スポンサードリンク

ブラック企業が使う手口について

ブラック企業が転職募集者の募集の時に使う手口があるのをご存知でしょうか?自分は引っかからないと思っているかもしれません。しかし、ブラック企業というのは非常に巧みな言葉や、巧みな手法で転職希望者や求職者を自分の所に就職させようとします。

 

 

ブラック企業をあるあるネタというものも存在していますので、どのような所を注意するべきかをしっかりと考えてみてください。色々な対策が出来るかもしれません。

 

横文字が満載している求人情報

 

 

人気がない職種や、後ろめたい仕事の場合、そのまま訴求しても誰も転職希望者はいないですよね?ですので、良いイメージを植え付ける為にブラック企業の場合には色々な横文字を満載しています。

 

 

ほとんど詐欺に近いような感じで集客をしています(笑)例えばハウスメンテナンスアドバイザーと言う様な名前を使って、実はシロアリ駆除の営業と言うふうな感じです。しっかりと「当社はシロアリ駆除を専門に行っています」という風に言わずに、ハウスメンテナンスアドバイザーという風な今風な言い方にするというのは、やはり何か裏があると考えざるを得ません。

 

 

パチンコ屋の店員を「アミューズメントスタッフ」という風に言ったり、色々な呼び方でだましたかのように集客するケースもあります。抽象的な表現や響きの良い横文字が連発しているような会社の場合は注意が必要です。

 

会社概要の名前がテキストではなく画像のケース

 

 

私たちは一般的にインターネットでその会社名を調べて、口コミや評判などを調査する事が出来ます。その際に、慣れている方であればその社名をコピペして検索すると思います。

 

 

このことを予防する為に社名を画像にしている会社もあります。通常はGoogleであれば、テキストでSEO効果が期待出来るのですが、それをあえて社名を画像にすると言う事は、検索させたくないという意図があります。

 

 

例えば長時間労働をしているような会社であれば、辞めた人間が口コミサイトでめちゃくちゃに言うケースもある為、検索させないようにしているのです。このような感じで画像で社名を書いているような所はあり、注意が必要です。

 

デザインが幼稚なホームページ

 

 

転職する際に気づきやすい一番のケースは、ホームページなどのデザインが陳腐な場合です。通常であれば会社の名刺代わりになるのですから、そこには投資をしてしっかりとしたホームページを作るのが通常です。

 

 

幾らインターネットを使っている商売じゃないとしても、あまりにも陳腐なホームページや無料ブログを使っているような会社であれば、ブラックの可能性が非常に多いです。

 

 

企業の顔である公式サイトのデザインがダメな場合、そこに人件費をかけることが出来ないということになりますので、資金面や社内組織に何らかの問題があると言うのは簡単に予想出来るのではないでしょうか?

 

 

お金をかければいいというわけではありませんが、やはりその様な部分を意識しているのかどうか?という事は大事です。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

自社の説明をしない会社、説明をしても曖昧な会社

 

 

例えば転職の面接担当者であれば、

 

  • 会社の事業内容
  • 会社の仕事の内容や業務内容
  • 職場の勤務条件について
  • 職場の優遇、福利厚生について
  • 会社の売上高について
  • 会社の社員数について
  • その会社の離職率について
  • 平均勤続年数について

 

このような事は一般常識として知っています。転職者というのは、転職エージェントなどを通じて色々な情報を仕入れていますので、転職者が質問するケースを想定している為、しっかりと自社の事を相手に伝えなければいけないからです。

 

 

しかし、ブラック企業の場合、社内体制が整っていないケースが多く、転職の面接官にしてもそのとき手が空いていると言うような感じで、適当な人事で面接をしているケースが多いです。

 

 

その他にも、情報を知らないという事は、

 

  • 社内の情報共有のリテラシー不足
  • 採用担当者が決まっていないので色々な事を知らない
  • 突っ込まれて調べられたくない為、あえて教えない

 

このようなケースが考えられます。

 

 

例えば転職先で、残業なら月何時間なのか?有給なら消化率何%なのか?等々、面接担当者であれば絶対しているような事をしっかりと聞き出すことをお勧めします。

 

面接が簡単すぎる

 

 

一般的に正社員の生涯賃金は約2億円以上と言われています。人材採用というのはどのような企業に於いても、キャンセルする事が出来ない高い買い物というのが一般的です。つまり幾ら面接を行っているような企業においても、転職の人材というのは慎重に選びたいものです。

 

 

その様な背景があるにも関わらず、少しの時間で数分話しただけであっさりと内定が決まるような会社は一生働くはずがないという前提での募集と考えても良いといえるでしょう。

 

 

また、次の選考や内定承諾を急がされるような企業も要注意です。これはほかの所に転職の目を向けさせない為の常套手段となります。

 

 

幾ら急いでいるとは言っても、通常は1週間〜10日くらいは待ってるはずです。それを来週から来て欲しいとか、明日から来てくれと言うような感じで急かすような場合は、ブラック企業のケースであることが多いです。

 

 

これは、あとで転職希望者が色々な口コミを見て辞退する事を避ける為、考えさせる時間を減らせるという目的があります。

 

 

入社日が近くになっても連絡がないと言うようなケースも転職先企業のマネジメント不足が考えられる為、辞退する方法をお勧めします。気配りの足りない事から起こる転職者へのも入るです。

 

 

催促をしなければ連絡がなかったり、入社前の連絡が不十分な企業というのは、組織マネジメント自体が機能していないと言うようなケースも多く、気配りも足りていないと言う事になります。

 

その他の見るべきポイントはどのような所か?

 

例えば20代中心の若い企業という風な事を自慢しているような企業は、経験の少ない社員が上に立つという事で、判断や対処が出来ずにいるケースも高く、またそれだけ長い年月働いている人が少ないという部分で、何らかの問題があると考えることが出来るでしょう。

 

 

また入社のハードルを低くしているところだったり、入社のハードルが低いという部分を自慢しているような会社も要注意です。中途採用する場合は、通常であれば即戦力を求めるものです。

 

 

しかしあえて即戦力の部分の訴求をせず「入りやすさ」という部分をアピールしている場合は、人が集まらない企業であるという確率が非常に高いです。

 

 

また、社名や親企業などが頻繁に変わると言うようなケースも注意が必要です。これは、都合が悪いときによく使われる手口であり、数年に一度ぐらいのペースで社名変更や業態転換を行っているような会社の場合、色々なリスクが考えられる為注意を必要とします。

 

 

このようなブラック企業に引っかからないためにも、転職エージェントなのでしっかりと情報を集め、間違いのない転職先を選ぶ必要があるでしょう。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
ブラック業界の中のホワイト企業の探し方、ホワイトの会社はあるのか?
ブラック業界と言われている業界はありますが、その中でもしっかりとしたホワイト企業はあります。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業で働いている人間はなぜ辞めないのか?過労死寸前まで行っているのに辞めない理由について考える
転職を考える理由としては、ブラック企業で働いてきたからと言うのがあります。ブラック企業と分かっていながらも、なぜみんな何でも働くのか?
ブラック企業について|ハードワーク=ブラックは正しい解釈?
ブラック企業の定義とはどういったものでしょうか?ブラック企業についての考え方です。