スポンサードリンク

転職市場は売り手の有利な状況

こんにちは。転職活動かんばっていますか?いつもありがとうございます。「今よりもいいところで働きたい」今の環境はどうしても自分の実力を発揮出来ていない気がする…などから転職をしたいと思っている方は多いと思います。

 

 

少子高齢化の影響や、労働人口が急減している現状では、転職業界も売り手側が有利と言われています。労働人口が増えていたのは、団塊ジュニア世代が新卒者として採用される1990年代前半までと言われており、少子高齢化が進んでいる最近では、65歳以上の世代が増えていく一方で、15歳から64歳までの人口が急激に減っている状態になっています。

 

 

つまり、求職者にとっては、転職するチャンスがかなり高いとも言われており、労働人口不足が顕著になっていくと言う一方で、企業の人材獲得競争というのが以前にも増して増えてしていくだろうという考えが持たれています。

 

 

このような時代背景があるため、転職市場としては空前の売り手市場であると2017年の今でも言われているようです。求職者は強気で自分の長所を認めてくれる会社を探す一方、求人企業は人材が不足しているため、弱気の状態が続いていると言わています。

 

 

リーマンショック時に一旦落ち込んな有効求人倍率は、そのあと持ち直して今までの水準以上の求職者有利市場になっていると言わています。つまり働く人が主導権を握る時代に突入しているとも言われているため、自分自身の長所をしっかりと出す、また自分の長所が生かせる転職を探すことが出来ると考えられのではないでしょうか。

 

働き方の多様性が広がる一方で、企業との相性も必要になってくる

 

働き方の多様化と言う言葉がよく転職雑誌などで言われていますが、これは労働人口の減少等ともに、ライフスタイルを中止して、働き手が自分の価値観に合わせた雇用形態や労働環境を強く求めている状態であり、求職者が強気であるため、また転職の際に自分の条件を強気に伝える事が出来るため、主導権が企業から労働者にシフトしている状態になっていると言わています。

 

 

また今現状の仕事では、自分の実力が収入にみあっていないと言う様な事を思うに人を多くなっており、転職市場も積極的に30代後半からでも動いている転職希望所も多いようです。

 

 

このような時代背景があるため、企業と転職希望者、労働者との相性が今までよりも重んじられ、重要になっている傾向にあり、優先順位や計画性のない転職の場合は、かえってミスマッチになって転職をした事がかえって失敗に繋がると言うようなケースも多いようです。

 

売り手市場と言っても、適当に転職をしたりとか、「今よりも良い条件で転職出来るかもしれない…」というような適当な考え方では絶対に転職がなく行かないともいえるでしょう。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

売り手市場であっても転職が安心出来ない理由について

 

老舗企業の倒産が増えている現在、企業との相性に加えて、「そもそも求めている転職先の会社自体が今から行き残れるか?」という区分も重要な転職先を選ぶ基準になるのではないでしょうか?

 

 

つまり働いている人間としては、1社にとどまっておくという気持ちではなく、転職を前提に会社で働き、自分の実力をしっかりと判断してくれる会社を探すことが大事になってくるといえます。

 

 

転職する側が優位な状態というのは間違いありませんが、

 

  • 企業の存続年数が短くなっている
  • スキルによって市場価値に格差が生まれている

 

と言う様な状態から、転職をする人間がすべて良い転職が出来るとは限りません。転職エージェントなどを使って自分の市場価値をしっかりと判断してもらって、最大限に自分の実力を発揮出来る転職先を探すのも有効な手段ではないでしょうか?

