困難を乗り越えた経験…というエントリーシートの質問のベストな回答とは?

エントリーシートで頻繁に出る問題として『困難を乗り越えた経験について』というものがありますが、彼はどのような事を企業側は期待しているのでしょうか?またどのような事を聞きたいのでしょうか?そこを知らないのであれば、本当の答えを書くことが出来ないと思います。

 

 

困難を乗り越えた経験というのは、本当にその事実を知りたいのではなく、またその様な困難に本当に遭遇したのかという真実を知りたいのではなく、それを今何をどのように受け止め、どのように対処したのか?という所を知りたいのです。

 

 

あなたの経験そのものを重視しているわけではなく、どのような経験をしてきて、どのような反省をしてきて、またそのことについてどのような改善を考えてきたのか?という部分をあなた自身が分析してるかどうかと言う事を知りたいのです。

 

 

自分の行ってきたことに対して、俯瞰し、客観的に見れるのかどうか?また、本当に困難にぶつかった時に学習や改善を出来たのか?また、仲間と一緒にその困難にぶつかって改善出来たのかどうか?という所が、自分の会社で使えるかどうかという所を知る重要なポイントなんです。

 

 

ですので、困難にぶつかった事実や、その困難を乗り越えた結果論だけをだらだら書いていても全く意味がないと言う事です。その事実は重要ではなく、要するにその事実を客観的に受け止め、どのように改善してきたのか?というような部分を企業側は知りたいわけです。

 

 

例えば実際に困難にぶつかったりとか、重大な問題にぶち当たった時に、どのような経験をしたのか?また、どのような問題が発生したのか?そしてその問題について、客観的、俯瞰的な観点からどのような改善策を見いだしたのか?その改善策は成功したのか?例えば失敗したとしても、その失敗を自分でジャッジ出来、次に生かすことが出来たのか?という所が出来ているかどうかが大事なのです。

 

 

自分自身がどのような事を感じて、その困難でどの部分を反省してどのような改善策を次回にいかせたのか?が書けていないと全く意味がないてことです。

 

 

エントリーシートの場合は文字数制限が通常ある為、文章力がしっかりとあり、相手にどのような部分を伝える必要があるのか?また相手がどのような答えを求めているのか?という部分が分からなければ、結局相手に伝わらず、エントリーシートで落とされてしまいます。

 

 

結果をしっかりと伝えたり、どのような部分を相手に伝えたいのかとか、相手がどのような部分を知りたいのか?というのを理解していれば、おのずと大事な部分がわかってくるはずです。

 

 

ポイントとしては、その問題が発生したところを短くして、どのような解決方法を見いだしたのかっていうところと、またどのような方法で解決したのか?というか所長く書けばいいのです。

 

問題解決のプロセスを聞かれていると言う所を理解する。

 

多くの方が、困難を乗り越えた経験を書くと聞けば、その経験をの事実のみ長く書いてしまいがちですが、実際にはそうではなく、問題解決をどのようにしたのか?というようなところを相手が聞きたいのです。

 

 

文字数制限がしっかりとあるエントリーシートですから、相手が何を知りたいのか?という所を意識してエントリーシートを書く練習をしておきましょう。ラフな構成を作っておきそして文章の構成を考えていけばいいのです。

 

 

エントリーシートの課題と言うのは、前もってわかっている為、事前に対策する事が可能ですので、本当の相手を知りたいところは何なのか?というものに意識を向け、文章をまとめる努力をしておきましょう。

 

就職活動は転職エージェントを利用する

 

1人で就職活動をするのは、上記のようにエントリーシートの問題などもありますし、どのような所がポイントとして大事なのかっていうところもわかりません。

 

 

新卒専用の転職エージェントというものもありますので、その様な所を利用すれば就活のモチベーションを継続する事も可能になりますのでお勧めしたいと思います。

 

 

転職エージェントというのは、何も高いキャリアを持っている人間だけが転職の際に利用するヘッドハンティングのところではありません。新卒もサポートしてくれる転職エージェントや、就職エージェントというものがありますのでぜひとも利用してください。

 

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

新卒で半年で辞めた場合、第二新卒として転職するのは可能?失敗しないポイント
30代、40代の人生のターニングポイントに転職を考えている方の為の情報サイトです。
契約社員は第二新卒として、好条件の正社員として転職は可能??
契約社員として20代働いてきた人は、第二新卒扱いで正社員になることは出来るでしょうか?
新卒者が退職して、失業保険を受け取りながら転職することは可能?
失業保険をもらいながら、新卒は転職することは出来るのでしょうか?
新卒社員、第二新卒の悩み、上司に放置されている、、対応策
上司に放置され、何をしていいのかが全くわからない、、、こういった方は結構います。
新卒社員のタメ口は改善できるのか?先輩社員や会社の考え方
タメ口を使ってくる新人が結構いますが、それを改善するのは先輩社員の役目です。
新入社員は上司と仲良く!絶対に嫌われては駄目です
新入社員であれば、上司と仲良くする事が大事です。結局は自分の為になります。
立ち仕事のツラさ|20代前半は1日15時間を超える勤務に耐えられるか?
立ち仕事の小売業について、立ち仕事なのですが、ちゃんと考えて働く準備をしておくことが大事。
『マンガ学科』って一体何?漫画家以外の就職は不可能なのか??
最近大学にデキているマンガ学科。これって漫画家以外の潰しは効かないのか??調べてみました。
かまってちゃん、新入社員がめんどくさい^^;それぞれの立場から、、
新入社員で面倒なタイプ。自分がどういったタイプなのか、また、後輩がこんな場合どうする??
新卒社員は電話に出るべき?慣れない業務で困った(^_^;)
新卒社員は『知らない自分が電話に出ても、、』と遠慮してしまうと思いますが、実は電話に出ない新入社員って嫌われるのを知っていますか?
第二新卒でも条件のイイ働き口はある!2年目で将来性がないと感じる会社にいる必要はない
右も左も分からない新卒社員でも、1年位働きだすと、だいたいの会社の状態が分かるもの。先がないと感じたら、速攻で第二新卒転職を考えるべきです。
【新卒の悩み】バイト先に就職?フリーターとして生活するリスクとか。。
バイト先に就職してしまおうか、、と悩んでいる若い人は多いです。フリーターとして働いたほうが気楽だし、まあまあお金もいいし、、という感じだからです。
新入社員が貯金をするのは可能?手取り約20万円でどれ位貯金をデキるか?
有事に備え、しっかりと貯金をするコト。そうすれば色々な時に余裕が出来ます。
新卒の就職活動の注意点、ブランドイメージにとらわれず、自分の個性が出る職場を選ぶべき
新卒の方はどちらかといえばブランドイメージ優先で就職活動をしているのではないでしょうか?若い時はブランドイメージというのは大変大事な事ですが、実際に働くにおいてどのような部分が一番意識する必要があるのか?という所を書いていきたいと思います