スポンサードリンク

30代、40代が意識するべき志望動機の書き方について

30代や40代の方が転職をする場合、履歴書の書き方というのは非常に大事です。特に志望動機の欄というのは重要項目の一つであり、多くの要素を詰めることが出来、自分をアピールするポイントの一つとなります。

 

 

履歴書の志望動機の欄は、転職先の採用人事が最も重要視する項目の一つというのは間違いないのですが、30代や40代の方であっても、まともに書けている人は少ないと言われています。

 

 

ほとんどの方が、内容的にあまりまとまっていないような感じで、何を伝えていいのか?という部分が相手に伝わっていないというケースが多いと言われています。また、30代や40代の方の場合であれば、転職活動に色々な企業を受けているケースも多く、そのまま別の企業に出しても文章としては通用するような、つまりテンプレート的な要素が抜けていない感じで、かなり抽象的な部分が多く、大事な所が伝わらないと言う様なケースが多いのが実情です。

 

 

例えばその会社の経営理念について共感したと言う様な事を書く方もいますが、実際の転職活動において、その会社の経営理念という部分は本当にチェックして、本当に響いているのか?という部分に疑問を持つべきです。

 

 

人事採用の人も、同じ人間ですので、このような部分をチェックしているわけです。本当に心から言っているのか?それともテンプレートに従って書いているのかというところにおいて、経営理念に共感したというのは非常に嘘臭く感じると言うデメリットもあることを忘れてはいけません。

 

 

志望動機を作らないとダメだし、その会社のホームページを見てどのような経営理念があるのかな?と言う様な軽い感じで選択して書いたとしても、採用人事は簡単にその様な部分を見透かすと言う事を忘れてはいけません。

 

 

忙しい転職活動をするにおいて、応募先の企業研究をする時間というのは基本的にないと思います。特に30代や40代の方であれば、今の職場でもある程度の役職や仕事量も多いと思いますので、並行しながら転職活動をするというのは非常に厳しいと思います。

 

 

しかし浅く適当に書いた志望動機などは、転職先の採用人事にとっては全く響かないので意味がないのです。その様な経営理念について書いているような薄っぺらい志望動機であれば、書いていても書いていなくても同じくらいのレベルで、ただ単純に空白を埋めているに過ぎません。

 

 

その様な事を書いたレベルであれば、色々な層の争いがある中、転職活動で生き残ることはできません。ただでさえ30代や40代の転職希望者は色眼鏡で見られているわけですので、適当にピックして書いているくらいでは余計に印象が悪くなるのが現実です。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

30代や40代の転職希望者の、効果的な志望動機の書き方

 

30代や40代の方の転職希望者の、最適な志望動機の書き方はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

まず、今まで働いてきたキャリアを自分で見て、

 

  1. 同業界、同業種への転職なのか?
  2. 同業界、異業種への転職なのか?
  3. 異職種、同職種への転職なのか?
  4. 異業種、異職種への転職なのか?

 

の四つのうちのどれかを自分で判断してください。

 

 

同業界、同業種であれば、今まで培ってきた自分自身の経験や、前職の役職を生かして等の、転職酒でも欲しいようなスキルや経験を書くことが出来るでしょう。しかしこれが異業種や、異職種への転職であれば書くことができません。

 

 

と言うよりも、30代や40代であれば、4番の異業種、異職種への転職っていうのは基本的に求人はないと思ってもらっていいと思います。

 

 

上記のような感じで、それぞれの転職先に対するケースごとの対応があると思いますので、そのケース別に分けて、応募業種、応募企業、応募職種の回想からそれぞれとらえて、入社したらどのような貢献が出来るのか?転職先でどのような利益を出すことが出来るのか?という事を具体的に述べれる人が勝ち残ると思います。

 

 

当然ではありますが、30代や40代の方であれば、抽象的な文言は絶対避けるべきです。例えば「興味がある」「好きだ」と言う様な自分の思いを前面に打ち出すような抽象的な文言はダメです。

 

 

30代や40代の人材を欲しいという転職先というのは、基本的にはキャリア採用を意識しており、未経験者歓迎と言う様な求人でなければ、このような書き方をしても全く意味がありません。

 

 

採用人事というのは、30代や40代の人材欲しいときは、入社させたらどのような利益があるのか?どのような部署でどのような活動をしてくれるのか?という所に興味があるわけで、この年代で抽象的なやる気の文言ばかりを書いている人材というのは、基本的には必要のない人材と判断されます。

 

 

  • 数ある転職先の中で、なぜその業界を選んだのか?
  • 数ある業界の会社の中で、なぜその会社を選んだのか?
  • その会社の中で、なぜその職種を選択したのか?
  • その職種で、自分自身は一体どのような事を出来るのか?どのような貢献が出来るのか?

 

と言う様な感じで、どんどんとまっとう絞って志望動機を書いていきます。それぞれのセクションで、自分自身の職業履歴(職歴)から具体的に語ることが大事です。

 

 

どの企業でも流用出来るような文言はできるだけ避け、その企業にピンポイントに向けて分かるように書くことが重要です。

 

 

30代や40代の転職の場合であれば、色々な企業に転職活動をしている方が多いと思いますが、その企業向けのオリジナルな志望動機を作成する事が大事であり、先程も言ったように抽象的な経営理念に共感したと言うような文言は避けるべきです。

 


 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。