スポンサードリンク

30代と40代で注意する書式でのタブーについて

こんにちは。30代や40代の方であれば、表現方法一つで今まで積み重ねたキャリアを疑われると言うような事もあります。

 

 

せっかくスキルや、人間的な部分ですぐれていたとしても、応募書類の書き方一つで、その才能さえ発掘されないケースもあるので注意が必要です。

 

 

書面で人に正確な情報を伝えるというのは本当に難しく、30代や40代の転職希望者の方であれば特に難しく思うかもしれません。職業履歴(職歴)を含む応募書類というのは、30代や40代の転職の機会がラストチャンスと言うような方であればなおさら、今後の人生を左右するようなものであるのは間違いないと思います。

 

 

これからの安定の為にも、非常に重要な役割を担っているのです。ですが書き方一つで全く結果が変わってくると言うような恐ろしいものも知っておかなければいけません。例えば同じスキルがあったとして、同じ事を記載しているにも関わらず、職業履歴(職歴)の表現方法一つで、相手に大きく伝わり方が変わってきて、転職の合否に直接的に関係する、もしくは書類選考で落とされるケースも非常に多いわけです。

 

 

新卒の方や第2新卒と言う様な、20代前半の転職希望者と違って、30代や40代の転職希望者であれば、年相応の文章力や表現力が求められるのは当然だといえるでしょう。

 

 

このような部分を加味した場合、曖昧で抽象的な表現が沢山並んでいる職業履歴(職歴)しか書けなかった場合、相手に伝えたいことも伝わらないでしょうし、今まで積んできたキャリアも疑問視されるようなケースもあるでしょう。

 

 

今まで積み上げてきたキャリアというのは物凄く高く申し分がないのですが、応募書類や職業履歴(職歴)を書くときのレベルがひくすぎて、転職活動に苦戦していると言う方は非常に多いようです。

 

 

採用側からしてみたら、30代や40代の方を雇うとした場合中学生レベルの職業履歴(職歴)や自己PRの書き方しか出来ないのであれば、その人材を雇うはずはないでしょう。

 

 

転職エージェントなどを使うことで、このような部分を解決する事は可能ですが、今までの仕事上で文章を作成する事がなかったとか、初めての転職活動で、応募書類の書き方自体を四苦八苦しながら自分で調べていると言うような方であれば、実際にどのような書き方をすればいいのか?どのような表現力が必要なのか?という所が分からないのは無理もありません。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

表現力を上げる為のポイントは?

 

大事な事は沢山あるのですが、職業履歴(職歴)や自己PRなどを書くとき、「とても、大変、一生懸命、頑張った」と言う様な中学生でもかけるような抽象的な表現は絶対にNGという事を覚えておいてください。

 

 

30代や40代の方であれば、前職で色々な経験や、ある程度の間隔を持っていると思います。ですので抽象的な形容詞を沢山用いた場合、実際の実績のインパクトが薄くなり、訴求力も落ちてきます。

  • 何が大変なのか?
  • どのような部分がとてもなのか?
  • どのくらいの程度なのか?

 

と言う様な部分を、しっかりと数値に書き換えるようにする事が大事です。

 

 

また客観性もしっかりと持つ事が大事です。自分自身の過去の仕事に対する成果や取り組みについて、主観的発想ではなく、客観的視点から表現する事が大事です。自分自身の取り組み方に対して俯瞰で物を見れるように振る舞うことが大事と言う事です。

 

 

一生懸命頑張ったと言うふうな事をよく言われると思いますが、これも同じことで「何をどのくらいやったのか?」という部分を具体的に説明出来るかどうか?が大事になってきます。

 

 

このような表現というのは、あくまでも自己申告であり、一生懸命頑張ったと主張しているだけであり、誰が認めているのか?という部分もわかりませんし、それは自分自身で言っているだけと思われても仕方がありません。

 

また、具体性についても同様で、抽象的な部分ではなくちゃんと説明が出来るように書くことが大事です。

 

 

例えば部下と話をするという部分を取ったとしても、「話をする」という取り組みを、もっと具体的に出来ないか?とか、「大変」という部分をどのように大変だったのか?といった数値化が出来ないか?「貢献した」と言うような表現があれば、客観的に表現するにはどのようにすればよいのか?と言う様なところを考えていくのです。

 

 

話をするという部分にしても、毎週仕事が始まる前に、ミーティングを各部署で行って、それぞれの仕事の内容をチェックして、給料日にはみんなでコミニケーションを取る為に飲みニケーションを行った等変更する事が出来るでしょう。

 

 

これをするだけで、具体的に話をするというのはどのような事をしたのか?が分かると思います。

 

 

また、貢献度という部分を、例えば「前年度比較して○○%向上」と言う様な数値化をする事で、本当に貢献する部分が前年度と比べ数値として表すことが出来ます。

 

 

また客観的に評価をもらったという部分もしっかりアピールする事で、自分の仕事の内容を客観的に人から評価してもらったと言う事を分からせることが出来ます。

 

 

このように、できるだけ具体的に数値化をしたり、どのような部分がアピールポイントなのか?と言う事を常に意識して書類を書く必要があると思います。

 


 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
転職の際の妥協しないコツ。妥協しない条件設定で転職後に後悔しない
転職の為の下準備が必要です。条件設定の為に必要な事。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。
40代の転職は即戦力アピールか会社への忠誠心を見せる事が大事
30代よりも圧倒的に不利な転職市場の40代ですが、企業が求める40代についてしっかりと理解する事が大事です。企業が求める40代の転職者について。
30代、40代だから転職の際に制約事項をしっかりと確認する
親の介護、子供の学校等ロケーションの面でも、転職の際に足かせになる可能性もあるので注意が必要です。
30代、40代の転職活動には自己投資をする|見た目等が大事
30代、40代の転職は、ただでさえ若い人に比べて不利です。自己投資をしっかりとする必要があります。
30代、40代の転職で異業種や異職種へ転職出来るのか?
30代、40代の転職活動において、異業種や異職種に転職する事は出来るのでしょうか?現実的には厳しい状況であると言えるでしょう。
30代、40代、転職回数が多い場合の効果的な職歴の書き方
転職回数が多い場合、それを効果的に見せる事が出来るのか?30代、40代の男性であれば知る必要があると思います。