スポンサードリンク

40代、いきなりリストラにならない為に、転職を有利にする為の資格とは?

長年会社に勤めてきて、自分自身で会社で求められていると感じている方でも、いきなりリストラされるケースは非常に多いです。上場企業でも人員整理の為に年齢が上な高給取りからリストラされるケースが多い世の中、今まで安泰と思っていた終身雇用制も崩れ、サラリーマン一人一人のスキルが重要視される状態になっています。

 

 

40代のサラリーマンというのは、基本的には管理職になっているケースが多く、それはイコール高給取りであり、企業の経理を圧迫している根源になっているわけです。ですので会社にとっては金食い虫の状態であり、それに見合うだけの能力がなければ、容赦なくリストラされる景気の状態と言うことを覚えておく必要があります。

 

 

誰でも知っているような一部上場の大企業であって、早期退職も普通に募集するところも多く、シビアな状態になっているのが現状です。失業してから1年以上もせん就職先が見つからないというのは基本的に40代がメインと言われています。

 

 

転職市場であれば、40代よりも30代、30代よりも20代、20代後半よりも20代前半という風に、若さが武器、若さだけで転職活動が有利になるのは明白です。若さが売りにならない年齢で転職を考える場合、非常に厳しい現状が待ち受けています。

 

 

これを助けてくれるのが資格となります。

 

ハローワークの「トライアル雇用」について

 

40代の方が引っ掛かるケースとして、ハローワークのトライアル雇用というものがあります。メリットとしては、スキルや経験がなくて、色々な業種に挑戦出来、そして入社後にどのような社風なのか?という事を確認出来るというものです。

 

 

しかしデメリットも存在しており、このトライアル雇用を悪用する業者が後を絶たないのです。正社員の確約はなくて、非常に高リスクで突然打ち切られる可能性も高いのが現状です。

 

 

有期雇用契約を3ヶ月以上もするというのが採用の基準となりますが、全く正社員の約束はされていません。つまり都合のいい期間工として働かされるというケースが多く、40代になっていきなりリストラになった時に焦って就職する心理状況を利用した非常に悪どいケースもあるので注意が必要です。

 

40代が食いっぱぐれないようなお勧めの資格というのはあるのか?

 

資格というのは種類が様々で、

 

  • 国家資格
  • 公的資格
  • 民間資格

 

の3種類に分けられます。民間資格というのが一番レベルが低いと考えがちですが、企業によってはこの民間資格というものを重要視しているケースもあり、一概に民間資格がレベルが低いというものではありません。

 

 

例えばビジネスでの現場ですぐに役立つというのが英会話などがありますが、実際に英語がしゃべれて資格がないっていうケースもある為、これは明確な資格がないにも関わらずかなり転職市場では求められるスキルとなります。

 

 

またメンタルヘルスや労務など、リーダー層にも必要とされるスキルも重宝されます。

 

 

それぞれどの教会に転職するのかによって、資格を選ぶ必要があるし、有効な資格なのかどうかと言うのが変わってきます。金融系であれば証券アナリストなどが有効ですし、それぞれの各業界で必要とされる資格があると言うことを覚えておきましょう。

 

 

マネジメント系等はどのような業界でも必要にされていますし、メンタルヘルスなども最近では会社の精神的な部分の支えとして重要視されているスキルとなります。

 

民間資格でも有利な資格は沢山ある

 

40代の転職の際の資格として、国家資格や公的資格がなければ転職に不利と思うかもしれませんが、民間資格でも十分に活かす事が出来ます。

 

 

TOEICやビジネス実務マナー検定など、実際に企業として有利になったり、転職先で部下の教育に役立つような資格を持っておけば、民間資格であっても重宝される傾向があります。

 

 

後付で資格を取っている人も多く、これからの転職市場を有利に生き残ろうと思うのであれば、役に立つ資格を取る必要があります。転職とは全く関係のない国家資格に時間とお金を投じるよりも、転職先に有意な資格を持っておく方がよほどメリットがあります。

 

40代で資格を取っていると転職でも有利

 

40代で資格を色々と取っていれば、転職でも有利になります。自分は国家資格を持っていないから…と思わずに、転職エージェントなのにしっかりとアドバイスを聞きながら、これからとっておくべき資格はどれなのか?と言う様なところをチェックするといいでしょう。

