スポンサードリンク

退職する際に必要な事について

こんにちは。いいところに転職をしたいと言う前に、まずは前職をしっかりとやめる必要があります。

 

 

また、辞める際にしっかりとやっておけば、自分にとっても給付金などの点で良いことが沢山あるので、会社を辞めるとなると必要となる手続きや段取りというものを整理しておく必要があるでしょう。

 

 

最も大事な事というのは、会社員という部分で信頼されているから認められるお金関係の手続きです。例えばクレジットカードの発行や、ローンなどの部分です。仕事を辞めた場合はフリーターになるわけですので、ローンが組めなくなったりクレジットが組めなくなったりします。

 

 

会社員で社歴もあるからこそローンが出来る事を覚えておく必要があります。転職した直後などはローンが組めなかったり、金利が高くなる場合もある為あらかじめ計画立ててやめる必要があるでしょう。

 

 

また退職前の働き方という部分も非常に大事です。退職して間も開けずに転職先が決まっているとすればいいのですが、ゆっくりと転職先を探そうというケースもあると思います。

 

 

特に30代や40代の方であれば、慎重に転職をしたいと思うのは無理もないので、あせって転職をするとは注意が必要です。その場合に棺を給付金をもらったり、税金や社会保険の加入などの手続きも必要になります。

 

 

基本的に失業給付の金額というのは、退職前の6ヶ月の給与の額を基準に算定される為、その時期は意図的に残業して給料を上げると言う様な裏技も可能なわけです。

 

 

その一方で4月〜6月はなるべく残業しないで給料安くしておけば、それをもとに健康保険料と住民税が決まるので失業の際に支払いが楽になります。

 

退職を意識した働き方について

 

まず退職後意識して、次の転職の準備をする為には、退職後のお金の準備を確認する必要があります。一般的には最低限の生活費3ヶ月分なども準備するのがいいと言われています。

 

 

また社宅などに入っているケースもあると思いますが、その場合は引っ越し費用と転居先の費用の捻出も必要となってくる為、実際の貯金額も増やす室用があるかもしれません。

 

 

そして転職を希望したり、退職を希望する場合はしっかりと上司に報告する事が大事です。後ろめたい気持ちがあるので転職を言わないというのはルール違反ですし、飛ぶ鳥跡を濁さずという言葉があるようにしっかりとやめることを伝えれば分かってくれるはずです。

 

 

特に30代を過ぎたり、40代を過ぎて管理職の状態であれば、会社の都合によって退社する時期が思ったよりも後になったりするケースも出てくるかもしれませんが、できるだけでいいので融通を利かせることも大事になってきます。

 

 

また会社によっては、退職の報告を就業規定で決めているケースもある為、何ヶ月前までに退職を伝えなければいけないのか?という部分をあらかじめ調べておく必要があるでしょう。基本的には2ヶ月前までに退職の意思を伝えるというのが一般的です。

 

 

退職の意思を決めた場合、最終出社日の決定が決まると思います。上司と相談して最終出社日を決定するのですが、有給休暇の消化の為に、それぞれの会社の〆って変わるケースもあるので、上司にしっかりと相談します。

 

 

また、部下の為に何よ引き継ぐのか?という所を確認するのも大事な所です。自分がやっている仕事をどの様に残っているモノに引き継がせるのか?というところなどをしっかりと書類としてまとめておくと便利です。

 

適当にやりっ放しにして辞めたら自分自身の首を絞める?

 

 

転職の際に同じ業界に転職する場合、自分では全く関係がないと思っていたとしても、その会社に関係がなくても、その転職先の企業の取引先と繋がっていたりするケースもあります。

 

 

上記のような引き継ぎをしっかりせずに、自分勝手に適当に辞めたりすれば、結果的には自分自身の評価を下げることになります。自分の力がなくなることで、今までの会社ではかなりの負担がかかるはずです。

 

 

次の転職先と全く関係がないと思っていたとしても、社会人としてやるべきことはやっておくことが最終的には自分自身を救ってくれるケースもあります。「神様は見ている」と言う様なことわざもありますが、全く関係がないと思っていたとしても、いろんなところで「世間は狭い」と言うような状態を感じるケースもありますのでしっかりと整理をしてやめることをお勧めします。

 

退職までのカウントダウンで注意すべきところ

 

転職先が決まっている、転職先が全く決まっていない関わらず、退職をするにおいて色々な準備をする必要があります。それぞれに色々なポイントがありますので、その時期の注意点をしっかりと意識しておく必要があります。

 

退職する3ヶ月前に行うこと

 

 

退職を意識した働き方をする事は非常に重要です。例えば給与から天引きされている健康保険料や住民税というのは、4月から6月の3ヶ月間の給料の額で決まります。

 

 

この3ヶ月間というのは極力残業をせずに極力給料を低くする事が税金を安くする方法です。もしも意図的に可能であれば、意識する事で健康保険料や住民税を安くする事が可能です。

