スポンサードリンク

30代、40代、ブランクが長い時の職歴の書き方

こんにちは。

 

 

30代や40代の方の転職活動において、意外に分からない部分がブランクがある期間をどの様に職務経歴書に書くのか?という所です。

 

 

これは非常に頭を悩ませる問題だと思いますし、「面接官がどのように思うだろうか?」と考えた場合、やはりあまりブランクが長いような人間を雇いたくないのでは?と思うかもしれません。

 

 

この部分に対する答えは非常にシンプルであり転職先の採用人事が懸念しているブランクに対するイメージに対して先回りして説明するだけでいいと思います。

 

 

どのようなブランクがあったとしても、転職に関係ない昔の話であれば、今の勤労状態とは全く関係がない話ですので、そのままブランクを書いても全く問題はありません。

 

 

転職先の採用人事が気にする事は何かといえば、直近のブランク期間しかありません。自分の所で再就職するのに、何か問題があるのではないのかはてたと言う様な事を採用人事は思う可能性があると言うことです。

 

 

一般的に考えられるブランクというのはどのようなものなのか?当てはまる方がほとんどだと思いますし、逆に当てはまらない方もいるかもしれませんが、だいたい大きく三つのブランクが考えられると思います。

失業中や転職活動によって長い間ブランクが出来る

 

 

一般的な常識として、転職活動をしていた場合、準備期間から内定までは3ヶ月〜半年くらいはかかるのが当たり前です。この期間の失業のブランクであれば、特に何も問題はないと思います。

 

 

問題となる部分は、直近でこれ以上の期間が空くことです。例えば1年以上開いたり、2年以上を開いたりした場合、この時間一体何をやっていたのか?と思われるのは当然です。

 

 

つまりこのような状態があった場合転職先の面接官に、不信感を抱かれないようにする為に納得させる理由と、その間の活動内容を先回りして説明する必要があると言う事です。

 

 

次のキャリアアップの為に資格取得等の自己投資をしていたりとか、再就職先、次の転職先に対してのこだわりだったり、企業へのこだわりという部分でブランクがあると言うような事であれば、しっかりと職業履歴(職歴)でアピールするすようがあります。

 

 

つまり「○○年間ブランクがあったことで○○をこだわることが出来た」と言うような部分がしっかりと職業履歴(職歴)で伝える事が出来ればOKです。

 

病気療養等でブランクが出来た場合

 

 

40代の方とかであれば、入院や治療で仕事の第一線から退く期間があるケースも普通に起こります。

 

 

転職活動をするにおいて、前職を体を壊して辞めざるを得ないと言う様な状況ってあった場合、しっかりと療養専念する事が最優先となります。

 

 

そうしなければ次の転職に於いても入退院を繰り返すことになり、結果的には転職先に迷惑かかることになるからです。

 

 

もし病気療養で長くブランクがあった場合であれば、完治したのであればしっかりその旨を伝える事が必要です。

 

 

基本的に病気療養などはネガティブ要因である為、就労に関係がないような状態であったとすれば、退職理由などの欄にさりげなく書いておくと言うような感じでいいと思います。

 

親の介護などでブランクが出来た場合

 

 

自分自身が直接関係していない外的要因という部分で、ポイント1やポイント2の条件とは異なってきますが親の問題というのはブランクが長く空いてしまう要因の一つとなります。

 

 

この問題に関して言えば、今その状況がどうなっているか?という部分が大事でなります。その問題が新しい転職先で腐食する事が出来ているのか?という部分が採用人事としては知りたいところです。

 

 

今までブランクが空いた理由は親の介護だったけど、今は退院したとか、もう亡くなってしまったとか外的要因の原因が今どうなっているのか?という所をしっかりと伝えとく必要があるでしょう。

 

 

また今介護の状態が必要であるとしても、その代替案があったりとか、施設に預けることが出来たとか、家族の協力が出来たとかその様な部分がハッキリと分かっていれば転職先の面接官も安心するでしょう。

 

しっかりとフォローすれば大丈夫

 

職務経歴書のラストが添え状としてフォローを送ることで問題を解決する事も可能です。

 

例えば失業中で転職が決まらず長くブランクが出来た場合条件等が合わないから入社には至っておらず、当初から業務感覚を鈍らせることがないように研修をずっと受講していますとかフォローしておけば面接官の印象も良いでしょう。

 

 

また、病気療養などの場合にしても、以前の前職では体力のなさを痛感した為、転職の機会にジョギングを始めたとか人間ドックを受けて全く問題がなく、健康面では前職の経験を活かして仕事に差し支えがないような体力づくりを並行して行ってきているので問題がないと言うふうな事を言えば大丈夫でしょう。

 

 

また親の介護などで長期ブランクがあった場合は、その親が今どのような状態なのか?なくなっているのか、代替案が出来たのか?という部分をしっかりと伝える事で今後その部分に関しての退社などのリスクはないと言う事を分からせることが出来ます。

 

 

いずれにしても相手が何を知りたいのか?その長期ブランクの間にどのような事をしたのか?という部分がしっかりわかっていれば、職業履歴(職歴)の部分には不安を潰す書き方をすれば基本的にブランクはそこまで問題がない状態にする事が出来ます。

 

 

転職エージェントなどを利用すれば、しっかりと職務履歴の書き方も教えてくれますので、エージェントと相談しながら相手にマイナス部分を与えないような書き方もするようにしてみましょう。

 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。