 

 

売り手市場が優位であっても、すべての転職希望者がハッピーであるというのは間違いです。売り手市場だからといって一筋縄ではいかない状態が続いています。

 

 

今まで以上にIT環境が整っている招待、ある種、時間や場所に束縛されないような自宅勤務が可能になったり、男性でも時短勤務で育児に積極的に参加したり出来るような業務形態など、働き方に関して構造的な変化が起こっている状態になっています。

 

 

労働力の主導権が、だんだん個人にシフトしているため、会社が転職希望者や、求職者のライフワークや生活上の制約に寄り添っていると言うような時代が来ているともいわれています。

 

 

つまり、それぞれの価値感が重視される時代、転職希望者の価値感が重視されると言う事で、転職活動での企業選びというのはますます慎重になり、重要になってきていると言わています。

 

 

今までのように終身雇用という神話が崩れ、1社に長く勤める風潮は今までよりも薄れており、専用スキルや経歴について問われる機会も必然的に吹いている状態になっているといえるでしょう。

 

 

自分の市場価値を常に意識しておく必要があるといえます。有効求人倍率は企業側の採用意欲と、転職希望者からの人気のバランスとなっています。つまり必ずしも現状の人材不足や、市場価値が反映されているとは限りません。

 

 

圧倒的にインターネット専門職が有効求人倍率が高く、職種によっては10倍以上の差がついているケースも多いです。これは企業側の採用意欲の差を把握する指標ともなり、自分のスキルと企業が求めている人材という部分を把握するには適しているといえるでしょう。

 

全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


関東以外、関西とか地方など全国に於いて今の仕事からの転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。