 

 

逆に言えば失業保険というのは退職前の半年間の給料の額で決まる為、転職を意識した場合であれば、残りの半年間というのは残業してでも意識的に給料を高くするといいでしょう。

 

退職1ヶ月半前は有給休暇の確認を行う

 

 

退職1ヶ月半前は、有給休暇がどのくらい使えるのか?などをしっかりと確認する事が大事です。また会社員であり社歴が長いという部分をしっかりと活用する事も大事です。

 

 

住宅を購入したり、住宅ローンを組む場合であれば、社員の時が絶対に有利です。家を買うとすれば会社を辞める前に買わなければ、支払いも苦しくなると思います。

 

 

クレジットカードも会社員ならある程度はつくれるのですが、退職して辞めた状態であれば全く作れない為、転職を意識するのであれば、できるだけ多くのクレジットカードを作って転職期間をしのぐというのが賢い方法でしょう。

 

辞める前のお金の段取りについて

 

 

辞める前1ヶ月というのは色々な部分で解約するケースがあります。会社制度を利用していたものはすべて解約する時期です。

 

 

一般的に言えば社内預金などは次の会社に引き継ぐなどの手続きをする必要があります。会社から住宅ローンなどを借りているケースもあるのですが、その場合は借り換えが必要になります。

 

  • 会社融資の住宅ローン・・一括返済が必要であれば銀行ローン等での借り換え
  • 持ち株・・証券会社の口座に移管手続きをする。もしくは一括売却。
  • 財形貯蓄・・全額解約して自分の銀行口座へ振りこみしてもらう。
  • 社内預金・・全額解約して自分の銀行口座に振り込んでもらう。
  • 団体生命・・個人で生命保険に入りなおす。
  • 企業年金・・退職後も維持してもらう。

 

ざっくりとこのような感じですが、分からなければ会社や上司に相談するようにしてください。

 

 

また転職エージェントなどを利用している場合であれば、エージェントが詳しく教えてくれるケースもありますので、その様な部分もしっかりと聞いておく必要があるでしょう。

 

退職後の2週間前は挨拶回りや挨拶状の発注などを忘れずに

 

 

担当クライアントには必ず行わないとトラブルが発生するのがこの挨拶回りです。転職先と全く関係がないと思っていたとしても、意外な所で繋がっていたりする為、このような部分の絶対に忘れてはいけません。

 

 

引き継ぎを直接会いに行ってするというのが基本的なマナーです。メールだけで終わらせる人もいるようですが、そんなケースがトラブルを起こすこともあるので注意が必要です。

 

 

またお金に関して言えば、退職した後の病気やけがの医療費なども意識しておく必要があります。退職後の段取りで大事なのが健康保険で、加入しないと100%自己負担になる為、転職先が決まっていないのであれば

 

  • 家族の非扶養者
  • 健康保険の任意継続
  • 国民健康保険の一般被保険者

 

この三つになる為しっかりと処理を行う必要があります失業保険をもらっているときには扶養に入ることが出来ませんので注意が必要です。

 

退職当日は退職手続き等を行なうことが沢山ある

 

 

退職手続きを行う必要がある会社がほとんどですので、退職の本手続きを済ませておきます。人事部を訪れて、社員証の返却や、定期券の返却、或いは社内預金の解約など退職後に必要な書類を受け取ります。

 

 

また一緒に働いてきたら上司や同僚、或いは部下に対して挨拶メールを送ります。

 

 

感謝の気持ちを添えてしっかりとメールを送ることで、やめた印象も変わってきますのでめんどくさがらずにしっかりとする事が大事です。

 

 

退職日に受け取るもの

 

退職日に受け取るものとして、以下のものがありますが、転職エージェントなどではしっかりと教えてくれますが、もし自分で転職活動などをする場合、次のところで必要となるケースがほとんどですので覚えておくと良いでしょう。

 

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳
  • 健康保険資格喪失証明書
  • 任意継続被保険者資格取得申出書
  • 厚生年金基金加入
  • 生命保険料口座振替依頼書

 

上記のものは加入している、加入していないなどの部分で必要とされるものと必要とされないものがあります。人事部にしっかりと確認したり、或いは転職エージェントに登録しているのであれば、エージェントに確認するなどしてミスのないようにする必要があるでしょう。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職を決めて退職する際の注意点|円満退職と辞めるタイミング
どのタイミングで会社に報告するのか?どのタイミングで転職活動をするのか?そういった悩みについて。
転職前の一仕事、元の職場の上司への報告や、転職の際の動き
転職を決まったあと、上司への報告、引き続き等、前の会社でする必要があります。円満退職をする為にもしっかりとしておきましょう。
退職した後の税金の手続きと確定申告について
退職した後、確定申告や税金について。どういった手続きをしていけばいいのでしょうか?詳しく書いています。