スポンサードリンク

致命的なミスを無くし、転職を勝ち残る方法

今では一般的になった転職などのWEBエントリーですが、30代や40代の転職希望者にとっては、若干敷居が高い方もいるようです。昔の就職活動の当時はアナログの時代であったのですが、今転職を考えた場合ITの利用というのは通常に行っています。

 

 

基本的にはハローワークよりも、転職サイトを利用したり、転職エージェントを利用したりする方のほうが有利に転職活動をする事が出来る為、多くの方が転職をする際にはWEBを利用しており、ほとんどがWEBエントリーでのエントリとなっています。

 

 

転職サイトを利用するにあたって、その転職サイトや転職エージェントの会員となって、基本情報を登録する事から始めることになります。この基本情報を登録する際に、30代や40代のネットリテラシーのない方が失敗する可能性が多いわけです。

 

 

この転職サイトなどに登録するWEBエントリーという書類を転職希望企業サイト側は確認してみるのですが、変な書き方をしたり、醜い書き方をすれば一発でダメという厳しいところになります。

 

 

採用の現場に於いて、転職サイトにエントリーされた転職希望者のWEBレジメを紙に印刷して、その転職希望者の情報を収集するわけです。

 

 

ですので転職希望者というのは紙で見られていると言う所を意識して登録しなければならないわけで、実際にこれをしっかりやっている人と、意識せずになっている人では、転職の部分においてかなりの差が出るのは間違いありません。

 

 

ほとんどの方、特に30代や40代の方であれば、WEBエントリーというもの自体に慣れていない為、アクセスフォームに基本的に自分の情報をひたすらとエントリーすると言うような方が多いと思います。

 

 

このように、人に見られていると言う事を意識していない30代や40代の転職希望者のWEBレジメというのは、改行もなく字がぎっしりと詰まっている非常に見にくいWEBレジメとなるのです。

 

 

30代や40代の転職希望者の場合は、色々な経歴があるのは当然ですので、一般的にWebレジュメも大変読みにくく、内容が詰まっている状態になっているわけです。

 

 

どのような感じで工夫をすればよいのかという所ですがこれは工夫が必要になります。

 

 

例えば、ワープロなどを使う場合であれば、職業履歴(職歴)を作成する際は、フォントの大きさや、太字等を活用して、見やすさや自分のスキルを強調したい部分をしっかりと伝わっているかどうか?を確かめることも出来るでしょうし、色々な見やすい為の工夫もする事が出来るでしょう。

 

 

ところが、Webレジュメの場合であれば、本当の大きさも変えることも出来ませんし色もつけることも出来ませんし、太字などにも出来ません。制約が多いWebレジュメであるからこそ、見栄えを良くするテクニックを覚えておけば、それだけ他の転職者に差をつけることが出来るといえるわけです。

 

 

具体的に言えば、転職サイトのアクセスフォームでも使えることのできる記号の活用、また見やすく改行を使うこと、一行の長さを最適に設定して入力してレイアウトを整えることなど、色々な工夫をする事が大事です。

 

 

同じ内容を表現しているとしても、改行をせずに適当にやっているモノと、見やすいものというのは、採用人事に対しての訴求率というものが全く変わってきます。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

焦って指定された書類以外を送りつけるリスク

 

30代や40代の転職希望者に多いケースとして、転職がなかなか決まらず、自分のアピールポイントを指定された応募書類以外で作成して勝手に送りつける方もいるといいます。

 

 

やる気のある部分をアピールするのはいいですが、転職先が指定している履歴書と職業履歴(職歴)以外に、別紙で自己アピールを送りつけたりする方もいらっしゃいます。幾ら自己アピールをしたいからと言って、他の転職希望者の方と違うものを送りつけられると、公平に判断される為このような部分はジャッチされることはありません。

 

 

ジャッジをされないどころか、採用人事側としては違反として選考対象から外さざるを得ないと言うわけです。中には熱意があると評価してくれる企業もあるかもしれませんが、一般的に転職先では指定されている書類以外のものを送るのはタブーとされているので注意が必要です。

 

 

採用活動の原理原則から言えば、求めていないものを一方的に送りつける行為というのはルール違反となり、他の応募者と公平性を欠く為、基本的にマイナス評価だったり、採用的にはOKなのですが、余計なものを送りつけている為に選考から外されるケースというのもあるのです。

 

どうしても自己アピールをしたい場合はどうすればよいのか?

 

とは言っても、30代や40代の方であれば、転職がなかなか決まらないというのは非常に心苦しいものだと思います。どうしても自分のアピールをしたいと言うような方であれば、どのような方法で自己アピールをすればよいのでしょうか?

 

 

自分の行動がビジネスルールにのっとっているかをよく考えるのが先決となります。

 

 

指定のフォーマット以外で自己アピールしたいものがあったり、仕事に対する熱意を伝えたいことがあるような場合であれば、必ず事前に転職先の採用人事に承諾を取っておくようにすることが大事です。

 

 

指定された書類以外で送っていいというのは、添え状のみとなります。30歳や40歳の転職希望者の場合は、添え状を送るようにしましょう。ビジネスマナーとして書類を送付する際は添え状を送るというのが常識となっています。

 

 

このようにアピールしたい部分があるのが30代や40代の転職希望者だと思いますが、一般的な常識を考えた場合、ルールにのっとっているのかどうか?という所が大事です。

 

 

マイナスになるくらいならいいですが、せっかく合格基準に達しているにも関わらず、指定された書類以外を送ることで選考から外されてしまえば、何の為に転職活動を一生懸命しているのかわかりません。

 

 

転職活動が無駄にならないためにも、しっかりと守られた事をやることが大事です。

 


 

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。