スポンサードリンク

個人向けの営業への転職の際の職歴の書き方

こんにちは。転職活動かんばっていますか?このページでは、個人の栄養向けの職業履歴(職歴)の書き方のポイントについて書いてみたいと思います。

 

 

個人向けの営業というのは基本的に売り切ったら終わりというスタンスはやめることが秘訣になります。一般的に顧客層の幅広さが個人向け営業の特徴となります。

 

 

会社単位ではなく、それぞれの個人、つまり老若男女色々な種類の方を相手に物を売ったり、お勧めしたりする必要がありますので、いかにその顧客に自分自身を合わせることが出来るのか?というフレキシブルな対応が問われます。

 

 

これは当然人付き合いや、どれくらい人が好きなのか?という部分にも関わってくるし、人間が好きであることという部分が基本的には大事な所だと思います。

 

 

仕事関係なく人間関係で円滑なコミュニケーションが取れるのか?という部分が大事で、それが出来なければ個人向けの営業というのは基本的に厳しいと思います。

 

 

また最近ではツイッターやSNSなどの発達によって、クレーマーと呼ばれる様な方も増えています。自分が悪いにも関わらず、コンプライアンスを盾に一方的に批評をインターネットのホームページのお客様サポートセンターに書き込んだりする人も増えています。

 

 

このような方に対しても、同じ土俵に立って怒ったりするのではなく、紳士的な対応を出来るかどうか?という所が大事になります。

 

 

消費者自身の発言力が増えてきている為、ちょっとしたボタンの掛け違いが大きなクレームに発達し、全国的なニュースになると言うようなケースも普通に起こります。

 

 

もちろん30代や40代の営業職のベテランであれば、クレーム処理も数え切れないほど受けてきていると思います。もちろんクレームを発生させないような取り組みを社内で行うことも求められますが、例えば実際に起こった場合に、どのような迅速なクレーム対応が出来るのか?と言う様なクレーム対応力も必要とされます。

 

 

30代や40代の人材を会社にいれると言う事は、その様な部分をまとめることが出来ると見越して採用候補に入れているわけです。

 

 

現代の高度情報化社会と言っても、事業者と消費者の間にはまだ埋めることが出来ない情報の格差があると言われています。また一時は、半ば強引な訪問営業や、今も続いている詐欺的な営業が大変問題になったケースもあります。

 

 

今は消費者保護の為に、消費者庁も設立されており、ほんの少しの行き違いにおいて行政処分にまで発達するケースも十分に考えられる為、少しでも感情的になったり、理不尽な事と思っていいかいしたりすれば、会社として存続問題に関わるようなケースにも発展しかねません。

 

 

このような事を予防する意味でも、親切丁寧にしっかりと順を追って商談を勧めていくと言う様な、人間的にすぐれた営業手順の確実さを実現出来るのかどうか?という部分が30代や40代の人材には求められて当然だと思います。

 

 

さらに、転職先の採用人事の立場からした場合、同じ営業経験だとしても法人営業と個人営業は明確に分けるのが一般的な考えとなります。

 

 

これはどのような事を意味するかといえば、どちらかの経験しかない場合は、それぞれの人間的なポテンシャルを重視せざるを得ないと言う様なことになります。

 

 

例えばある工場向けの機械の営業ですばらし成績を残していたような方が、個人向けの営業職に応募した場合、転職者側は同じメーカーの営業であるという部分で営業が出来ると言うふうに理解する可能性があります。

 

 

しかし、採用人事側からすれば

 

  • 個人向けと法人向けの営業戦略や攻め方は全然違うが、応募者側は営業スタイルの違いに対応出来るのか?
  • 今までの機械を持っていた営業とは全然内容が違う
  • 個人によって色々な対応が変わるけど、この人材は対応出来る事が出来るのか?

 

このような部分が気になるわけです。営業してきた歴史が長いから通るだろうと思っていても、このように個人向けの営業と法人向けの営業では全く目的もベクトルも違うと言う事を注意しておかなければいけません。

 

 

個人向け営業職の場合は、あえて転職の参入障壁を低くしている傾向があります。例えば年齢制限もわりかしゆるめで、未経験者でも大丈夫と言うようなケースです。

 

 

しかしこのような場合入社後は成果が大変厳しく求められ、順応出来ない場合給与の部分で非常に低い状態になります。

 

 

また成果が出なければ、即退職させられるケースもある為、営業に対しての確固たる自信や、遣り遂げるという決意が必要にされます。

 

個人営業でアピールするポイントは?

 

個人営業というのは形のないものであるので、自分がどの分野が得意なのか?という事をしっかりとアピールする必要があります。

 

 

例えば営業スタイルが飛び込み営業をしてきたのか?テレアポ営業をしてきたのか?それとも足で稼ぐチラシの配布をしてきたのか?このような感じで営業の種類も違ってきますので、自分自身がどのような営業をやってきたのか?またどのような営業スタイルが得意なのかをしっかり書くことが大事です。

 

 

また、顧客獲得の為に自分がどのような創意工夫をしているのかもアピールポイントです。一見さんで終わらせない為に、お礼のはがき用って書きで書いているとか、お中元やお歳暮は自前で出しているとか、年賀状やバースデーカードを送っている等コミニケーションをとっている方であればその様な部分をしっかりとアピールします。

 


 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。