スポンサードリンク

年齢の区切りにおいて、転職先で求められる事は違う事を認識する

一概に「30代」「40代」と言っても、自分が31歳なのか38歳なのかによって転職先で求められることが違ってきます。転職活動する際に、このような年代の分け方.区切り方をしっかりと理解しておく必要があります。

 

 

ひとくくりに○○代というのは簡単ですが、実際には10年間のふり幅がある為、それぞれ求められるものも違ってくるわけです。

 

 

今の条件よりもすぐれた条件で転職する為には、転職先が何を求めているのか?という部分を知ることが大事ですので、それぞれの区切りで必要とされている部分をしっかりと認識する必要があります。

30代前半で求められるスキル等

 

転職市場においては基本的にはこの年代よりも若い年代を対象にした転職情報が圧倒的であるのは間違いありません。しかし30代前半を求めている企業というのは実はまだまだ多くあります。

 

 

転職エージェントなどを利用する事で、自分では予想もしていなかったような転職先を案内してもらえるケースもあり、自分がそれほどメリットと感じていないようなスキルが重宝されるケースも多々あるのでしっかりとした情報収集が必要でしょう。

 

 

この年代の転職市場の動向としては、サラリーマン単体としての実績やスキルに加えて、だんだんとマネジメント能力が出てきている状態になってきていると思います。

 

 

ですので転職市場においては、この年代でもマネジメントスキルを重んじる傾向があります。転職市場で未経験職種に挑戦出来る年代のラストチャンスとなりますので、しっかりとした情報収集力が必要です。

 

 

組織上の課長などの職位がなくても、プロジェクトマネージャーやチームリーダーなど、前職でまとめていたという部分は十分に転職市場で魅力的なスキルとなります。

 

 

自分の相手に対して誇れるスキルは何なのか?という部分をしっかりと整理して転職に挑む必要があるでしょう。

 

30代後半で求められる転職市場でのスキル

 

一般的に35歳を境に、転職市場等においては求人件数が激減する傾向があります。とはいえ、幹部候補や次期リーダー候補などのように、この年代に特化した求人もあると言う事を知っておく必要があるでしょう。

 

 

30代後半の場合であれば、30代の前半と違い、マネージャーとしての経験や、過去の実力や、前職でどのようなプロジェクトを束ねていたのか?という部分に注目される傾向があります。

 

 

さらに、年下の一般社員と経営者との間の橋渡しの役目に期待されることも多く、組織上のマネージャーという部分の立ち位置で転職市場で受け入れられる傾向があります。

 

 

前職での課長以上の経験や実力、或いは、人を束ねると言う様な面接時の時の話し方や振る舞い方なども面接官は見ている可能性があります。転職エージェントのエージェントから、どのような感じで面接を受けるべきなのか?また自分のアピールポイントはどこなのか?という部分をしっかりと聞き、すべてをアピール出来るように取り組む必要があるでしょう。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

40代前半の方が転職市場で勝ち残る為のアピールポイント

 

転職市場において、この年代の転職は、専門性が高くなければ求人情報、転職の情報というのは非常に少なくなるのが現実問題として出てきます。

 

 

30代を前職で過ごしたという部分において、ある程度の中間管理職での立ち位置だと思いますので、転職先の会社でもある程度の役職が求められるし、逆に転職先の企業としてはそれだけコストがかかるのは間違いないからです。

 

 

もし転職活動の際にこの年代で募集があったとしても、コストパホーマンスやフットワークの軽さ、或いは人間的に柔軟性やその会社に染まる可能性、組織上の保全の為のパワーバランスなどを含めた時、若い人間に負けてしまうケースがほとんどだからです。

 

 

40代前半の人間が、新しい職場に入ると言う事は、その転職先でずっと勤めていた年下の上司が出来ると言うことです。その様な部分も踏まえた時、その人材を入れて色々なストレスが予測出来るのは当然であり、そのストレスと引き換えに今でも欲しい人材でなければ転職市場では需要がないのが現状だと思います。

 

 

この年代になってマネジメントの経験がなかったりすれば、転職活動は非常に苦戦して今よりもキャリアダウンになる傾向も十分に考えられます。

 

 

企業側としては、組織上のマネージャクラス、或いは部長程度の経験や実力を求めてきますので、このような部分がない場合は転職活動では間違いなく苦戦する年代だといえるでしょう。

 

40代後半の転職市場で勝ち残る為に必要なスキルやアピールポイント

 

一般的にこの年代は、人生も後半に差し掛かっている年代です。職業履歴(職歴)の集大成としてのキャリアを務め上げる年代で転職活動をするという部分において、よほどの事情がなければ転職しないと言うのが一般的な考えであり、もしもこの年代で転職をする場合であれば、求人情報としても経営層に近い好待遇の求人になる傾向があります。

 

 

ヘッドハンティングをされるようなクラスと言っても過言ではありません。

 

 

この年代での転職市場において、基本的には二極化になり、シニアマネージャー程度の高待遇もしくは、賃金が安価で誰でも出来る単純作業の求人になります。

 

 

一般的にはシニアマネージャ(部長)クラスの経験や実力が求められる為、マネジメント能力がない場合は年相応の専門性や、特殊技術が必須条件となるでしょう。

 

それぞれの年代で求められることは違う

 

いかがでしたか?どの区切りに於いたとしても、30代や40代というのは転職先の企業から即戦力として求められることが多いです。

 

 

つまり転職活動の選考過程において、このような能力が不足している、或いは明らかなコミニケーション能力不足というのが判断されれば、真の実力を加味されずに不採用となる可能性が非常に高いです。

 

 

若い年代であれば「若さゆえ」という部分で多少の欠点は目をつぶってくれる傾向があるのですが、30代を過ぎた転職の場合、この部分が全くないと言うことを覚えておく必要があるでしょう。

 

 

また1人で転職活動をする場合、基本的にはこの年代であればキャリアダウンになる傾向が高い為、転職エージェントなどを効率よく使いながら、自分のスキルを少しでも活かせるような転職活動を意識する必要があるでしょう。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。