スポンサードリンク

探し方を極めることで、ブラック業界のホワイト企業を探すことが出来る??

ブラックな業界というのは基本的に決まっています。と言うよりも、自然にブラックな感じになってしまうわけです。ブラックな業界と感じるかどうかは自分次第になりますが、長時間労働、休みが不定期、一般的な休みのときに出勤という感じがブラックと呼ぶケースが多いです。

 

 

代表的なブラックな業界というのは

 

  • 飲食業
  • IT(プログラマ、WEBデザイナーなど)
  • 小売業
  • 不動産業
  • 建設業
  • 運送業
  • 介護、福祉

 

このような業界になります。しかし個人のとらえ方によってはブラックかどうかは決まりますし、ブラックの業界の中でもホワイトな企業というものがあります。一般的なホワイト企業と呼ばれる様な会社というのは

 

  • 人事制度がしっかりと整理されている
  • コンプライアンスがしっかりしている
  • 仕事とライフバランスがしっかり取れている

 

このような部分を徹底しています。例えば人事についても、成果への評価が明確でわかりやすいと言うふうに、昇給や昇格など、仕事に対する評価がしっかりと反映される会社はあります。

 

 

また、労働時間や賃金もきっちり守っている、つまりコンプライアンスをしっかりしている会社というものも存在します。労働時間や報酬を守るというのはもちろんですが、社内での情報の取り扱いや、上司や同僚などのセクハラやパワハラ等を厳格に対応していると言うような会社。

 

 

さらに、仕事と私生活というのも切り離して考えず、充実させてくれていると言うのもホワイト企業の条件となります。いまどき8時間労働で終了という事は難しいかもしれませんが、残業時間の少なさや有給の取得率なども目安になります。

 

例えば不動産はブラック業界ですから、その中でもホワイトな企業もあります。仕事そのものはハードですが、それに見合うだけの高い報酬が期待出来ると言うような会社も多数あります。つまりどこをトレードオフするのか?という部分において、次の転職先では稼ぎたいと思うのであれば最適なホワイト企業というものも存在すると言う事です。

 

 

仕事はハードであるのですが、それに見合う対価がしっかりと支払われているという部分が大事です。このような企業というのはブラックと言わず、しっかりと労働力を評価してくれている為、やりがいがある仕事だといえるでしょう。

 

 

どうしても不動産業がいいと言う様な転職希望者もいるでしょうから、その様な方は不動産業でもホワイト企業というものは存在すると言う事を覚えておくと良いでしょう。

 

 

また労働環境の見直しで働きやすい企業に変身したと言う様な会社も多くあると言うのも特徴です。例えば人材サービスのリクルートなどは、以前はハードワークの代名詞的存在で有名でしたが、最近は働き方の改革などを注力している為、当時の面影は全くないと言われています。

 

 

転職市場においてリクルートキャリアや、リクルートジョブズと言う様なリクルートホールディングスの傘下の会社というのは人気があります。高額収入で定着率も高いと言うような会社や、一方で働きやすさに定評があると言うような会社、それぞれ目的が違うと思いますが、色々な転職理由があると思いますので、自分に会わせたら転職先という部分では転職エージェントなどを利用して有効に探すと良いでしょう。

 

 

またIT業界で一番のホワイト企業と呼ばれているのが、「僕とドラゴン」などで有名なアプリの開発や運営を行う企業のイグニスです。この会社は福利厚生が非常に充実している為、IT業界で一番の人気を誇っています。

 

 

IT業界がブラックな理由というのは、仕事丸投げの多重的な下請け構造が問題だと言わています。この業界の悪しき習慣として、ありえないほどの下請け構造があると言われています。

 

 

つまり下請けの下請け、或いは下請けの下請けの下請け…という風に、下流に行けば行くほど利益が薄くなってきます。当然ですが下に行けば行くほど労働条件が悪くなっていきます。

 

 

これはIT土方と呼ばれる転職業界の言葉が生まれた理由となります。

 

 

このようなIT業界の中、イグニスは福利厚生が充実しています。女性の為の育児休暇だけではなく、何と男性に向けての育休制度も充実しています。子供が生まれてから約1ヶ月が100%有給を使うことが出来ると言う様な、非常にすぐれた福利厚生です。

 

 

IT業界というのは基本的に座りっ放しの事が多い為、社員の食生活改善の為の社員食堂なども用意しており、非常に充実している為満足度は高いようです。

 

 

さらに本職の技術力の高さも誇れるところです。福利厚生が充実しているという部分を受け、ゲーム作りの経験が豊富な社員が非常に多く、技術力やサービス開発力に影響があります。独自の技術情報共有サービスというものも備えており、福利厚生が非常に良い為社員が辞めす、その社員が良い技術を生み出すという風なプラスのスパイラルで動いています。

 

ブラックな業界でもホワイトな企業は沢山ある、その見分け方

 

このように一部を紹介しましたが、ブラックな業界でもホワイトな会社というのは非常に沢山あります。しかし基本的には自分で探すことは難しいでしょう。

 

 

今ブラックな業界で働いている方は、転職を考えているにしても、生活がある為色々な情報を集めることが出来ないのではないでしょうか?このような時に役に立つのが転職エージェントです。

 

 

転職エージェントは、それぞれの企業の特徴をしっかりと把握している為、あなたが探している業界でも、ブラックの企業を外し、できるだけホワイトな企業を紹介してくれるようなすぐれた転職のプロが沢山います。

 

 

自分の前職の特性を活かしてあげ、新しい職場でさらに輝けるように転職エージェントを利用すると言うのも一つの手です。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業で働いている人間はなぜ辞めないのか?過労死寸前まで行っているのに辞めない理由について考える
転職を考える理由としては、ブラック企業で働いてきたからと言うのがあります。ブラック企業と分かっていながらも、なぜみんな何でも働くのか?
ブラック企業あるある|ブラック企業が求人の際に使う手口
ブラック企業あるある、ブラック企業は言葉巧みに求人情報を行います。ですので、そういった言葉に惑わされない様にする必要があります。
ブラック企業について|ハードワーク=ブラックは正しい解釈?
ブラック企業の定義とはどういったものでしょうか?ブラック企業についての考え方です。
ブラック企業あるある、休暇、有給中に社用の電話がなりやまない
休みを取っているにもかかわらず、電話をガンガンかけてくる会社があると思いますが、この様なケースではどういった解決法があると思いますか?