スポンサードリンク

相手の気持ちを汲み取るチカラが必要

こんにちは。転職活動かんばっていますか?転職の際に最も重要と考えられているのは志望動機や自己PRを書く欄です。表面的な部分よりも、転職側の雇う方の気持ちを考える力が求められる部分となります。

 

 

転職先がどのような事を求めているのか?をしっかりと考えて先回りして答えてあげるような書き方をする方が良いでしょう。転職しようとしている企業が求めていないような自己PRを書いたとしても、逆にデメリットしかありませんので注意が必要です。

 

 

まず大事な事は、転職をしたいというのが「その業界」ではなく「その企業や転職先の会社だから」という部分をしっかりと書くことです。企業に対する興味の関心度合いという部分をしっかりとアピール出来るか?が大事であり、業界よりもなぜその企業を選んだのか?という部分を転職先は重要視します。

 

 

そして、その企業を選んだという大前提の中で、なぜこの企業を選んだのか?という部分をしっかりと整理出来ているか?と言う所も非常に大事です。なぜこの仕事がいいのか?志望部署も明確に相手に伝える事が出来るかどうか?という所が明確なのかが大事です。

 

 

そして、単純に働きたいと思っているのは本心かもしれませんが、転職企業側からしてみれば解決したいと思っている転職者を優先したいのは間違いありません。

 

 

過去のスキルや経験、また前職で得た知識などをしっかりと問題解決に使うことが出来るのか?このような部分を転職先はしっかりと確認しているのです。課題を解決してくれる人材も転職先では求めているのは言うまでもありません。

 

 

志望動機や自己PRに力を入れるというのは当たり前の事ですし、ライバルも当然その様な対策を練っています。

 

 

準備した自己PR分を使い回すのではなく、応募企業が求める人物像や点応募職種の業務内容に適したアピールが出来ているのか?という部分が大事です。

 

 

また自分の業績などもしっかりとアピールする必要があるのですが、やはり実績のアピールをする時はより具体的な数値で表現するのが一般的です。

 

 

「○○を改善した」「○○のプロジェクトを成功した」と言うふうな、具体的な名前を挙げるのはもちろんですが、実際の数値もしっかりと入れる事が大事です。

 

 

「○○パーセンテージの売上アップに貢献した」という風な感じで、しっかりと数字が分かるようにするのが大事です。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

Google も採用しているといわれる『STAR面接』とは?

 

面接は基本的には面接官も人間ですので、最後は笑顔とか受け答えとか、ちょっとした顔の表情という部分を加味されるのは間違いありません。

 

 

しかし、面接のセオリーという部分もしっかりと感じておく必要があります。 Google も採用していると言われる新しい面接手法をご存知でしょうか?

 

 

企業の面接で、通常の面接の手法の仕方では応募者の資格や能力がわかりにくいというところがあり、『STAR面接』と呼ばれる行動面接手法が主流になっていると言わています。この面接手法というのは Google も採用しており、企業が面接の際に求職者の過去の行動の特性を聞き出すことで、転職先での将来の行動パターンを予測することが出来ると言われています。

 

 

この『STAR面接』と呼ばれる面接で聞かれた場合、通常の面接よりも対応が難しいと言われている為、この手法で面接されると言う事を想定して準備をしておく必要があると言われています。転職エージェントなどではもちろん面接の方法も指導してくれるのですが、『STAR面接』に対応したやり方で覚えておく必要があるでしょう。

 

 

『STAR面接』と言うのについて詳しく言うと

 

「 S 」はシチュエーションです。そのプロジェクトの経験でどのような状態だったのか?というところになります。これまでの職場での環境や、与えられたプロジェクトなど、具体的な職務内容の状況を詳しく説明出来るかどうか?が重要なポイントです。

 

 

だらだらと自分の過去を話すのではなく、短くシンプルになおかつしっかりと自分の有利な部分を言えるかどうかがポイントです。

 

 

「 T」はタスクです。そのプロジェクトで何を担当したのか?という経験した職務について尋ねられることです。状況に応じてどのようなタスクだったのか、またどのような職務内容だったのか?実際に自分がその中で何を担当したのか?という部分を詳しく説明する場面となります。

 

 

どのようなプロジェクトに何年間携わっていたのか?と言う様な転職者の行動の特性や、思考の特性を見抜こうとする質問となります。

 

 

「 A 」はアクションです。

 

 

あなた自身がそのプロジェクトでどのような事を行動したのか?という事を問うような質問になります。担当したプロジェクトに対して、転職を希望しているモノがあった行動を説明すると言うのが面接の場面となります。

 

 

例えプロジェクトを会社単位で行ったとしても、実際に転職者がどのような立ち回りを取ったのかという部分をしっかりと伝えて話すことが大事です。

 

 

最後の「R」はリザルトです。つまりそのプロジェクトでどのような結果を導いたのか?という部分を問う場面になります。何を達成したのか?何をそのプロジェクトで習得したのか?プロジェクトの課題に対して対処した結果や、自分自身の成果について具体的事例を説明する場面となります。

 

 

このように今では特殊な面接の質問の仕方があると言うことをしっかりと覚えておくことが大事です。転職エージェントのではこのような面接の仕方もしっかりと教えてくれますので、不安がある方は登録しておくことをお勧めします。

 

面接官が嫌がることは絶対にしない。

 

私たちがついつい意識しないときについついやってしまう行動として、腕組み言うしたりうつむいたりという事があります。これは面接官が一番嫌がることですので、転職の際の面接では絶対にしないように意識する事が大事です。

 

 

腕組みをしたり足を組んだりする事は、面接では相手の嫌がるNGの行動の代表的なものになります。しっかりと面接官の目を見て、きびきびとした行動をとることが大事です。

 

 

またうつむいている姿勢というのもマイナスの印象を与えます。ぼそぼそと何を言っているのか分からないと言うような感じであれば、面接官の印象も悪い為しっかりと意識する必要があるでしょう。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の有効的な自己PR欄の書き方について
有効的な自己PRの書き方があるのをご存知でしょうか?30代、40代の方だからこそ出来る書き方があります。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。
30代、40代の転職|仕事のやり方についての質問をされた時の回答
面接で仕事のやり方について質問された時の回答の仕方について。どういった答え方がベスト?