ですから、年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。



大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。



非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

営業職から経理、畑違いの業種への転職は可能なのか?
営業があまり得意ではない、、という男性が、経理の業種へつきたい、、と思っている場合、転職は可能でしょうか?
フリーターから正社員にはなれる?職業履歴(職歴)なしでもアルバイトをしていれば十分に可能
ずっとフリーターをしていて、ぼちぼち落ち着きたいなと思ったとき、正社員にはなれるのでしょうか?
転職先が決まっていない時、退職後色々と準備が必要です。
転職をする場合、前の会社を辞めたとしばらく時間があったりとか、逆に転職先を決めていないのに退職すると言うようなケースもあると思います.色々な注意点について書いています。
鬱病になりやすいと言われるフリーランスと呼ばれる働き方について
インターネットの普及によって、自分自身の時間を持って、自分の好きなクライアントとのみ商売するというフリーランスが注目されています。しかしフリーランスは孤独感との戦いで、精神的に弱い人はかなり廃るようです。
転職の心構えについて|有利に新しい職場で働く方法
新しい転職先で、自分のスキルを生かして有利に働く方法などを書いています。
志望業界の情報収集の仕方について、同業種他社の情報収集で志望している会社と比較
現在働いている会社とは違い、異業種への転職はかなり勇気の要ることかもしれません。特に30代、40代からの転職で、異業種への転職はかなり条件的にも厳しいかもしれませんので、そのあたりの心構えについて書いてみたいと思います。
正社員で働いている人が辞めたいと思った時の優先順位
正社員として働いている方が、優先順位として何を考えるべきなのか?
人見知りは営業はむいてない??転職出来ない年齢になる前に考えよう!
転職を有利に出来る時に、自分の性格に合った職場を探す努力をしましょう。
転職の際考える事|夢を持ち、そして自分を知ることから始める
転職の際、自分の事をしる事が大事です。そして、なぜ転職するのか?そこを明確にしておく必要があります。
転職の時の自分の長所の活かし方|会社都合での転職の際の考え方
転職の際、自分のセールスポイント、そして会社都合で会社を辞めた際の考え方について。
手取り20万以下でも結婚できる?ボーナスが無い会社に入ると未来がない
手取りが万円以下の男性は、結婚が出来るのでしょうか。ボーナスがない、もしくは寸志の場合お先真っ暗だと言えるでしょう。
仕事にやりがいが持てない、、そういった新入社員はさっさと転職すべき
新入社員が仕事にやりがいがない、、これは色々な理由があると思いますが、その理由が正当な理由であれば、転職を視野に入れるべきです。第二新卒転職は強いし、年々不利になっていくからです。
経理の転職|有利に正社員になるのはTOEICや簿記一級が近道
正社員を狙う転職の経理の方は、TOEICや簿記一級を習得すると有利になります。
オタクや非リア充が働きやすい就職口、転職先とかあるのか?
人とコミュニケーションを摂るのがストレス、、という様な非リア充の人が働きやすい就職口について。
会社説明会の質問でNGな質問とは?聞いていいこと、駄目な事
会社説明会や企業説明会などで、質疑応答がありますが、暗黙のルールとして聞いては駄目な事が存在する事を知っていますか?
英語を活かした就活、英会話は武器になる!英語を武器にしたいからコレ!
外資系の転職、大企業の就職の場合、英語はスゴく武器です。ぜったいに有利ですが、その英語を活かす就活をするにはどうすればいいのでしょうか?
高卒のフリーターでも正社員になれる。目標を持って就職活動をしよう
高卒でフリーターとして働いている方は、自分は一生正社員とか、福利厚生が恵まれている職場へ働くことが出来ないと思っていると思いますが、そんな事はありません。
萌え絵師、プロ絵師になるにはどうすればいい?転職や専門学校について
若者に人気のプロ絵師になる為にはどうしたらいいのでしょうか?転職、または専門学校などについての情報。
退職後にするべき保険の事、社会保険、国民年金など
退職した後、まずは保険についての知識を知ることが大事です。国保などについて書いています。健康保険の手続き『国民健康保険』か『任意継続被保険者制度』を選択します。
転職をする際、気分が下がる、メンタルが弱いと不利。気分を高めよう。
転職の際、気分が塞いでいると、新規の転職には不利です。面接官にも分かる様になります。気分を上げて、気分を休めてリラックスしましょう。
転職を有利に進める為の資格の有無|転職の内定率にどのくらい関係があるのか?40代の転職、30代の転職には絶対に必要要素となる資格の有無
転職を有利に進める為の資格の有無についての記事を書いてみたいと思います。転職を有利に進める為には絶対に資格は必要なのでしょうか?
今の職場で人間関係がうまくいかないから転職する!はワガママ??
給料の面や、残業などの面で転職を考えると言う事はよくあることですが、会社に不満がないが、人間関係が上手くいかないとか、職場に友達が出来ないという理由で転職を考えているのはわがままなのでしょうか?
就職活動において吃り(どもり)は不利?吃り(どもり)グセがある人が就職を有利にする方法について
小さい時からともにグセのある人は、就職の時に面接の不利があると考えているかもしれません。面接で不利な状況を打開するにはどのような心構えが必要でしょうか?
