スポンサードリンク

本当に辞めるべき理由はあるのか?事由を確認する事が大事

こんにちは。転職活動かんばっていますか?30代や40代の方が転職を考えている場合、今すぐにでも職場も変わりたいと思っている方がほとんどではないでしょうか?そのくらいのやばいような職場でなければ、せっかく積み重ねたキャリアを逃してしまう事はしないと思います。

 

 

30代や40代で辞めるという事は、それだけ早急に辞める理由があるという事になると思います。

 

 

しかし、30代や40代における転職の厳しさというのは、おそらく思っている以上に大変な事です。キャリアアップや、今の仕事よりも待遇改善を求めていたにも関わらず、むしろ今よりもキャリアダウン、待遇が悪くなってしまったと言うようなケースは普通にあります。

 

 

30代や40代の転職の成功した良い例として、ヘッドハンティングを除いてはごく稀にしかないとさえ言われています。むしろ自分で探す場合、条件の良い職場というのなかなか探すことが出来ないのが現状です。

 

 

業績悪化によって今の会社を辞めなければいけない、また事業縮小の急かされたと言うようなケースの場合は、確かに早急にやめる必要が出てきますし、自分の意思とは反対に辞めなければいけない状態だと思います。

 

30代や40代というのは転職で失敗は許されない

 

30代や40代の普通の転職に関して言えば(ヘッドハンティングなど除く)、今積極的に動くと返ってリスクが高くなると言うことを知っておく必要があります。

 

 

ジョブホッパーと呼ばれる言葉をご存知でしょうか?これはバッタに例えて表現している言い方で、技術や給料の向上を求めて転職を繰り返す人の事をいいます。欧米やアメリカでは当たり前に行われている事ですが、終身雇用制という過去の遺産を引きずっている日本では、このジョブホッパーという働き方は評価をされることはありません。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

自分の能力はもっとある…と思っている方も多いと思いますが、しかし日本では度重なる転職は評価されませんし、地に足をつけていないと思われ、特に30代や40代の場合であれば、どんどん職業履歴(職歴)が重なれば重なるほど評価が下がっていきます。

 

 

そればかりか、動けば動くほどどんどん今の状況よりも悪くなっていくと言う様な、転職では絶対にやってはいけないことになります。

 

 

現在失業期間が1年以上の完全失業者と呼ばれる方は、100万人を超えていると言わています。このうち、30代や40代の完全失業者が6割を占めるのです。(35歳から44歳)

 

 

35歳に達していない方、また50歳未満45歳以上の方を含めると完全失業者の大部分を30代と40代で占めていると言うことになります。

 

 

30代や40代の年代で仕事を離れると言う事は非常にリスクが高いのです。一般職を離れてしまうとなかなか次の職が決まらずに、あっという間に貯金を崩し、半年や1年以上が経過してしまいます。今よりも状況を良くしたいと思って仕事を辞めたりの関わらず、貯金の金額が減っていくと同時に焦って条件の悪いところに再就職するというパターンがほとんどです。

 

 

30代40代での転職の失敗というのは、このように致命的でありますので、転落人生に陥ることのないように、ぜひ一度本当に今転職すべきなのか?を考える必要があるでしょう。

 

しかし、今の働き先を辞める必要性がなくて、自己都合の転職を考えている30代や40代の方の場合、

 

  • 今の会社を辞めなければ、自分のやりたいことが本当に出来ないのか?
  • 今の悩みというのは、職場を変えなければ本当にクリア出来ないのか?
  • 今の悩みというのは、どこでも同じで、自分のわがままだけではないのか?

 

と言う様な部分があるのかどうか?と言う事をまず自分自身でしっかりと考えておく必要があるでしょう

 

 

転職事由の自己都合の理由としては、だいたい以下のようなものがあると思います。

 

  • 安い給料で長時間労働、休みがない(仕事の待遇面)
  • 仕事がつまらない、思っているモノと違う(仕事のやりがいの面)
  • 上司や同僚がむかつく、仕事に馴染めない、パワハラ、セクハラ(職場環境の面)

 

職場環境で悩んでいるのであれば、転職を考える前にまず上司や人事部に相談をしたり、何か改善が出来る事はないのか?という部分を潰していく事で改善出来る可能性もあります。

 

30代や40代の転職では覚悟が必要

 

上記のような色々な困難な事があると分かっていても、どうしても今の環境を変えたい、今の条件をもっと改善したいと思う場合は、一刻も早く転職をする方がいいでしょう。

 

 

生半可な覚悟で転職をするのではなく、色々な困難が待ち受けているにも関わらずそれでも今の環境を変えたいと思うのであれば、しっかりとした覚悟で今よりも有利な状態で転職をするような動きをしなければいけません。

 

 

本当に転職をしたいのであれば、以下のようなことが想定出来る、また例えそうであっても転職する覚悟があるのかどうか?という部分をしっかりと確認をしてみましょう。

 

  • 転職先に嫌な上司や仲間がいる可能性もある
  • 転職先で年下の上司や異性の上司、また先輩から厳しい業務指令や、納得出来ない業務命令を受けることもある
  • 自分にとって嫌な仕事であっても最初はやらされる可能性がある
  • 転職先は100%自分が思っているような職場ではない可能性もある
  • むしろ転職先の方が一番最初は条件が厳しい可能性もある
  • 転職先では労働条件が下がる可能性もある(休みや給料の面)
  • 転職により有給休暇、賞与や退職金が一旦リセットになる可能性もある
  • 理不尽な人事評価や人事異動がある可能性もある
  • 転職先を早期で辞めた場合、その次はさらに条件が悪くなる転職活動になる
  • 退職して転職活動をする場合、失業期間が長くなる可能性がある

 

以上のようなケースも普通に考えられることですので、まずはしっかり自分自身で退職事由というものも考えるのが先だと思います。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
40代の稼げる資格|40代、転職で有利な資格等
40代だから安泰という社会ではない現在。どういった資格が稼げるのでしょうか?
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。