スポンサードリンク

口コミサイトを使うメリットや、注意する所について

リアルな口コミサイトといえばまず2ちゃんねるを思い浮かべるかもしれません。でも2ちゃんねるから本当の情報を見つけると言う事は凄く難しいと思います。特に会社の愚痴や上司の悪口など基本的に自分優先の意見が並ぶ匿名の2ちゃんねるでは本当に知りたいことを知ることは難しいのではないでしょうか。

 

 

転職活動において、2ちゃんねるで情報を集めると言う事はほとんど意味がない事だと言わています。ごくごく稀に内部情報者しか知り得ないような情報を書いている事もありますが、その様な事を探す手間よりも、しっかりとした口コミサイトを利用した方が絶対にいいと思います。

 

 

口コミというのはあくまでも主観的な意見であり、それを客観的に見れる、俯瞰して見れるという部分が大事になってきます。

 

 

自分の上司がえこひいきをするとか、派閥がどうのこうのとか口コミを書いた人にとっては実際に起こっている事かもしれませんが、他の人から見たら全く違っている意見になるでしょうし、反対派側の視点、賛成派側の視点などに於いても様々なお互いの言い分があるでしょう。

 

 

ですので転職に限って言えば、複数の口コミサイトに登録して、多くの口コミを見て総合的に判断する力が必要だといえるでしょう。

 

 

昔からある企業であれば問題ないのですが、ベンチャー企業だったり新しく立ち上がった会社であれば、口コミ自体も少ない状態になっています。このようなケースも普通にある為、口コミはあくまでも参考程度にとどめておくのが一番です。

 

 

口コミサイトとして特に転職をする際の参考にして欲しいと言うような、みんなが参考にしている転職口コミサイトも存在しますので、上手く立ち回って利用するという気持ちが大事かと思います。

 

転職口コミサイトを利用する心構え

 

転職口コミサイトを利用するにあたって色々な心構えをしておくことが大事です。額面通り受け止めるという部分で色々なデメリットがありますので、しっかりと認識して口コミサイトを上手く利用していきましょう。

 

基本的にネガティブな情報が多いことを前提に読む

 

 

基本的に転職口コミサイトというのは、仕事をやめている人や、実際に不満なる人が書いていることが多いです。自分に当てはめてみればわかりますが、充実していればその様な口コミサイトに投稿する時間もないと思います。

 

 

ですので基本的に転職口コミサイトというのは、ネガティブな情報ありきという部分を頭に入れておく必要があります。

 

 

また実際に本当に会社のよさを伝える為に、その様な部分を書いている人もいますので、総合的な転職口コミサイトを利用しての判断を求められます。書いているコメントをうのみにしてチャンスを逃すと言う事がないようにしたいものです。

 

口コミが複数あると信憑性が高くなる

 

 

投稿されている口コミが多い場合は、内容が偏っている場合もありますが、基本的にはそれだけの総評があると言う事ですので信頼していいと思います。逆に口コミの数が少ない場合はあくまでも参考としてとらえておくようにします。

 

 

また一つの口コミを見た場合において、それが賛成派なのか?反対派なのか?このような部分が大事になってきますので、自分の判断基準をしっかりと持っておくことが大事です。

 

口コミの投稿時期をチェックする事が大事

 

 

会社というものは、創業から成長して、衰退するケースもある為、口コミに書かれている会社がどの時期にいるのか?という事も大事になってきます。

 

 

当然ですが、社風や会社の雰囲気、社長の考え方などが会社の動きに反映されている事が多い為、そのタイミングをしっかりと見抜く力が求められます。

 

 

簡単に例を挙げるとすれば、例えば会社が立ち上がったばっかりの時は、社員自体が少ないので1人にかかる労力が増えてくる為企業自体は多少ブラック気味になる事が多いです。これはどんなに有名な企業でも共通する部分です。

 

 

