スポンサードリンク

福利厚生ばかり聞いてはダメ|面接で言えない本音と建前の部分を感じ取る空気感も必要

30代や40代の方は、本音と建前という部分で、相手が本心を言えないと言うような空気感を感じ取ることも大事です。

 

 

逆に言えば若い時は人間関係やその他の経験値がない為、ある程度許される事もあるのですが、年齢を重ねてきてガサツな人間関係や、無神経な質問と言う様な感じで面接官に質問をする事は非常に危険です。

 

 

一般常識的な部分でも疑われますし、逆に転職先の人間と上手くいくのか?という風な事を思われても無理がありません。

 

 

面接の際に、面接官に「何か質問はありますか」という風に聞かれた時、どのような質問をするべきでしょうか?30代や40代の方であれば、どのような事を質問すれば面接官は満足するでしょうか?

 

 

ほとんどの方は、この最後の質問という部分に対してあまり重要視をしていない感じで、面接が終盤に来た事に対するリラックスや、ある程度打ち解けてきたと勘違いして気が緩んで色々な質問をしてしまう傾向があります。

 

 

しかし、せっかく転職先の面接で上手くいった、高評価をもらえたとしても、この最後の質問の答え方次第では、心証を悪くして不採用になるケースもあるのです。この最後の質問という部分は非常に注意が必要な所なのです。

 

 

調査員のように色々な事を聞き出したり、福利厚生について聞いたりする事は一般的にタブーと言われています。根掘り葉掘り色々の事を聞いても本音と建前という部分で、面接で採用になるかどうか分からないような人材に対して、企業側も本音を言うはずがないと言う事を覚えておく必要があります。

 

 

具体的に言えば残業があるのかないのか?残業の時間の長さはどれくらいなのか?休日は出る必要があるのか?というような部分で、確かに質問したい気持ちもわかりますが、その様な部分ばかりを質問するとかえって印象が悪くなります。

 

 

さらにひどい人になってくれば、離職率だけではなく、離職した人の退職理由や有給休暇の取得率について等まで詳しく根掘り葉掘り訪ねてしまいます。

 

 

実際問題、30代や40代で転職をすると言うような方であれば、家族との兼ね合いやローンなどの兼ね合いもある為、実際にどのくらいの残業があるのかとか、休日はしっかりもらえるのか?と言う様な事を知りたいのは最もな理由だと思います。

 

 

仕事に対する質問は前向きな質問ととらえられますが、このように福利厚生や、本音の部分で本当の所を言えないと言うような部分ばかり質問をしているようであれば、人間関係をまともに出来るのか?という所が理解出来ないようになるかもしれません。

 

 

求人情報や、転職の情報ではすべてを伝える事も出来ずに、逆にすべてを知ることも出来ません。だからこそ面接の際に色々な事を聞いておきたいという気持ちは面接官も理解していると思います。

 

 

ですので、福利厚生の部分ばかりこだわるのではなく、仕事の内容でどのような部分が疑問視なのか?というところを質問する必要があるでしょう。

 

 

自分の権利ばかりを主張したり、権利に対しての補償はどれくらいなのか?というような部分ばかりを質問するような人は、正直言えば面接官にとってみればうっとうしい存在です。

 

 

もちろんこれから働く会社ですし、30代や40代であればなおさら、骨をうずめる覚悟で転職活動をしていると思います。色々な部分が気になるかもしれませんが、面接官の空気感や、ここは聞いてはダメだろうとか、このような部分を聞いても本当の所は教えてくれないだろうな?と言う様な部分は聞かないようにするのがいいかなと思います。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

転職の際の面接で回答と本音

 

残業はあるのか?

 

 

これは面接官にとってみれば結構多い質問でしょう。若い年代であればある程度許してもらえるかもしれませんが、30代や40代の転職者の方であれば、残業があったとしたら働かないの?と思われても無理はありません。

 

 

また残業は一日どのくらいの時間まで?と言う様な質問もタブーです。その業界での残業時間というのは基本的に決まっており、改めて残業時間が何時なのか?と言う様な事を聞くことは、この業界について詳しく知らないのでは?と思わせる危険性があります。

 

 

また休日出勤についてもあまりくどく質問するのは良くありません。基本的に休日出勤がないというのが理想的なのは誰でも同じでしょうし、逆に言えば前職で忙しすぎて転職をしたいと考えているかもしれません。

 

 

しかし休日出勤があるからどうなのか?また休日出勤はどれくらいの頻度であるのか?というような事ばかり質問で聞いていれば、休日出勤が多ければ働かないのか?という本音があると思います。

 

 

また離職率や、離職した人の退職理由を聞いたりするのはもっとひどいです。離職した人の理由や、離職率を自分自身が聞いてどうなるの?という所が面接官の本音の部分です。

 

 

これから働く人が辞めた人の理由を聞いたり、内部の情報を聞いたりする必要はありません。

 

 

また、採用が決まっていないのに有給休暇の取得率などを聞くのも心証を悪くします。教えてくれるかもしれませんが、本音の部分としてはまだ働いてもないのに有給かよと思ってしまわれてるのも無理はあります。

 

もっと実のある質問をする事

 

上記のように全く関係のないような質問だったり、知らなくてい質問だったり、福利厚生の権利ばかりを聞く質問は面接官にとってみればうっとうしいです。

 

 

それよりももっと会社の技術的な部分だったり、戦略だったり、使っているツールはどのようなものなのか?と言う様なところ、つまり仕事でどのようなシステムが組んでいるのか?と言う様な中身の濃い質問をすべきです。

 

 

最後の最後で不採用にならないように、30代や40代でふさわしいと思われるような質問をしっかりとしてください。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。