スポンサードリンク

転職市場の今と昔について

転職市場は、終身雇用制度の崩壊や、労働人口の減少を背景に大きく変わってきていると言わています。今まででは重宝されていたスキルが、今では全く役に立たないと言うようなケースも多々あり、40代や50代の転職者が増えている一方で、狙っている企業へ転職出来ないと言う様な高齢者の転職希望者も多いようです。

 

 

特定の領域に特化しているスペシャリストの事を『I型能力』といいます。『I型能力』というのは、今までは製造業などに於いて重宝されていました。特定の領域に特化しているスペシャリストがもてはやされていた時代とは違い、今では色々なスキルが求められているような状態になっています。

 

 

近年に求められている人材というのは、『T型能力』と呼ばれている人材となっているようです。幅広い想像力や統治力が求められていると言う傾向が強まっていて、協調性や統治力が重要視されているようです。

 

 

上司や同僚の日々のコミュニケーションが取れたり、異分野との融合によるシナジー効果を期待している企業も多く、色々なことが薄く出来るという部分も転職社員は求められている事だと言わています。

 

特定のスキルだけでなく色々な部分を網羅する力

 

雇用環境や就労環境がどのように変化したのかを見るのは、2000年を境に便宜上にビフォーアフターするのはわかりやすいと言われています。改善されたと言うようなモノではなく、働き方の環境が変わった部分を見るのに適していると言わています。

 

 

給料が自動的に上がっていくという風潮が薄れており、同じ企業内でどういったキャリアを積んでいくのか?自分の市場価値を見据えていきながら、それぞれスキルアップを意識する働き方が根づいている時だけています。

 

 

当然キャリアアップをする、意識していく事は、いずれ転職を視野に入れた時に非常に有利な状況で転職出来るともいえるでしょう。

 

 

とは言ってもそれは職務専門性だけを追求すると言うような事ではなく、色々な部分でも環境の変化に対応出来る柔軟力を求められているトモ言われています。

 

 

当然の事ですが、特定領域についてのスキルは非常に大事です。しかしこれから重宝されるのは『T型能力』と呼ばれている、どのような部分も対応出来る柔軟性です。

 

 

技術を持った専門職の人間や、職場の同僚や上司とのコミュニケーションをしっかり取れて、また色々な部分を監督する事が出来るマネージャー能力なども非常に企業では必要とされています。

 

 

転職活動がスタンダードになった最近では、今まで積み上げてきているスキルを応用するだけではなく、新たに習得する色々なスキルも求められています。転職活動をする前にも今市場で求められているスキルについても感じておくことが大事だといえるでしょう。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

年代別の転職状況のビフォーアフター

 

ざっくりと2000年を境に色々な環境が変化したと言わています。年代別にどのような状況があったのでしょうか?

 

 

ここで言うビフォーアフターはそれぞれ以下のようなモノとなります。

 

  • ビフォー:バブルの時代から1990年代の間
  • アフター:2000年以降の市場

 

20代の転職のビフォーアフター

 

 

20代というのは第2新卒とも言われている年代であり、20代の前半と、20代の後半に於いても転職の求人率は大きく変化する為、一概に20代というくくりでは判断出来ない部分もあるかもしれません。

 

 

ビフォーの時代では、人間性やスキルゼロの採用をしており、経営幹部候補として大学名や、ブランド力などから、長期スパンでの人材育成が主でした。

 

 

企業側は経営幹部候補の新卒大量採用をしており、求職者は後から現場で覚えながらキャリアアップをしていくと言うような状態でした。スキルアップよりも社内の花形部署への異動を夢見るケースで求職者の方も動いていたと言わています。

 

 

しかしアフターの時代に於いては、細かな配属先は入社後の決定であったとしても、大まかな職務別の採用もだんだんと定着している環境になっていると言わています。

 

 

若年時であっても、関係によっては裁量権が与えられていて色々なモノに対しての挑戦するチャンスがある会社もあるのが現状です。

 

 

求職者自体も、

 

  • その企業でどのようなスキルを習得する事が出来るのか?
  • 何のための仕事なのか?
  • 転職選定のキャリアパスを想定している
  • 働く動機づけのためのスキルアップ

 

このような状態で仕事をしていると言わています。

 

30代の転職者、求職者のビフォーアフター

 

 

30代の場合、ビフォーの終身雇用が前提の時代に於いては、30代の場合は配置転換が非常に多く、キャリアの積み上げが困難でした。終身雇用ですので、色々な武将のたらいまわしにされ、結果的にスキルの積み上げが出来ないのが現状でした。

 

 

