スポンサードリンク

ブラック企業の概念について|何を持ってブラック企業というのか?

こんにちは。転職活動かんばっていますか?転職を希望している方の多くは、今の会社が自分の能力を認めてくれていないとか、或いは労働時間が長いとか労働賃金が低いと言う様な不満があるのは間違いないと思います。

 

 

一般的にブラック企業と言われている会社だったり、ブラック業界と呼ばれているようなところは、何をもってブラックと言うのでしょうか?果たして仕事がきついから、時間が長いからでしょうか?その様な会社をすべてブラックと決め付けるのは正しい考え方なのでしょうか?

 

 

今は普通の企業というのはもはや貴重な存在と言われるくらい、人材不足によって労働時間が長いのが現状です。一昔前は勤務時間は原則8時間であり、給料+残業代がしっかりと払われていて、将来の安定も確実に約束されていた終身雇用制が当たり前でした。

 

 

週40時間の休日があるのが当たり前であり、一日原則8時間で家族との時間もしっかりと取れるのが以前の会社員の姿でした。

 

 

しかし現在の色々な会社の状況を見ると、このような考え方では会社自体も探すことが出来ないというのが分かると思います。今では、月80時間以上の残業がブラックと認定されなくなっています。

 

 

企業の一般認識として、残業時間が100時間から120時間というのがブラック企業という状態になっています。つまり残業時間は100時間から120時間という部分において、頑張っている人間、通常の社員には当たり前という認識があると言うことを覚えておかなければいけません。

 

 

またみなし残業の悪用を行っている企業もあると聞きます。みなし残業そのものは悪いものではないという認識ですが、事務職などにも適用されてしまうケースもあるそうです。

 

 

さらに今までは終身雇用が当たり前になっていた企業ですが、今大企業すら未来が見えない状態です。シャープの買収や東芝の危機的状況などを考えた場合、いきなり条件が悪くなったり、或いは早期退職を迫られたり等、予期せぬことが起こるのが今の現状となります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

ブラック企業を回避出来る打開策はあるのか?

 

つまり、今の働いている会社の状態がブラックに近いと思っていても、全体的な会社の状態がこのようになっている部分で、幾ら他の会社に移っても結局ブラックという部分はぬぐえないケースもあると言う事です。

 

 

週休2日で残業なし、福利厚生もしっかりしているとかその様な状況になるケースというのは、今の現状では難しいというのが一般的な考えなのかもしれません。このような状態で転職をする場合、どのような打開策があるのでしょうか?

 

 

例えば一日残業がしっかりあるような会社であれば、ブラック企業と決め付けるのではなく、他の条件と組み合わせで考えてみた場合、働く価値があるのか?という所を再考する事が出来ると言う事です。

 

 

パワハラやセクハラ、違法行為など、明らかにブラック企業というのであればその様な会社には考える余地はありませんが、基本的に日本の会社自体がこのような状態に成っている限り、ハードワーク=ブラックという考えは捨てたほうがいいかもしれません。

 

 

例えばハードワークや給料が薄いケースの場合、スキルアップが出来るのか?或いは残業する事で給料がアップするのか?などなど、自分がトレードオフとして納得出来る部分があるのかどうか?というところが大事になってくるわけです。

 

 

何をもってブラックと考えるのか?という所は、自分自身の見方一つですべてが変わるわけで、仕事がきついからブラックであるという考えは捨てるべきという事です。

 

ブラック企業の特徴について

 

では転職の際に避けるべきブラック企業というのも存在しますので、どのような部分に注意するのかを考えてみましょう。

 

 

転職エージェントなどを使ってしっかりと転職をする事で、基本的にブラック企業は排除する事が可能なのですが、企業に接する前にもブラック企業の見分け方というのが存在します。

 

 

自分は引っかからないと思っていても、色々な甘い言葉で誘ってくるのがブラック企業の特徴ですので、しっかりと甘い言葉に惑わされない心が大事です。

 

  • 社員数に対して求人数が多い
  • いつ見ても求人広告が載っている
  • 社風のよさばかりを強調している

 

このような場合は、ブラック企業のケースが多いと言われています。社員数に対して求人数が多いという事は、退職する人が多いと言う事を表しています。

 

 

一般的に、転職などの場合採用人数が全社員数の3割を超えると危険と言われています。このような会社に入ると、社員管理の欠落が起こります。社員数と新規雇用数のバランスが悪くなってくれば、社員1人当たりの仕事のフォローや、マネジメント管理が上手くいかなくなる為、自分自身の成長が出来なくなります。

 

 

転職後に自分自身にしわ寄せが来るケースもある為、慎重にみる必要があるでしょう。

 

 

またいつ見ても求人情報が載っている所も危険です。常に人手不足には何らかの原因があると言うことを覚えておく必要があります。その様な会社に限って「急募」「業績好調」などと、転職者や求職者の目を引く甘い言葉がある為注意が必要です。

 

 

また社風のよさばかりを訴求している所も注意が必要です。社員の仲よしアピールというのは中身のない企業の証拠と言われています。求人広告の企業説明を見るとガッツポーズをしている社員などもよく見かけますが、その様な会社は注意が必要です。

 

 

自分の会社のコンセプトや、自社製品やこだわり、サービスについての自信のなさの表れと言われています。本当であれば自分の会社の商品を見せたり、自社の強みを見せるというのが当たり前ですが、その様な部分しか見せることがないという事が危険です。

 

転職エージェントをしっかりと利用しよう

 

やはり注意をしていても、1人で色々と情報を集めるのには限界があると思います。ほとんどの方は仕事をしながら新しい職場を探しているのではないでしょうか?

 

 

当サイトでお勧めしている転職エージェントなどを利用すれば、あなたの代わりになってエージェントがあなたに合った企業を紹介してくれます。また転職すべきではない所や、企業の外してはいけないところもしっかりと教えてくれる為、安心して面接を受けることが可能です。

 

 

特に30代や40代の方の転職の場合であれば、今回の転職というのはラストチャンスというくらいの勢いでしょう。ですので、このような際にブラック企業に引っかからないようにする事が大事です。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
ブラック業界の中のホワイト企業の探し方、ホワイトの会社はあるのか?
ブラック業界と言われている業界はありますが、その中でもしっかりとしたホワイト企業はあります。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業で働いている人間はなぜ辞めないのか?過労死寸前まで行っているのに辞めない理由について考える
転職を考える理由としては、ブラック企業で働いてきたからと言うのがあります。ブラック企業と分かっていながらも、なぜみんな何でも働くのか?
ブラック企業あるある|ブラック企業が求人の際に使う手口
ブラック企業あるある、ブラック企業は言葉巧みに求人情報を行います。ですので、そういった言葉に惑わされない様にする必要があります。
ブラック企業あるある、休暇、有給中に社用の電話がなりやまない
休みを取っているにもかかわらず、電話をガンガンかけてくる会社があると思いますが、この様なケースではどういった解決法があると思いますか?