スポンサードリンク

法人向けの営業職へのアピールポイントはどういった部分でしょうか?

こんにちは。転職活動かんばっていますか?

 

営業職というのは非常に人気のある職種でもあります。営業職で働いてきた方は、その次の転職先も営業でありたいと思うケースが多いです。

 

 

最近の営業職の応募というのは、「営業」とだけ明記せずに、コンサルティング営業とか、ソリューション営業とか、色々な横文字の肩書きがあるケースが増えています。営業というものが、単純に物を売るだけで良いと言うような概念ではなくなってきている証拠だと思います。

 

 

営業活動を通して、色々なクライアント、或いはクライアントと企業をつなぐ為の課題や問題を見出して、それを解決していくという付加価値が必要になってきている傾向にあるからだと言わています。

 

 

つまりコンサルティングやソリューションと言うスキルというのは、すぐに習得出来るものではなく、30代や40代の営業を経験していた方の方が求められる人材のケースが多くあります。

 

 

今まで働いてきたん業務経験、そして社内での社会人の経験が豊かで、最も脂が乗っていると言われている30代〜40代の営業職で働いていた人材というのは、若い応募者よりも経験が豊富であり、転職市場において優位に立てる可能性もあると言う事です。

 

 

もちろん見た目などの注意も必要であり、営業職というのはクライアントや顧客と会うわけですので、40代と言ってお腹が出っぷりでていたり、タバコ臭かったり、身なりに気を使っていないようなオヤジは相手にされないと言うことを覚えておきましょう。

 

 

幾ら経験値があったとしても、営業というのは会社の顔になるわけですので、その様な人材をわざわざ採用しようという気持ちにはならないと思います。

 

 

このようなコンサルティング営業やソリューション営業という横文字のケースの場合、単純に営業という名称では歩合制の色合いが強い為、転職市場で人材が集まってこないというケースもあり、横文字表記にして転職者を沢山集める為のイメージアップに使われているケースもあります。

 

 

実際の所、今までの営業職と何ら変わりがない場合もある為、転職の際には注意が必要です。

 

 

営業には、色々な部分で30代や40代の人材に求められている事があります。基本的な部分としては、先程も言いましたが、課題を発見する力、そして出てきた課題に対しての問題を解決するスキルや能力が求められます。

 

 

これ以外には、採用人事というのはどのようなスキルや実力を求めているのでしょうか?

 

 

ここで取り上げている法人の営業というのは、一般的には大型の商談、あるいは今までのクライアントとの継続の商談の取りまとめになります。先人がせっかく築き上げた取引の歴史を、1人の営業によって壊すことは絶対にタブーとがいます。

 

 

取りまとめるわけですので、今まで積み上げてきた会社の信用や信頼を絶対に失わないようにする必要があります。安定して営業の数字を稼いでくれるのか?またその上で、さらなる売り上げを上げることが出来るのか?このような部分をしっかりと見極めることが採用人事の目的になります。

 

 

過去の実績などを踏まえた上での、営業に対する実績の安心感や、人に好かれるとか、クライアントの所に飛び込むと言う様な安定感というものは、30代や40代の営業で慣れてきた方が最も力を発揮出来るところというのは間違いありません。

 

 

そして、営業というものは基本的には形のないものですので、転職希望者の今までの営業スタイルが、その会社にぴったりマッチするのか?という部分も着眼ポイントの一つとなります。

 

 

営業といえば、クライアントとの接待や、長年のゴルフ接待などが通例ですが、最近ではコンプライアンスなどの点がうるさい為、癒着をなくしていこうと言うような傾向もある為、飲みニケーションやクライアントとのゴルフなどを禁止している会社もあります。

 

 

つまり今までの慣例通りの営業をしていた方であれば、こういった会社に転職した場合、長年培ってきた営業スタイルというのは発揮出来なくなります。

 

 

さらに30代や40代という人材であれば、営業の実績だけではなく、チーム全体の売上管理や、タリバン部下や後輩などの教育、コミニケーション能力なども当然とは出てくるのは当たり前です。

 

 

30代や40代の人材を雇うというのは、その様な部分を期待しているからだといえるでしょう。

 

法人営業職でアピールするポイントは?

 

具体的な営業の実績もしっかりとアピールする事が必要です。どれくらいの目標数字を今までこなしてきたのか?それは20年前や、15年前などの最もバブルがはじけていた頃の実績ではなく、最近の数年の実績となります。

 

 

あまりにも古い実績をひけらかすっている人材というのは求められていませんし、昔取った杵柄ではなく、今実際に稼いでいる事が出来るのかという部分が必要です。

 

 

また面接の際、過去の職場で営業部長や営業課長など、ある一定以上の会社組織上の役職についている事が出来ていれば、客観的に自分の実力をアピールする事が出来ます。

 

 

プロジェクト単位のインフォーマルなものでも、十分にアピールする事が出来ます。つまり客観的な部分での実績を面接の際に言えるかどうか?採用人事がそこを理解してくれるかどうか?という部分が重要になります。


 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。