スポンサードリンク

自己PRを有効的に書く場合の注意点

こんにちは。転職活動かんばっていますか?

 

 

転職活動や就職活動において、転職先の企業からテニスを求められていないにも関わらず、勝手に他の自己アピールの書類を送りつけると言うような行為はNGですが、送ること自体を悪いと言う様な事ではありません。

 

 

何も許可もなく送るのは問答無用でダメですが、事前に転職先の採用人事の方に了承を取っていれば自己アピールの為に送るのは全然ありです。

 

 

30代や40代の転職活動をされている方であれば、通常の転職用の履歴書や、職業履歴(職歴)の限られたスペースに於いて、自分の過去のキャリアや、自分自身の経験や、自分自身のセールスポイントを訴求するのは難しいと言う方も多いと思います。

 

 

仕事に対する熱意や、なぜその会社を選んだのか?などの入社意欲もしっかりと訴求する事で、色々なライバルと差をつけることが出来るのは間違いありませんので、できる限り採用人事の方に伝えたいというのは転職活動においては通常の考えだと思います。

 

 

ですので、もしも自己アピールについて書き足りないようであれば、プラスアルファの自分のアピールポイントを書く為の書類を、転職先の採用人事に問い合わせて、送ることを許可してくれるかどうか?という事を聞いてみるのもダメ元でいいかもしれません。

 

 

仕事に対する意欲や、転職先に対するアピールという部分において、積極的に自己アピールをするという部分は、採用人事の方もマイナスとして受け取ることはないと思いますので、もしも受け付けてくれるのであれば、情報量でライバルに差をつけることが出来ます。

 

 

では基本的に、プラスアルファの書類というのはどのようなものがあるのでしょうか?一般的に言えば

 

  • 自己PR書
  • 志望動機書
  • 実績一覧表
  • クリエイティブな仕事の場合作品集

 

このようなものが考えられると思います。上記の+αの書類の中でも、自己PRしょっというのは一番ポピュラーで一番訴求しやすい部分でもあります。

 

 

特に30代や40代の方であれば、仕事の面において色々なアピールポイントがあると思いますので、自己PR書作成にチャレンジするというのも、転職市場においては非常に有利な部分だと思います。

 

 

自己PR書作成において、大事な部分は以下の点になります。

 

  • サイズはA4サイズで一枚の横書き
  • 応募求人内容から接点を見つけ出す
  • セールスポイントは多くても三つまでに絞る
  • 結論ありきで書く
  • 抽象的な部分ではなく、裏付ける根拠をしっかりと盛り込む
  • 自慢話にならないようにする事

 

特に30代や40代の方の場合であれば、注意すべきところはセールスポイントを広げすぎない事、そしてそれが自慢話にならない事となります。

 

 

色々出来るという部分を自慢しておきたいというのももちろんわかりますが、基本的に仕事と関係あること以外は自慢話に聞こえますので極力抑えるようにしておくことが大事です。

 

 

沢山セールスポイントを盛り込むのも大事ですが、これでは基本的に焦点がぼやける可能性があります。あまり度を越しすぎると自慢話になる為注意が必要ですし、逆に採用の人事の方に「なんでそこまで素晴らしい人間が、わざわざ転職をする必要があるのか?」という風に逆効果になる可能性もあります。

 

 

また抽象的の部分ではなく、しっかりとした根拠を欠くことも大事です。数値をしっかり書いたり、それを裏付けるものだったり、或いは客観的に人からもらった評価など、自分の意見ではなく客観的に見て○○だったと言うふうな感じで書く必要があります。

 

効果的な自己PRの作成ポイント

 

サイズはA4サイズの一枚の横書きで書くのが効果的です。これ以上枚数が増えると呼んでもらえない可能性があります。転職市場は基本的に募集人員が多い為、基本的にアピールポイントに書けば書くほど選考で落とされる可能性もあると言うことを覚えておいてください。

 

 

逆に内容がスカスカであるのもNGですので、大体800文字から1000文字程度のボリュームで書くことをイメージします。基本的に3項目から4項目くらいの感じで書くと良いと言われています。

 

 

また自己分析した内容をそのまま表現する自己発信型の書き方ではなく、転職先の求人の条件に会ったような、求める人材像などを理解して、相手が必要としている能力やスキルという部分を的確に自己PRにまとめます。

 

 

さらに30代や40代の場合であれば、色々な訴求ポイントもあるかもしれませんが、多くても三つくらいにセールスポイントを絞ってみてください。あまり多すぎると自慢話なりますし、新しい転職先で関係のないようなスキルや、過去の栄光を聞いても全く意味がありません。

 

 

40代や30代になってくれば、過去の自慢話を話してみたくなると思いますが、あまりの自分の力の過信をしないことが大事です。

 

 

また抽象的な書き方はやめて数字で表せるものは数字を用いるようにしたり、自分のメリット等は人からもらった評価であれば客観性を示すなど工夫をして表現してみてください。

 


 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
雇う側の気持ちを汲み取った自己PR、書類作成について
どの様な人材を求めているのかを明確に知ることが、転職を上手く行っていくには必要です。
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。
30代、40代の転職|仕事のやり方についての質問をされた時の回答
面接で仕事のやり方について質問された時の回答の仕方について。どういった答え方がベスト?