企業側も就職している側も「一生この会社で働く」という気持ちで取り組んでいたため、キャリアアップと言うよりも配置転換がメインの状態でした。

 

 

キャリアアップなのは考える必要というものがなかったため、働いている側もそれに応じているような状態でした。

 

 

しかしアフターの今の時代においては、継続しスキルを更新していく事が不可欠となっています。スキル持ち運びの転職が大前提になっており、特に30代後半になってくれば特定のスキルがなければ転職の条件も不利になっていくため、結果的には転職が失敗するケースが多い状態になります。

 

 

まだ30代の中頃から、30代の後半にかけては、色々なマネジメント能力も必要となり、スキル以上に職場で上手くやっていけるかどうか?という部分も大事になってきます。

 

40代、50代の求職者、転職者のビフォーアフター

 

 

終身雇用自体のビフォーの時代は、40代と50代というのは、中間管理でスキルが育たなかったり、各社世代で窓際族と呼ばれたキャリアアップに敗れた人材と、キャリアを積んで役職を持った人間の二極化の状態になっていたと言わています。

 

 

40代の場合は、中間管理でスキルが全く育ちません。職務専門性という観点では、40代の段階である程度の実績がなければ転職は非常に難しい年代といえるでしょう。

 

 

また中間管理職として板挟みの状態になり、残業代もなかったりとか、サービス残業もやらないとダメな空気になったり、上層部と若手プレーヤーとの間で板挟みでストレスが貯まる年代でもあります。

 

 

また50代の場合は、役職のポストは限られているため、一部はリストラをされたり、窓際族と呼ばれる格差が広がる待遇になっています。この状態から転職をするというのは非常にリスクがあり、今の環境に甘んじて定年を迎えるという男性が多かったと言わています。

 

 

しかしアフターの状態では、40代の場合は管理職の転職も定着している状態出あり、マネジメント実務が中止されておりマネージャ候補の人材雇用も活発になっています。

 

 

円滑なコミュニケーション能力だったり、外国語を話せたりというような方であれば、転職市場で圧倒的優位な条件で働く事が出来るともいえるでしょう。

 

 

また50代の場合は、今は働き方の多様化が出来ています。例えばキャリアを生かした

 

  • 委託業務
  • コンサルタントビジネス
  • 副業

 

このようなポジティブな職務応用が可能となっています。また今までのキャリアをブログにまとめインターネットで公開もして、広告収入を得るようなやり方も今らしい生き方だと言わています。

 

 

前向きな退職や、前向きな転職が定着しているので、今までのように定年を細々とまつと言う様な仕事の仕方が減っているといわれています。

 

今は転職しやすい環境になっている

 

今までであれば買い手有利な市場であったため、年齢が若ければいい転職がありましたが、30代や40代50代の転職は基本的に無理な状態でした。

 

 

しかし、年代においてそれぞれの特徴を活かす環境が整っている現在、様々な働き方や、様々な生き方が選択出来る状態になっているといえます。もちろん自分自身の事を判断するのは難しいでしょう。

 

 

転職をしたいと思っても、今現在家族やローンを抱えている方であれば、仕事をしながら自分のキャリアを活かすような職場を探すのも難しいかもしれません。

 

 

このような場合は転職エージェント等を使って、しっかりと自分に合った転職先、また自分のキャリアを十分に加味してくれる転職先を見つけるのが一番です。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
転職の際の妥協しないコツ。妥協しない条件設定で転職後に後悔しない
転職の為の下準備が必要です。条件設定の為に必要な事。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
40代の転職は即戦力アピールか会社への忠誠心を見せる事が大事
30代よりも圧倒的に不利な転職市場の40代ですが、企業が求める40代についてしっかりと理解する事が大事です。企業が求める40代の転職者について。
30代、40代だから転職の際に制約事項をしっかりと確認する
親の介護、子供の学校等ロケーションの面でも、転職の際に足かせになる可能性もあるので注意が必要です。
30代、40代の転職活動には自己投資をする|見た目等が大事
30代、40代の転職は、ただでさえ若い人に比べて不利です。自己投資をしっかりとする必要があります。
30代、40代の転職で異業種や異職種へ転職出来るのか?
30代、40代の転職活動において、異業種や異職種に転職する事は出来るのでしょうか?現実的には厳しい状況であると言えるでしょう。
30代、40代の転職の際、これはヤッてはダメな表現方法とは?
30代や40代の方であれば、やって良いことと悪いことをしっかりと区別して表現する必要があります。
30代、40代、転職回数が多い場合の効果的な職歴の書き方
転職回数が多い場合、それを効果的に見せる事が出来るのか?30代、40代の男性であれば知る必要があると思います。