スポンサードリンク

ブラック企業を辞めない理由|なぜみんなはブラック企業と知っていながらやめれないのか?

飲食店などの多くは、ブラック業界とも呼ばれており、ある州洗脳のような環境が整っているといわれています。

 

ブラック企業 洗脳

 

外部の人間からすれば、『ブラック企業とわかっているなら早いとこ辞めてしまえばいいのに』と普通に考えるのですが、当の本人たちはいつの間にか会社でこき使われることに慣れ、休めない事が当たり前、残業する自分がすごく酔いしれているような状態になってしまうのです。

 

 

ブラック企業で働く人の多くが、『今月も休みが1回もなかったよ…』『毎日帰ってくるのが11時過ぎだもん』というふうに、口ではきついとか不満を言っているのですが、実はその行為自体がやめられない状態になっているのです。

 

 

仕事があるだけありがたいと思えとか、お前には期待しているとか、経営者や上司にうまい具合に載せられて、その結果『自分がやらなければこの会社は上手くいかないんだ』と言うようなマインドに代わり、結果的には自分のプライベートを犠牲にしてまでも会社に尽くすような人間になってしまうのです。これがブラック企業で働いている人間がいつまでも止められない理由の一つになっています。

 

 

ブラック企業で働いている人の多くは、もちろん最初はその様な事を望んでいませんが、自然にブラック企業の洗脳に染まり、当事者の自分たちが洗脳されていると言うこと自体気づかなく何年も働いている状態になっているのです。

 

 

ブラック企業は、組織ぐるみでどのような方法で社員だたりそこで働いている人を洗脳しているのでしょうか?以前、豊田商事の朝礼の動画などもありましたが、あれはまさに洗脳の一種であり、やっている本人たちは本当に一生懸命やっているのです。外部から見て気持ち悪いと思うような行為も、その会社では当たり前だったり、むしろ誇らしいような気持ちにさえなると言うのが洗脳なのです。

 

正社員というアメをぶら下げる|正社員にならなければいけないと言うような洗脳

 

日本の会社の多くと言うよりも、サラリーマンの多くの方は、やはり正社員というものに非常に価値を見いだしています。その証拠に、口では言いませんが、仕事量が多い派遣社員をを軽蔑したりとか、やはり正社員というのが強いのか日本の会社の実態だといえるでしょう。

 

 

雇用体系が昔から変わっていない為、やはり正社員というのはこれからも日本の会社をとらえ続けるのではないかと思います。

 

 

つまり会社側としては、正社員というものを価値のあるものととらえている為、また社員自体も『正社員で働く事が出来る』と感じている事を知っている為、理不尽な労働時間や、理不尽な環境下においても辞める事が出来ない、逆に辞めるはずがないと言うようなお互いの考えが合致している為ブラックがはびこるのです。

 

 

嫌ならやめればいいじゃない…というふうに簡単に外部の人間は思うかもしれませんが、離職すると正社員というものがなくなる為、過酷な労働だとしても理不尽な労働だとしても、当の本人は働かざるを得ないわけです。

 

 

ストレスと同様で、それを与え続けられているとその環境に慣れてきます。これがブラック企業の洗脳の状態になるわけです。

 

 

せっかく大学まで行った会社を辞める。正社員で入社したのにやめる。このような事は親にも恥ずかしくて言えないし、友達にも恥ずかしくて言えない…というような心理的な負担がのしかかる為、ある程度の事は我慢して働くのは現状のようです。

 

 

多くの社員がその様な事を思っていると言うことを会社側も十分に理解している為、ある程度無茶ぶりをしても辞める事はないだろうというふうに感じているわけです。真面目な人であればあるほどブラック企業に染まるというのは、このような責任感のある、或いは社会的に体裁があるからだといわれています。

 

誰でも社会人であればこのくらいの事は我慢しているという勘違い

 

今の時代正社員だからサービス残業ぐらいは当たり前だろとか、このくらいの事でやめるようであれば、どこでも通用しないとか、すぐにやめると職業履歴(職歴)がない為転職の時に不利になる…というような理由から、なかなかブラック企業と分かっていながらも辞める事が出来ないのが現状です。

 

 

お前以外の他のやつはしっかりと頑張っている…とか、このくらいの事はみんなやってるんだから、我慢出来ないなら他では絶対に通用しないぞ!とか言うのもブラック企業の常套手段となっています。

 

 

サービス残業も普通の事になり、休日出勤も当たり前の事になり、きついと思っても、他の会社はもっとひどいぞなどと言われて、それが当然になってくると言うのもブラック企業の常套手段なのです。

 

 

みんなはこのくらいの事はやっているんだからお前もやれとか、他の会社はもっとひどいんだからこのくらいの事は当たり前だし、ありがたいと思え…などという事が続いていけば、それが当たり前になってきて環境に慣れてくるというのもブラック企業の手段の一つがあります。

 

 

このようなブラック企業で幾ら働いても、精神的に参ってくるだけですし、お互いにいいことはありません。正社員が当たり前と言うような事もそれはブラック企業の手口ですので、みんながやっているからとか、他の会社ならもっとひどいと言うような事を真に受けす、自分の人生ですので自分のやりがいのある仕事をする事が一番だと思います。

 

 

転職エージェントなどを有効に利用して、今の環境よりももっとすぐれている職場があるのですから、しっかりと準備をして転職をする事も大事です。

 

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
ブラック業界の中のホワイト企業の探し方、ホワイトの会社はあるのか?
ブラック業界と言われている業界はありますが、その中でもしっかりとしたホワイト企業はあります。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業あるある|ブラック企業が求人の際に使う手口
ブラック企業あるある、ブラック企業は言葉巧みに求人情報を行います。ですので、そういった言葉に惑わされない様にする必要があります。
ブラック企業について|ハードワーク=ブラックは正しい解釈?
ブラック企業の定義とはどういったものでしょうか?ブラック企業についての考え方です。
ブラック企業あるある、休暇、有給中に社用の電話がなりやまない
休みを取っているにもかかわらず、電話をガンガンかけてくる会社があると思いますが、この様なケースではどういった解決法があると思いますか?