スポンサードリンク

30代、40代の応募出来る企業の見極め方|転職先の探し方

こんにちわ。30代や40代の方が転職先を决める場合、かなりの条件が必要になると思います。応募出来る条件には達しているにもかかわらず、なぜか転職先で不採用が続く。結果的に条件が悪い所に就職しないとダメになったというケースがたくさんあります。

 

 

問題の一つとしては、転職の求人側の本音と建前を理解していないというところがあります。

 

 

改正雇用対策法によって、平成19年の10月1日から、原則的に「労働者の募集採用時に、年齢制限を設けることは禁止」という事が決まりました。

 

 

このような改正が出来た背景としては、国は年齢にとらわれないその人の訪問等の姿、または能力本位の募集や採用をするようにという事を、企業側に呼びかけている事が大きいようです。

 

 

しかしこれはもちろん建前論であり、採用に関するすべての権利というものは企業側にあると言う事が大前提となります。企業の採用基準は内密である為、例えば応募者に不採用理由をフィードバックすると言うような事はまずありません。

 

 

転職希望者に対して、なぜ採用しなかったのか?という事まで言わなくてもいいと言うことです。例えば年齢制限が39歳以下とされていたとして、自分が38歳ですべての条件を満たしていたにも関わらず、転職先が不採用になったとした場合、「どうして条件はすべて合っているのに不採用なのか?その理由が知りたい」と言う事をその人が聞いたとしても、企業はその不採用者に教える必要なのは全くないと言うことです。

 

 

つまり自分を落とした理由が年齢制限に引っ掛けているのではないか?という部分を幾ら企業側に伝えたり行ったりしたとしても、何の効果もないという事になります。

 

 

ですので本音の現実的な部分として、企業の採用選考時には、今回の求人については30歳までがボーダーであるという風に設けていたりしますし、年齢については、すべてオールウェルカムでなければならないという建前と、今回の採用対象は○○歳までという企業の本音の世界が秘密の部分で決められているわけです。

 

 

つまり法律上としては、年齢制限がないのが原則とされていますので、30代や40代の方でと、応募するのは勝手ですが、転職先が年齢制限を決めているのであれば、そこに引っかかなければ落ちるわけで、応募は出来るが採用されるかどうか?というのは全く別問題になってしまいます。

 

 

つまりこのような、企業側の本音と建前という部分を知らなければ、額面通り年齢って引っかかっているから大丈夫と言うような企業に、次から次に転職活動をするような状態になり、結局年齢制限ですべて落とされる…時間だけが無駄に過ぎていくと言う様な転職活動になりがちです。

 

 

このような転職活動をやっていれば、いつまで経っても条件の良い転職先を見つけることはできませんし、時間と労力の無駄以外の何物でもありません。結局転職活動期間が長くなればなるほど、30代や40代の転職者にとってみればどんどん栗城なっていくわけです。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

無駄な転職活動は時間と労力の無駄

 

30代や40代の方が転職活動を行っていく際、書類選考で落ちて、面接にすら進むことが出来ない状態が少なくとも10回以上続いているようであれば、転職の応募するターゲットが基本的に間違っている可能性が高いといえるでしょう。

 

 

こういった本音と建前を分からずに、額面通りの条件にしたがって転職活動をしていれば、時間の無駄と労力を使うだけになってしまいます。転職活動に対するモチベーション自体が下がってくる為、注意が必要になっています。

 

 

転職活動というのは有期の活動となります。特に30代や40代の方であれば、条件の少しでも良いところで働きたいと思うでしょうから、転職活動が長ければ長くなるほど不利なっていきます。

 

 

効率的でかつ合理的に転職活動を勧めていく為には、自分の年代と条件で採用される可能性があるのか?それとも本音の部分で秒殺されてしまう条件なのか?という所をしっかりと見極める必要があります。

 

30代や40代を対象としていない求人文言について

 

以下のような部分が書いてあるような求人であれば、基本的に30代や40代の求人を求めていないといえるでしょう。

 

  • 社会人経験1年以上
  • 第2新卒者歓迎
  • 平均年齢○○歳(若い年代)
  • ポテンシャル採用
  • 経験不問、未経験者歓迎
  • 20代中心の職場です!
  • 若手が沢山活躍している会社です!
  • 年収例で自分の年代の年収が記載されていない
  • 若手社員の写真が多数掲載されている

 

 

このような部分としては、年齢制限を設けることが出来ない企業側の暗黙の了解として認識する必要があります。

 

 

企業側は若手を雇うほうが将来性を考えた場合コストとしてすぐれている為、若い年代を基本的に求めるような状態になっています。

 

 

30代や40代の方を企業に迎え入れようとする場合、それに見合うようなスキルや実績、経験値などが必要になります。

 

 

自分自身で色々な情報を集めるのは非常に難しいと思いますので、転職エージェントなどを利用して、有利な転職活動をする方がいいと思います。特に30代や40代の方であれば、新しい転職先を見つけるまでは今の仕事を続けながらと言う方が多いと思います。情報を色々集めておかなければ、30代や40代の転職活動は上手くいきませんので、しっかりと情報を集めて転職エージェントのエージェントに自分の仮に動いてもらうというような方法をとるのが賢い転職の仕方だと思います。

 


 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職サイトの利用術|転職を有利にする為の最強活用術
転職サイトを上手に活用する事で、有利に転職をする事が可能です。メリットやデメリット等についても書いていきます。
転職エージェントの賢い利用術|転職エージェントのメリット
転職エージェントの賢い使い方について。転職エージェントを利用するメリットはどういった所でしょうか?
転職エージェントのエージェントとの付き合い方
転職エージェントのエージェントも人間です。エージェントと正しく付き合っていく方法はどういった所に注意すべきでしょうか?
転職エージェントの落とし穴|転職エージェントを利用する際の注意点
転職エージェントを利用する際、どういった所に注意して置く必要があるのでしょうか?
転職クチコミサイトを利用するメリット|社員の生の声、内部事情が分かる
転職クチコミサイトを利用するメリットについて。インターネットで生の声を拾う為に注意する事。
30代、40代の転職希望者にマッチした求人媒体ってドコ?
30代、40代の方が転職をしようとした場合、どの様な求人媒体を探せば良いのでしょうか?