スポンサードリンク

転職を優位にする心構え

転職活動は何も考えずにいきなり求人情報を調べて探したとしても、ほとんどが良い結果になる事はないと言われています。特に第2新卒者とかの若手以外、つまり30代や40代などのキャリア組と言われている年代の転職というのは、やはりコツがあり1人で勝手に取り組んでも良い結果にならない方が多いと言われています。

 

 

そこで転職活動を優位に進めるため、どのような部分に注意していのか?という所を書いていきたいと思います。

 

伸びる企業を知ること

 

 

まず転職先がつぶれるというのは避けたいところ。幾ら給与の面でプラスであったとしても、結果的に先が見えないような企業に就職するのは結果的にキャリアにとってマイナスになるでしょう。

 

 

逆に言えば、転職時の条件が悪いとしても、成長の伸びしろが大きいような企業であれば、これからキャリアを積むにつれて給与もアップする可能性もあります。

 

 

個人能力が幾ら高くても、企業に利益がない場合は昇給は当然難しいです。どのくらいスキルがあったとか、どのくらい前職でキャリアがあったと言うような事が自慢であったとしても、転職先で利益をもたらすことが出来なければ全く意味がないのです。

 

 

肝心な事は企業が今後大きな成長が望めるかどうか?というところです。市場規模が縮小傾向に会ったりする場合、今後今以上の成果を上げることが難しくなるため、当然給与の部分にも跳ね返ってきます。

 

 

例えば人材やノウハウ、市場のシェアなどもまとめて調達出来るM&Aを繰り返しているような企業は、企業規模がさらに拡大する可能性もあります。このような部分をしっかりと把握して転職先を決めると良いと思います。

 

 

1人で判断するのは難しいと思いますので、当サイトがお勧めしているような転職エージェントなどを使って、常に情報を収集するという気持ちを持っておくようにしましょう。

 

職種別に攻略を習得する

 

 

転職先の欲しがるスキルを理解して、どのようなスキルが求められているかを感じ取ることが転職には必要だと言わています。同じ職種でも個人のスキルによって成果や報酬という部分に対して大きく差が出ることも珍しくないです。

 

 

採用側からすれば、転職者が処世スキルを持ち合わせているかどうかというところが必要になっています。転職希望者としては、採用で重視されるポイントを押さえておくだけで、どのようなモノが求められているかと言うのがわかり、アピールポイントもわかってくるはずです。

 

 

同じ業界でも伸びる企業と、沈む企業があるように相手がどのようなモノを求めている顔も知ることは非常に重要となっています。

 

 

例えば金融や専門職の場合、ビットコインなどについてしておくとか、スマホのかんたん決済などこのような今の状況に合わせた対応が出来るかどうかも重要な事です。

 

 

金融や会計知識はもちろんの事ですが、最新のサービスの動向についてしているかという所が転職先が求めている部分だと思います。

 

 

またITの転職においては、技術の進化が非常に激しい世界ですので、多くのプログラミング言語に対応するなど、転職者側の継続学習能力というものが問われます。

 

 

企業や営業については、SNSを利用した営業なども出来るかどうかという部分が大事です。根強く残っているとは言っても、足で稼ぐ飛び込み営業やテレホンアポイントメントは激減しているため、ITを使った営業が出来るかどうかと言うのが転職先では必要な条件となる事が多いです。

 

自分自身が絶対に譲れない条件を決めておくこと

 

 

最近は転職エージェントを使った有利な転職が主流ですが、やはり自分自身が譲れない部分と言う事を転職エージェント側に伝えている転職者が良い転職をしていると言わています。

 

 

そもそもなんで自分自身が転職するのか?という部分をしっかりと理解しておく必要があります。転職理由が曖昧であれば、転職探しの優先順位が定まらす、ミスマッチに陥り、結果的には転職しなければよかった…という風な状態になります。

 

 

  • 転職先のネームバリューに騙されない
  • 目先の給料などに飛びつかない
  • 受かりやすさで安易に転職先を選ばない
  • 残業があるところを選ばない
  • 通勤時間が長いところを選ばない

 

などなど、自分が絶対に譲れない所をしっかりと決めておく必要があります。どこで妥協をするのか?トレードオフのポイントはどこなのか?と言う様なところをしっかりと自分自身の頭の中に入れておくと、転職エージェントを使って有利に転職する事が出来ると思います。

 

お宝の会社を探す|ブラック業界のホワイト企業が狙い目

 

 

過酷なイメージが先行して、どうしても二の足を踏んでしまうような業界があると思います。例えばIT業界、飲食業を、介護などの業界は、ブラック企業が多く、一般的にブラック業界と言う認識があると思います。

 

 

しかしこのような労働条件が厳しいブラック業界であっても、ホワイト企業というものは存在するのは間違いありません。

 

 

むしろ多くの人材が避けているため、他業界や他職種と比べて競争率が低かったり、待遇と比べた時に募集条件や年齢条件というものが緩かったりすると言うのも普通にあります。

 

 

ホワイト企業の見方としては

 

  • 人事制度がしっかり明確にわかりやすいようにしている
  • コンプライアンスに厳しい
  • ワークライフバランスに配慮している

 

等を見ればいいと思います。

 

 

転職エージェントを使えば、このような条件の会社の選んでくれるのでお勧めします。

 

転職ツールをしっかりと利用する

 

 

転職の一番の問題は、今の収入を確保しながら次の有利の転職先を探すという部分だと思います。自分で実際に足を運んで色々と動くことも必要だと思いますが、基本的に仕事をしながらであれば無理な状態です。

 

 

転職サイトの利用者が多いですが、法律上年齢制限がかけなかったり、業務内容や定員数が分からないと言う様なこともあり、転職エージェントそれぞれで求人情報が異なるため、色々な転職エージェントに登録する事で、独自の就職状況や転職先を教えてもらえることが出来ます。

 

 

ハローワークなどに足を運んで就職先を見つけたり、転職先を条件の良いものを探したりするのは昔の話です。今では有利に転職先を見つけるためには、絶対に転職エージェントは不可欠な条件だといえるでしょう。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職エージェントのメリットについて
30代、40代が転職をする際、転職エージェントに登録することは必須です。メリットについて書いています。
転職エージェントのデメリットについて
転職エージェントに登録するデメリットはあるのか?いいことばかりではない??
転職エージェントが無料の理由と、求人サイトとの違い
なぜ私たちは転職エージェントを無料で利用することが出来るのでしょうか?その仕組みと通常の求人サイトとの違いについて説明します。
転職エージェントは誰でも登録出来る訳ではない|拒否される理由
実は転職エージェントというは誰でも合格する、というわけではありません
転職エージェントが非公開求人が多い理由を教えます!
魅力的な『非公開求人』が転職エージェントには沢山。でも、キャリア豊富な人に知って欲しい求人が、なんで非公開求人なんでしょうか?
複数登録が基本!理由と選び方
転職エージェントの登録は複数が基本です。その理由と選び方について。
時間が無いのはライバルも一緒!転職では情報戦、価値のある情報を入手
時間がないのはライバルも同じです。多少の出費は惜しまず情報収集をすることは、かなりのメリットとなります。