40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?

こんにちはいつもありがとうございます。当サイトでは、30代や40代の転職をしたい方に向けて、色々な有益な方法をシェアしているわけですが、転職を希望されている方は、以前もしっかりと働かれていて、何かしらの条件が不足があるとか、前職の会社がブラックだった…等の理由で思い切って転職をされている方が多いのです。

 

 

しかし、30代後半や、40代の男性で、全く働いていないと言うような方もいるようです。30代の前半で全く働いていたい、引きこもりのような男性もいるのですが、20代の後半から30代にかけては、ひきこもることが出来るくらいの経済力が親にあるケースが多く、お金持ちの家では30代の引きこもりの子供は普通にいると言うのが現代社会となっています。

 

 

その様な生ぬるい生活をしているような男性が、毎年毎年年を重ねて気が付いたら40歳を過ぎていた…というパターンも多くあります。

 

 

自分自身が年をとると言う事は、今まで食べさしてくれていたスポンサーである両親も年をとっていくという事で、両親が介護が必要になったり、働くことが出来なくなったり、或いは経済力のある父親と離婚したり…というような部分で、どんどん自分にお金を出すことが出来なくなってくるような現状になります。

 

 

40代で職業履歴(職歴)が全くないような人間は、おそらくコミニケーションの売るも低いと言うのは容易に判断出来る為、新しく就職したりする場合は、基本的に面接をする前に落とされる可能性の方が高く、実は人間性がよかったと言うようなケースでも、それに関しては全く理解されないまま流されることでしょう。

 

40代の職歴なしでも働ける職場というのがあるのか?

 

現実的に考えた場合、40代のまったく働いた事のないような職業履歴(職歴)でも、雇ってくれるような会社はあるのでしょうか?基本的には『働く』という部分だけにフォーカスを当てれば、どのような事でも働くことが出来ますし、就職口は沢山あるのは事実です。

 

 

ただし、親のすねをかじって40代まで過ごしてきた場合は、自分で働いてお金を稼いだことがない為、かなりの我慢をしながら、年下に指示をされながら、安い賃金で我慢して働くと言うような根性はなければ続かないでしょう。

 

 

タクシーの運転手などの場合であれば、基本的に免許証取れば1人て働くことが出来て楽だと思いますが、まず仕事を覚えるまでには職場のコミニケーションも必要ですので、40代まで働いた事のないようなニートであれば、わがままが出てきて言うことを聞かずに辞めてしまうと言うようなケースもあります。

 

 

トラックの運転手なども一人で気が楽ですが、ルートを覚えるまでは先輩のドライバーと一緒にしばらくは走る必要がある為.いずれにしてもコミニケーション能力というのは最低限必要だと思います。

 

 

条件は低くなりますが、少なくとも40歳まで無職だったという部分を自分自身納得していれば、我慢して働くのは仕方がないかと思います。

 

 

その際に履歴書に書くことがないかもしれませんが、職業履歴(職歴)なしの部分は、実家の家の手伝いをしていたとか、自分自身でビジネスをやっていたが…などのように書くといいと思います。

 

 

ニートや引きこもりの場合、意外にパソコンについてはメチャメチャ詳しかったりとか、ある一つの物事に対して詳しく突き詰めて調べているとか何かしらメリットかあったりします。

 

 

その様な事をできるだけ探して、新しい就職先で目に止めてもらえるように精一杯履歴書でアピールする必要があります。嘘も方便という言葉がありますから、極力自分を良い人に見せることで、まず働けるようにする必要があります。

 

 

警備会社なども高齢な人が多く、過去の経歴もギャンブル中毒で借金をしていた人とか、もう働くところが全くなく警備員をしているとか、色々な過去がある中でまじめに働いている人が多い為、40代でニートでも特に気兼ねをする必要はないと思います。

 

 

40歳まで働いていないとして、『今からしっかりと自分で働かないとやばい!』と今現在も思っているのですから、自分自身で未来を変えることが出来るんです。

 

 

警備やトラックの運転手、また、タクシー業界に関して言えば、年収的には厳しいような業種ですが、平均年収に近付けるように自分自身で努力する事が出来ます。

 

 

トラックについても、色々な免許を取ることで、特殊技術を身につけることが出来てきますし、警備も色々な資格を取れば任されるところも変わってきますので、役職手当なのか増えてくる為、数年後には平均年収に近付けるようなことも全然現実的ですので頑張ってください。

 

環境を変えて意識を変えることで見えるものが変わってくる

 

40代まで仕事をしていない人間は、働く時間に起きることさえ最初は出来ないような状態になっているでしょう。すべてがめんどくさく、すべてが嫌でどうしようもないような状態になっているかもしれません。

 

 

しかし働くと言う事はその様な意味で、誰でもやっている事なんだ…というような意識を持つ事で、今の現状を受け止めることが出来ると思います。

 

 

今どうしょうもない状態かもしれないけど、働かないとダメだと思ったわけですから、環境的には変わっていなくても、あなたの意識的にはかなり変化が起きていると言うことです。

 

 

心が変わると行動が変わると言われています。ですので、就職をするんだという気持ちを大事にしていきましょう。

 

40代を過ぎても働くところが沢山ある

 

自分自身の心の持ちようで、職業履歴(職歴)の部分は埋めることが出来ると思います。年齢的なハンディは多少あるかもしれませんが、結局どれだけ頑張って社会で働くかという気持ちが強いかどうかだと思います。

 

 

訳ありで働くところを探している人は幾らでもいます。例えば暴対法がひどくなり、ヤクザとして食べていけない…というような事でも、生きる為に働く必要がありますし、その様な方に比べると40歳で職業履歴(職歴)がないというのは大したハンディではないと思えるのではないでしょうか?

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?

関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
職歴を埋める方法を。転職の履歴書にはパートで働いた時期や、アルバイトで働いた期間もしっかりと書くこと。
履歴書には職業履歴(職歴)をしっかり書くことが大事です。パートで働いていた期間及びアルバイトで働いていた気かったともしっかりと書きましょう