スポンサードリンク

効果的な転職回数を誤魔化す方法はあるのか??

こんにちは。転職活動かんばっていますか?30代や40代の転職活動をしている方で、ネックとなっている部分として何度も転職を繰り返して、職業履歴(職歴)に転職回数を沢山書く為、それがマイナス評価になっていないか?と思っているケースがあります。

 

 

もちろん職業を転職してきた場合、すべてに於いて書く必要がありますし、もしそれをごまかして書いていると言うのは、職業履歴(職歴)詐称という風にとらえられても仕方がありません。

 

 

実際に転職回数をごまかして職業履歴(職歴)に記載した方が、後でバレて内定を取り消しになったというケースもあるようですので、例え不利と分かっていても、自分の過去の職歴についてはしっかりと間違いなく書く必要があります。

 

 

転職回数の多さというのは、確かに日本の転職市場ではマイナスな印象を与えるのは間違いありません。特に30代や40代の方であれば、ただでさえ転職の条件が不利になっているのですから、何とかしたい気持ちと言うのは誰でも持っていると思います。

 

 

意図的でないとしても、例えばわざと省いて書いていないとか、忘れて書いていないという部分は加味してもらえず、真実と違っていれば内定取り消しの要因になります。

 

 

実は30代や40代の転職希望者の多くが、今までの経歴や実績をごまかしたりするというケースが頻繁にある状態の為、調査会社に身元調査を依頼する会社というのも非常に多いそうです。

 

 

料金は2万円くらい、1週間ぐらい程度で簡単な経歴調査のレポートが手に入ると言われている為、ほとんどの会者や企業が、欲しい人材があれば調査を依頼するというのが一般的になっているようです。

 

 

ですので、経歴を詐称して内定を勝ち取ろうと思うような考えは今すぐやめるべきです。求人情報に、転職回数3回までと応募条件などが明記されている場合、これよりも多い転職を繰り返している方であれば諦めるしか方法はありません。

 

 

転職が本当は6回あるにも関わらず、転職回数3回までの会社に書類で選考で通ったとしても、このように調査機関というのは身近にあるものですから、結果的には自分自身の首を絞めることになります。

 

 

転職期間が長くなると言う事はそれだけ不利になりますし、特に30代や40代の転職希望者であれば、目的とする転職先に入る方が絶対的に有利ですので、下手に嘘をついてまで転職先を選ばない方が自分の為になります。

 

 

転職回数が決められている企業に就職する場合は、その回数にオーバーすれば受ける資格はありませんが、その様なくくりがないような所で転職をするのであれば、転職回数を多く見せないように表現方法を工夫することも出来ます。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

どの様に転職について書くのか?

 

では具体的に、転職回数を多く見せない表現はどのようにすればいいのでしょうか?転職回数を多く見せない表現の工夫として、『キャリア形式』を用いて職業履歴(職歴)を作成するやり方が最もポピュラーなやり方です。

 

 

他のスタイルを使用する場合であれば、以下の部分に注意してまとめてあげるといいです。

 

  • 複数の会社をまとめて書くこと
  • ボリュームも割かずにさらっと書く事
  • 同じペースで書かない事

 

と言う様な感じでそれぞれ三つ減り方があります。

 

 

転職先が知りたいことは、前職や、最近の職務経歴や、スキルについてです。例えば40代の方が、20代の頃に繰り返していた転職先を同じペースで書いているのであれば、それは全く役に立つ情報ではありません。

 

 

過去の転職内容を詳しくうそつかずに書くと言っても、20年も30年も前の転職の情報を詳細に、1個前の会社と同様に書くと言うのは読みにくいだけです。

 

 

一般的に職業履歴(職歴)の作成に慣れていない30代や40代の方であれば、どうしてもすべての経歴を、同じペースで書いてしまう傾向があるのですが、書く内容についてはそれぞれ強弱をつけて書く方法を選ぶのがベストです。

 

 

『編年形式』の通常の表現方法で書けば、職業履歴(職歴)の場合はかなりのボリュームになってしまいます。こういったケースの場合は思い切って、どのような所で働いていたのか?という所を2行で表現したりとか、その会社だけで一行を使うとか書き方に強弱をつけて書くと言うのもテクニックの一つです。

 

 

必ずしも、すべての経歴において、同様な書き方でいつ入社していつ退社してと言うふうな感じで書かなくてもいいわけです。

 

また、転職先がどのようなスキルを求めているのか?どのような役職を求めているのか?どのような人材を求めているのか?という所をしっかりと感じ取り、先回りして求められているスキルや、求められている過去の経歴を書くと言うのも非常に大事なポイントです。

 

 

例えば前職の情報が詳細に書いているのが大事だとしても、新しい転職先が、二つ前の会社の職業履歴(職歴)のスキルを必要としていると思うのであれば、二つ前の会社についての経歴を詳しく書くなど、転職先がどのような情報を求めているのか?という所をしっかりと感じ取る必要があります。

 

 

1人でこのような部分をしっかりと考え、転職先が求めている部分を先回りして潰すことは難しいかもしれませんが、転職エージェントのエージェントに相談しながら、どのような職業履歴(職歴)を書けばいいのかを相談すれば、比較的簡単に自分のアピールポイントを知ることが出来ます。

 


 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
転職の際の妥協しないコツ。妥協しない条件設定で転職後に後悔しない
転職の為の下準備が必要です。条件設定の為に必要な事。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。
40代の転職は即戦力アピールか会社への忠誠心を見せる事が大事
30代よりも圧倒的に不利な転職市場の40代ですが、企業が求める40代についてしっかりと理解する事が大事です。企業が求める40代の転職者について。
30代、40代だから転職の際に制約事項をしっかりと確認する
親の介護、子供の学校等ロケーションの面でも、転職の際に足かせになる可能性もあるので注意が必要です。
30代、40代の転職活動には自己投資をする|見た目等が大事
30代、40代の転職は、ただでさえ若い人に比べて不利です。自己投資をしっかりとする必要があります。
30代、40代の転職で異業種や異職種へ転職出来るのか?
30代、40代の転職活動において、異業種や異職種に転職する事は出来るのでしょうか?現実的には厳しい状況であると言えるでしょう。
30代、40代の転職の際、これはヤッてはダメな表現方法とは?
30代や40代の方であれば、やって良いことと悪いことをしっかりと区別して表現する必要があります。