ワーキングホリデーや留学後の就職活動を成功する為に必要な知識。TOEICなどの資格を取り、空白期間の穴埋めを考える
ワーキングホリデーを遊びととらえている企業は多く、空白期間をどのような感じで埋めていくのかが就職活動では重要になっています。ワーキングホリデーの空白時間をどのようにとらえるのか?就職に有利にする為にはどういった考えが必要なのでしょうか?
意識高い系企業が強制する『朝活』とのつき合い方。会社なので言うことを聞くべきか…
海外の一流企業などで取り入れられている事で、日本の意識高い系企業でもじわじわと広がっている朝活というもの。これはどのようにして向かい合えばいいのでしょうか?
他業種転職をする際に注意するポイントは?他業種転職で失敗するパターンと失敗しない方法について
転職をする際に全く違う業種に行くことも珍しくありません。他業種転職の場合はキャリアが全くありませんので、同業種の転職とは違い、注意すべきポイントがあります。
就職面接で失敗談を話すと内定率が上がる?面接の際のテクニック
自分を良く見せろうとして、転職の面接の際色々なかっこつけた事を言う人も多いと思いますが、実は人間の心理学的にはある程度の失敗について話す方が効果的であると言われています。
フリーターが正社員になる為にはどのような事が必要か|20代後半に正社員になる為の努力の仕方
大学卒業して正社員にならずにフリーターとして働くのも、26歳、27歳、28歳と年をとってどんどん正社員になれにくくなってきます。フリーターが正社員になる為には20代後半になる前にしっかりと将来のビジョンを持っておくことが大事です
高学歴で資格保有者であっても、就職に失敗する理由。地方の就職であればあるほど顕著にそれは現れる。
高学歴でなおかつ資格も所有しているにも関わらす、うまいところに就職が出来なかったりとか、希望の就職が出来ないと言うような事も多々あります。周りから見て絶対に通るだろうと思っているような人でも、就職に落ちるというケースもあります。
こんな会社辞めたい…正社員が会社を辞めたいと思った時に考えるべきこと
正社員の方は特に会社を辞めるとき色々悩むべきところがあると思います。辞めたいけどやめれない…その理由は何でしょうか?本当に考えないといけない理由はなんでしょう。
伸びていく企業と、沈んでいく企業の違いとは?|転職の際に押さえておくべきポイント
伸びる企業と沈む企業には明確な違いがあると言われています。転職エージェントに登録すればこのような情報を知ることが出来ますが、まずどのような違いがあるのかという部分をしておくと言うのもいいと思います。
営業や企画の転職先|転職するために覚えておくこと
営業職や企画職に転職をしようと思っている方、転職するときの注意点や現在の動向について。
IT求人や通信業界への転職|ブラック業界と言われているからこそ転職には細心の注意が必要
IT業界や通信業界というのは、需要が拡大し続けている企業であるのですが、同時に労働時間が長く仕事も飽和状態で転職の際には注意が必要だと言わています。
転職するべき仕事先と転職を避けるべき仕事先について
転職するべき仕事先と転職すべきではない仕事先というのがあると思います。どのような違いがあるのか?伸びていく会社はどのような特徴があるのかなどについて書いてみたいと思います
電気系や家電系、機械系の転職について
市場のトレンドによって左右される職種でもあり、転職市場は色々と別れるのが現状です。転職には技術も必要とされるため、転職先のニーズをしっかりと把握する事が重要です。
土木建築業界の転職について|転職の際に注意をする事転職の注意点について
建設需要は住宅に関わる重要な産業となりますので、転職も常に人材が募集されている状態です。技術があれば転職先というのはいつでも探せます。
今こそ狙い目?販売サービス業への転職について
待遇改善やコンプライアンスの強化によって労働環境が劇的に変わっている業界になっています。
理系職の転職|専門性の高い医療、化学、素材の業界
目新しい発展が注目される、医療や、化学、素材の3分野への転職は、専門性が高く簡単に転職する事はできませんが、理系出身であれば目指してみる価値はある職業だと言わています。
金融業や専門職への転職の注意点|投資や保険などお金を動かすエリート職種への転職
特別な知識が要る専門職ではありますが、条件をしっかりと把握してトレンドに乗れば給与は飛躍的にアップします。
クリエイター、クリエイティブ部門への転職の注意点等
クリエイター、クリエイティブ食への転職は、グラフィック、編集、デザイン、放送等があるのですが、どういった注意点が必要でしょうか。
20代の転職、留まるべきか?転職するメリットとデメリット
20代の転職について、そこに留まるべきなのか?それとも転職すべきなのか?どの様なメリットやデメリットがあるのでしょうか?
30代での転職、ライバルと差をつける転職の知識とは?
30代で転職するケースも多いですが、どういった所を注意するべき?
申請すれば必ず貰える失業の時に国から貰えるお金
知らなければとりっぱぐれる可能性がある手当金。国から貰えるものですので、しっかりと貰える手続きをするといいでしょう。
失業給付金の裏技|賢く裏技を知ることで有利に転職活動を立ち回る
転職するまでの期間、出来るだけ負担を無くしたいと思うでしょうが、失業給付金をしっかりと貰える裏技が存在します。
転職時のトラブル|仕事を辞める時に考えられるトラブルについて
お金が貰えない、辞めさせてくれない、、など、色々な転職時のトラブルは怒りえます。どうすればいいのでしょうか?
30代、40代は人脈をしっかりと使うことが大事。人付き合いで好条件の転職を!
人脈をしっかりと使いながら、有利な転職をする事が大事です。体裁を気にせず、今まで培って来た人脈を駆使しながら転職を行う事が大事です。