スポンサードリンク

現実的には30代、40代での異業種、異職種への転職は厳しい

こんにちは。転職に於いて基本的には前職と関連性のあるところで次の転職を探すというのが一般的だと思いますが、中には異業種や異職種での転職を考えている方も多いと思います。

 

 

一般的にブラック業界と呼ばれているような業界から抜け出したく、新しい職場や新し業界で挑戦する為に転職活動をする人も少なくありません。

 

 

30代や40代ともなってくれば、基本的に新卒や第2新卒の20代前半と違って、何らかのキャリアを積んでいると考えるのは一般的な見方ではないでしょうか。またその様な培ったスキルを活かせる異業種や異職種への転職であれば全く問題ないのですが、通常はほとんどこのような場合は役に立たないケースがほとんどです。

 

 

つまり、せっかく前職で積み上げたキャリアやスキル、或いは資格までも、一旦ゼロにリセットされることになります。資格手当などもあった状態であったとしても、異業種や異職種で転職をしようと思った場合一旦なかったことになります。

 

 

とはいっても、ある一定の状態であれば次の職場で前職の資格などを活かす事も可能です。販売の経理職から、例えば製造業の経理職になった場合であれば、決算処理などの経理の基本の部分は同じですので、短期間で転職先の業界の違いを体感する事が出来れば、経理としての基本的な部分をこなすことは可能となります。

 

 

その業界の独特の計算方法だったり、聞き慣れないキーワードとか単語というものが出てくると思いますが、それがどのように影響するのか?という部分をしっかり分かっていれば、ある程度の応用は出来ると思います。

 

 

このような感じで、異業種であったとしても同職種であれば、自分自身の今までのキャリアは活かせる可能性が残っているのですが、異職種への転職の場合は非常に難しい状態だといえるでしょう。

 

 

例え会社で色々なスキルや経験があったとしても、その職種については全然未経験で素人なわけですので、言ってみれば新卒者や第2新卒の就職活動をしている人と変わりはないのです。

 

 

そうであれば、クセが強い30代や40代の人間を雇うのであれば、フレッシュな人材を雇って育てていくほうが経理的な部分や同じ職場の人間のストレスという部分においても負担は軽くなってきます。

 

 

最も転職市場においては、30代や40代の人間で、全くの未経験者が働けるような転職情報というのはほぼゼロに等しいです。また例えあったとしても、給与を含めた色々な処遇を大幅にダウンしている状態になっています。

 

 

例え募集の条件として年齢制限で引っかかっることがないとしても、企業の本音としては、同じ条件で若い人間がいるのであればそちらを優先的に採用するのは目に見えています。

 

 

どのような転職エージェントを使ったとしても、30代や40代の転職の市場の状態で、未経験で前職並みのすぐれた労働条件で採用されると言うことは限りなくゼロに近い状態と言う事を覚えておいてください。

 

 

つまり例え業界を変えて転職したいと思うのであれば、少なくとも前職でやっていた同じ職種の募集でなければ採用されることはない為、このような部分をしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

30代、40代の転職の難易度について

 

  • 同業種で同職種・・・今まで培ったキャリアを評価してもらえる
  • 異業種で同職種・・・業種の違いを理解すれば十分に可能性がある
  • 同業種で異職種・・・異職種の希望の場合は、今の職場で人事異動の希望を出す方が良い
  • 異業種で異職種・・・30代や40代であれば未経験者を採用したほうがいいのでほぼ無理

 

このように現実的な問題をしっかりととらえ、やみくもに転職をして時間だけ過ぎないようにしましょう。

 

本当にやりたいことなのか?をしっかりと考えること

 

30代や40代の転職で、違った業界で働いたり、違った職種で働いたりすることは限りなく難しいと言うことは理解出来ると思います。

 

 

しかしながら、その様な不利な条件であるにも関わらず、あえて挑戦したいと言う様な転職者もいるのは事実です。色々な条件があり、厳し戦いになるかもしれませんがそれでも家族が応援してくれると言うようなケースもあるでしょう。

 

 

今の会社にとどまることが本当に嫌だったり、今の業界が物凄くブラックだったりと言う様なケースで転職を考えるのであれば、そこはしっかりと転職活動を意識する必要があります。

 

 

しかし例えば、上司が厳しいとか、部下と喧嘩をしたとかで他の業界にチャレンジしようと思うのであれば、ひとまず考え直す時間を持つ事をお勧めします。

 

 

人間関係で異業種に挑戦するほど、今の転職市場は甘くないと言うことをしっかりと認識しておくべきです。人間関係でつまずいた方が、また新しい職場でつまずくというケースは普通にあります。

 

 

今の現状が本当に我慢出来ないのか?それは改善出来ないのか?

 

 

転職をする前にしっかりと考えておく必要があるでしょう。もしも改善出来る可能性があるのであれば、しっかり会社の経理と話し合ったり、人事に改善について頼むなど、色々な解決法があるかもしれません。

 

 

今の職場で辛抱出来るのであれば、転職をするのをしばらく諦める事をお勧めします。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
転職の際の妥協しないコツ。妥協しない条件設定で転職後に後悔しない
転職の為の下準備が必要です。条件設定の為に必要な事。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。
40代の転職は即戦力アピールか会社への忠誠心を見せる事が大事
30代よりも圧倒的に不利な転職市場の40代ですが、企業が求める40代についてしっかりと理解する事が大事です。企業が求める40代の転職者について。
30代、40代だから転職の際に制約事項をしっかりと確認する
親の介護、子供の学校等ロケーションの面でも、転職の際に足かせになる可能性もあるので注意が必要です。
30代、40代の転職活動には自己投資をする|見た目等が大事
30代、40代の転職は、ただでさえ若い人に比べて不利です。自己投資をしっかりとする必要があります。
30代、40代の転職の際、これはヤッてはダメな表現方法とは?
30代や40代の方であれば、やって良いことと悪いことをしっかりと区別して表現する必要があります。
30代、40代、転職回数が多い場合の効果的な職歴の書き方
転職回数が多い場合、それを効果的に見せる事が出来るのか?30代、40代の男性であれば知る必要があると思います。