り上げた数字がすべてと言う感じになります。

 

 

店舗販売の場合、売り上げがすべてという部分はありますが30代や40代の方であれば、自分が店頭に立つプレーヤーと言うよりも、店長として店舗をどのようにまとめてきたのか?と言う様なマネジメント能力が重要になってきます。

 

 

店舗の売り上げの実績ももちろんですが、そのお店に課せられた目標数字について、実際に転職希望者がどのような取り組みを行ってきたのか?またどのような取り組み方で実績を作っていくのか?と言う様な部分を採用人事は知りたいわけです。

 

 

つまりその様な部分をしっかりと職業履歴(職歴)で訴求出来るかどうか?が通るかどうかの大事なポイントになります。

 

 

理由としては、採用人事は今までの素晴らしい成果よりも、その成果のあげ方自体がどのように当社で役に立つのか?当社で活用がする事が出来るのか?を知りたいわけです。

 

 

店舗が多い場合、本部からの指示にしたがって取り組んできたという感じで、キャリアは積んでいるにも関わらず、何もマネジメント能力もないと言う様な店長もいます。

 

 

例え店長という肩書きがないとしても、インフォーマルであったとしても、過去にスタッフの人材育成の経験や、朝礼での色々な工夫、店舗のディスプレイの工夫、四季に応じたディスプレイの表現方法の工夫など、チーム力アップなどに貢献している方も多いと思います。

 

 

役職の肩書きがないと言うような方も多いかもしれませんが、ささいな事でも構いませんので、売り上げに貢献したと思われる部分を、しっかりと職業履歴(職歴)でアピールしてみてください。

 

 

他にも、個人の売上成績や、色々な商品に対する知識、また店舗売上の為の提案や実行など、年長者だからこそ出来るようなメリットや、どのような人材を育ててきたかとか、どのような部分に気を使いながら仕事をしてきたのか?というような部分をしっかりとアピールしてください。

 

 

店舗販売というのは、お客さんのクレームを受けたりする為、店長以外の人に相談出来るという部分は非常に大きなメリットになります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

店舗販売職でアピールするポイントについて

 

例えば売上の向上の為の取り組みというのが一番大事になります。これは隔週セールやキャンペーンの実施や、アイテムの選定について、商品の打ち出し方や、イチオシのアイテムの提案やその他もろもろの売上に関する部分のマネジメント能力です。

 

 

例えば販促用のディスプレイだったり、顧客に反則のはがきやメルマガの発行の提案など、具体的に売り上げに直結する為二取り組んだことなどをしっかりとアピールしてください。

 

 

また店舗販売において、店内の空気が悪かったりするのは最悪で、よく店長に怒られてシュンとしているスタッフがいる店舗もあるのですが、空気を変えれるようなところで工夫していたところなどもあればアピールする事が大事です。

 

 

空気が悪いという部分はもちろん最悪ですし、店舗販売においてはそれぞれのスタッフの力が、大きく影響する部分があります。

 

 

日々の気配りや、後輩に対する思いやり、色々な店長に言えないような不満、スタッフミーティングで気づいた事など、コミニケーション向上の為の経験があるようであれば、積極的に職業履歴(職歴)でアピールする事が大事です。

 

 

また、アパレル企業の店長などにおいては、繁忙期の見極め、忙しくない時の見極めが大事であり、経費をかけずにシフトを回すなどのマネジメント能力なども重要になります。

 

 

アルバイトの気持ちとしては、できるだけ多く入ってアルバイト代を稼ぎたいという気持ちもあると思いますし、会社側の立場からすれば、忙しくない時は出来る限りスタッフを減らしたいという気持ちもあると思います。

 

 

また、繁忙期にスタッフを減らしてシフトを組んでしまえば、忙しいときにスタッフが足りないという機会損失になるケースもある為、シフト管理力というのは非常に大きな部分であり、もしそれに携わっていたのであれば、十分なアピールポイントになります。

 

 

繁忙期の時のスタッフのシフトの工夫、またスタッフの不満がないようにどのような工夫をしながらシフトを組んだのか?会社が出来るだけコストを抑える為二、どのような部分に注意をしながらシフトを組んだのか?このような経験があるのであれば、積極的にアピールをすればいいと思います。

 


 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。