スポンサードリンク

30代、40代のハンディを埋める|面接官が知りたい事を先回りして書いておく

こんにちは。30代や40代の転職活動をされている方は、前職まで順風満帆に来ている方は少ないのが当然だと思います。30代や40代の方であれば、仕事のキャリアやスキルにおいて、色々なばらつきがあるのは当然です。

 

 

当然ではあるのですが、転職市場においてライバルは、若手の人材、同じ同年代の人材でもスキルや経歴がすぐれている人材、或いは低賃金で働く事が出来る外国人労働者など、様々なライバルがいるわけで、その中で採用を勝ち取らないとダメですので、色々な前職までのハンディキャップをしっかりとフォローする気持ちがなければいい転職は出来ません。

 

  • 転職回数のわりに○○だ
  • 年齢のわりに○○だ
  • キャリアのわりに○○が少ない

 

このような感じで、色々な自分自身のハンデを持っていると思います。30代や40代の人材に問われる部分として、自分自身のスキルや実力を俯瞰して客観視出来ているか?という部分があります。

 

 

つまり上記のようなハンデがあったとしても、それを自分自身で自覚出来ているかどうか?という所を面接官は求めていたりするわけです。

 

 

つまり、転職においてその部分を突っ込まれる前に先回りして、その自分が悪いと思っている部分をどう向き合っているか?またどのようにしてそのハンデに取り組んでいるか?という所を履歴書に書けるかどうか?が大事になるのです。

 

 

この部分を明記する場所というのは、志望動機欄や特記事項欄があればそこに書くといいですし、もし履歴書にその様な書くところがなければ、本人希望記入欄を自由記載欄のように活用するようにしておけばいいと思います。

 

 

また、余りにもボリュームが多いようなケースであれば、添え状を使って書くと言うのも有効な手段となります。

 

 

30代や40代の方であれば、具体的なハンデという部分で言えば

 

  • 企業の募集年齢よりも年齢が若干高め
  • スキルの経験があまりない、スキルの経験が浅い
  • 短期間で数回も退職を繰り返している
  • 勤務地が自分の家から遠方
  • 病気を患っている、何らかの病気を持っている、体が弱い

 

こういったケースがあると思います。基本的にこのような部分を書いたままの状態であれば、状況を放置しているというだけであり、今の自分自身の実力を単純に書いているだけに過ぎません。

 

 

ライバルが沢山いる中、このような部分を書いているだけでは採用人事のおいてはかなりのマイナスになるのは言うまでもありません。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

しっかりとフォローをしておけば大丈夫

 

このようなウィークポイントというのは誰でもあるものですが、しっかりとフォローをいれるというのが転職では有効です。例え不利であると分かっていても、それを強みに変えるような書き方をすれば問題がないので、しっかりと覚えておいてください。

 

 

転職回数が多いという部分も、転職回数が多いという書き方をすれば「辛抱する気持ちがない」「わが社でもすぐ辞めるのではないか?」と言うように思われるかもしれません。

 

 

しかし「色々な職場を経験して、どの職場や、色々な年齢層の人ともすぐに対応出来るし、色々な環境で順応出来る環境対応能力が身についているし、空気を読んで人と接することが出来る」という風に書くことで、色々な所で経験したスキルや、人間関係の多さについてもアピールする事が出来るでしょう。

 

 

また上記のように、裏の見方をすればメリットになるような部分がないハンディもあると思います。その様なケースの場合ウダウダと言い訳を書くよりも、しっかりと自分の過去としてとらえ、反省をしっかりとした後「転職した後、いかに御社に貢献する事が出来るのか?」という部分を訴求すれば印象も変わってきます。

 

具体的な事例とフォローのやり方について

 

例えば応募している年齢よりも自分の年齢が高い場合、年齢が高いという事実は変えることができません。豊富な経験やそれに基づいたスキル、そして年齢を感じさせないフットワークの軽さなどをアピールします。

 

 

また営業職などであれば、フットワークの軽さを維持する為に運動しているとか、食事については完了していると言うような所もアピールすればいいでしょう。

 

 

また、経験がなかったり、その業種に対してのスキル不足だったりする場合は、異業種や異職種であったとしても、今までの職場で培ってきたスキルがどのくらいまで新しい職場で活かす事が出来るのか?という部分をアピールします。

 

 

そして30代や40代の方に一番大きな悩みとして、短期間で退職を繰り返していると言うようなケースです。転職回数の多さや、短期で退職を繰り返している部分というのは事実としてとらえ、しっかりと反省の弁を伝える事が大事です。言い訳を長々と書いていても逆にマイナスになります。

 

 

勤務地が遠いという部分も、面接官としては放置出来ない問題の一つです。例えば交通費の面も問題が出てきますし、年齢や同じスキルが例えあったとしても、勤務地の近い人間の方が経費的にはかからないというのが分かるからです。

 

 

その様な場合は、遠距離通勤の経験があればその部分をしっかりとアピールしたり、また必要であれば近くに引っ越す意思があると言う事をアピールしておけばいいでしょう。

 

 

病気がちの方であれば、病気にならないように健康管理に気をつけているとか、食事管理やうがいをしっかりしていると言うような部分を書きます。

 

 

長く仕事をしていればいるほど、色々なハンデとかデメリットはあって当たり前のものです。プラスに変えることが出来るのか?というところや、過去の反省は反省として真摯に受けとめている姿勢があるのかどうか?という所が重要なポイントになってきます。

 

 

ハンデは先回りをして、先にフォローするという気持ちで取り組んでいけばある程度のハンデは解決出来ると思いますので頑張ってみましょう。

 


 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。