 

 

資格を取っておくと有利な部分として

 

  • 転職先でリストラをされなくなる
  • 転職が探しやすくなるし有利な状態で転職出来る
  • 年をとっても働き続けることが出来る
  • 転職先の給料が上がる

 

このような部分で非常に有利になります。転職先に勤めることが出来たとしても、会社の経営次第ではリストラの候補になるのが40代の欠点でもあります。

 

 

せっかく転職したにも関わらず、常にリストラの恐怖と戦うのは精神的に良くありません。転職先で生き残る為にも、しっかりとした資格を持っておくことが大事ですし、それが自分自身を守ってくれます。

 

 

条件が悪い中で転職したとしても、キャリアを積むにつれて認められ給料アップにもつながります。役に立つ資格を理解して取っておくというのは非常に大事です。

 

 

40代の転職の場合、色々なハードルがあると思いますが、自分が出来る限りの努力をして資格を取ることは非常に重要です。

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。
30代、40代の転職事情|30代、40代の転職で考える事とは?
30代、40代の転職において考えるべきこととは?自分の転職事由をしっかりと確認する事が大事です。
30代、40代の転職では理想の職場へ転職出来る可能性はどれ位?
ライバルや転職条件が厳しくなる30代、40代の転職では、条件が理想に近づくことが出来るのか?
30代、40代でも前半、後半で転職先で求められる事は違う
30代前半、後半、40代前半と後半、それぞれ転職先がもとめるものは違うので注意が必要です。
30代、40代の転職で面接で問われる質問は4つだけ!4つの最重要項目とは?
30代や40代の転職の際に面接で問われる質問は限られています。この4つをしっかりと理解する事で転職を有利に進める事が出来ます。
30代、40代の転職希望者の面接で求められる事とは?面接官が重視しているポイント
採用側の求めている事を先回りして読むチカラが求められます。面接官が重視しているポイントについて。
転職面接でNGな所|コレを聞いてはダメ!転職時の注意点
30代、40代の面接において、聞いてはイケない事があります。本音と建前がある事を忘れてはいけません。
30代、40代は履歴書の顔写真に気合いを入れる!見た目が大事
30代、40代の方は転職では不利ですので、履歴書ではしっかりと自己アピールする事が大事ですが、顔写真にチカラを入れるのが大事です。
30代、40代、転職回数が多い時の履歴書の書き方|自分で書式を作成
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代、それぞれに合わせた職務経歴書のベストな書き方
編年形式、キャリア形式等、4つの代表的な職務経歴書を使って、30代、40代の方はどういった職務履歴を書けばいいのか?
ブランクが長い|効果的な職歴の書き方はある?職務経歴書の作成
失業期間、親の介護等、どう表現すると相手に伝わるのか??30代、40代であれば特に悩む所ですよね。
職種転換が多い転職者の場合の効果的な職歴の書き方について
職種の変更が多い方も沢山居ると思いますが、効果的な職歴の書き方はあるのでしょうか?
30代、40代の転職者、非正規就労がある場合の効果的な職歴の書き方
転職エージェントの基礎知識についてのエントリーです。
30代、40代の転職時、Webエントリーの注意点と致命的なミスを避ける為の工夫
書式の指定や、エントリー時の工夫をすることをサボれば、面接までたどり着く事が出来ません。しっかりと相手が求めている事を理解して取り組む必要があります。
30代、40代の転職者が一番重要視するべき書類について
30代、40代の転職者が一番重要視する必要がある書類について。何が一番大事なのでしょうか?
30代、40代の履歴書でやりがちなミス|やってはダメな事について。
履歴書の書き方でやりがちなミスは実は多いです。どういった部分を注意するべきでしょうか?
30代、40代の転職希望者は、履歴書の志望動機はどういった部分を訴求する?
30代、40代の方はどの様な所を志望動機に書くべきでしょうか?アピールポイントについて。
健康状態や趣味や特技の欄の書き方
健康状態や趣味や特技を書く欄がある場合の効果的な書き方について。
転職ハンディを埋めるには?マイナス部分を放置しない事
転職の際、ハンディを放置する事は危険です。この年代だからこそ放置しない、マイナス部分を埋める為の工夫。