ですのでこの立ち上げ時期に辞めた人間というのは、能力が低いにも関わらず会社の悪評を広める可能性もあるので注意が必要です。

 

 

一方を会社の成長期になった場合、人もどんどん増えて会社自体のテンションも上がっている為、口コミ自体がプラスの事が多いのも特徴です。その会社に勤めていると言う事自体がステータスになっているケースも多く、この場合は口コミもポジティブな部分が多いようです。

 

 

ブームが去り衰退期になれば、吹田市への企業というのはどことなく雰囲気も暗めになり、口コミもネガティブなものが増えてきます。

 

 

このように口コミがどの時期に書かれているのか?という所も大事ですが、客観的に見た場合、よっぽどの有名な企業でなければどの時期にいるのか?というのは分からないものです。ですのでしっかりとした客観視出来る目が必要だと言う事です。

 

転職口コミサイトの解析は数多く見て自分で判断する能力をつける

 

転職口コミサイトを見て、転職を考えている企業がブラックなのか?ということがわかればいいのですが、実際問題の所、会社がブラックなのかどうか?というのは主観的な部分が多い為、人によってはブラックだと思うし、ある人にとっては当たり前と思う可能性もあるので自分自身の判断だと言うことになります。

 

 

それぞれ個人の見解がある為、一概に転職口コミサイトに悪いことが書かれているからと言って、その企業が絶対にブラックだとか、入るべき会社ではないと思うことは安易な考えだといいでしょう。

 

 

特に転職を考える場合であれば、今現在働いている会社の現状もあり、新たしい転職先の評判をネガティブにとらえてしまう傾向があると思いますが、あまりにも匿名のWeb上の口コミを信じるばかり、悪い印象だけで頭がいっぱいになるという可能性もあるので注意が必要です。

 

 

何度も言っていますが、その意見が反対派なのか?賛成派なのか?多数派なのか?少数派なのか?という部分は誰でも分からないのです。

 

 

せっかくいい条件で転職エージェントや転職サイトで見つけたにも関わらす、匿名の口コミサイトの評判の悪さを気にしてエントリーしなければ本末転倒になります。口コミサイトは沢山ありますが、基本的にはネガティブな事が中心という所をしっかりと考えて取り組む必要があります。

 

 

口コミサイトは比較対象にするものがあるほうがいいですので、なるべく複数の口コミサイトを利用する事をお勧めします。ある程度の量のクチコミを見ることによって、その口コミが信憑性があるのか?という部分が分かってくるようになります。

 

 

転職活動中に色々な情報を仕入れながら、或いは転職エージェントのエージェントの情報を頭に入れながら、転職口コミサイトの情報と擦り合わせをすると言う様な感じでとらえておきましょう。

 

 

例えばまれにホワイト企業の中のブラックの部署も存在しますので、その様な部分を見つけることも重要になります。

 

総合的に判断する事で、色々な部分の良いところ悪いところが分かってくると思いますので、結果的に転職のゴールが明確になり、自分の望むべきところに転職出来る可能性が高まります。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職サイトの利用術|転職を有利にする為の最強活用術
転職サイトを上手に活用する事で、有利に転職をする事が可能です。メリットやデメリット等についても書いていきます。
転職エージェントの賢い利用術|転職エージェントのメリット
転職エージェントの賢い使い方について。転職エージェントを利用するメリットはどういった所でしょうか?
転職エージェントのエージェントとの付き合い方
転職エージェントのエージェントも人間です。エージェントと正しく付き合っていく方法はどういった所に注意すべきでしょうか?
転職エージェントの落とし穴|転職エージェントを利用する際の注意点
転職エージェントを利用する際、どういった所に注意して置く必要があるのでしょうか?
30代、40代の転職希望者にマッチした求人媒体ってドコ?
30代、40代の方が転職をしようとした場合、どの様な求人媒体を探せば良いのでしょうか?
30代、40代の方が応募出来る転職先の見極め方とは?
30代、40代が対象外の求人情報、転職情報の見分け方について。