鬱病になりやすいと言われるフリーランスと呼ばれる働き方について

こんにちは、最近はインターネットの普及に伴い色々な働き方があります。特に若い子の間で一般的になっているからフリーランスという働き方です。

 

 

イラストレーターや漫画、デザイナーなどの職種が代表的なもので、通勤時間などもなく、自宅で出来て納品するのみというシンプルな働き方。多趣味な若者には支持されている働き方であり、会社に毎日働きに出ている人にしてみたら物凄くうらやましい働き方ではないでしょうか。

 

 

しかし、色々な相談窓口や、2ちゃんねるなどを見ている限り、フリーランスという働き方は全員がマッチしていると言うわけでもないような気がします。通勤電車とかにも乗る必要なく、フレキシブルに働くことが出来るのでストレスフリーの気がしますが、実際は鬱病になったりとか、精神的に参っていたりとかその様な方が多いようなのです。

 

 

人生経験のない若者の場合であれば、今まで大学生などサークルでワイワイやっていた中で、いきなり1人になって仕事を持ち、自由な時間を持って仕事をしている事が、逆にプレッシャーになり、精神的に参ってくるパターンが多い。

 

 

今までサークルや、高校のときに仲のよかった友達も、同じ条件で時間をつくれていたのに、それぞれが働きだし、時間の都合がつかなかったりする事が多く、集まりも減ってくる時期も不安になる要素の一つです。

 

 

新卒で就職した場合であれば、一番最初は気楽になって、先輩とのしがらみも、社会のしがらみも、通勤電車に揺られて気分が悪いストレスのなくなり、ハッピーな仕事をしばらくは出来ているのですが、それが半年や1年経つとだんだん不安になってくると言うような方も多いです。

 

 

また、時間管理が出来ていなかったり、若さゆえ仕事に対する心構えが出来ていなかったりするので、怠けたりして仕事を飛ばしてしまうと言うようなケースもあります。しかしやっぱり、フリーランスの一番の問題点は孤独感となります。

 

生身の人間と接触する機会のないフリーランス

 

パソコンとインターネットがあることで、今ではほとんどの仕事を人に会わずに完結する事が出来ます。メールやSkypeなので打ち合わせもして、仕事をした後メール納品したり、ドロップボックスに資料を詰め込んだりと実際に人に会わなくても仕事は完結してしまう時代です。

 

 

今の時代のフリーランスといえば、完全にネットで人間関係などを作ることなく完結する仕事の事を指すような気がします。つまり、1回もう1と話すことはなく仕事で報酬を得る事が出来る時代ですし、逆に言えばクライアントの顔すら知らないと言うようなパターンも多いのです。

 

 

人間は承認欲求というものがありますので、生身の人間に褒められたり怒られたりする事を、人間の本能として求めています。

 

 

このような状態ですので、仮に誰とも合わない状態で仕事をしていれば、生身の人間と接触する機会がないわけですから、徐々に精神的に不安なってくるのです。人間関係のストレスも当然あるのですが、逆に生身の人間等接することがない事で生じるストレスもあるという事に理解しておきましょう。

 

 

よくサラリーマンが赤提灯で仕事終わりに同僚たちと飲みながら、色々な愚痴をこぼし合う光景もよくありますが、あれはあれでストレスの発散になっているのです。

 

 

自分の仕事に同情出来るような人間が全くいないと言う事は、ストレスの発散愚痴もありませんし、仕事や収入に対しての不安だけが募る状態になりますので、精神的にはどんどんどんどん追い込まれていくような感じになります。

 

 

自分自身が怠けようが、自分自身がパシャまで仕事をしようが誰も文句を言いません。ただ、誰の為に働いているのかとか、何の為に働いているのか?というような所が分からなってくる為仕事をすればするほど不安になってくるのです。

 

自分自身で自分を管理する

 

精神的なプレッシャーを跳ね除ける為には、自分自身で自分をしっかりと管理する必要があります。今までは上司に言われて行動をしていたとか、世間体や社会の目を気にして行動をしていたとかあると思いますが、フリーランスでやると言うことは自由を得る代わりに、自分に全責任を持つと言う事です。

 

 

夜ふかしをしても、朝遅く目覚めても、一日に仕事を数時間しかしなくても誰も文句は言いません。昨日は飲みすぎたので今日は気分転換にドライブにいこう…というふうに仕事に対する言い訳は何でも出来ます。

 

 

自分が精神的に寂しいので、友達の誘いにはすべて乗るというふうなことも自由なのです。ただしフリーランスで生きていこうと思うのであれば、すべての誘いに乗っていてはいつまでたっても自分の事を管理出来ていないと言う事になります。

 

 

自分の自由な時間を作る為に、多少の我慢と多少の時間の管理というのは意識しないといけません。

 

 

特にお酒を飲むような方は、夜に晩酌をするようなパターンになると思います。つまり幾らフリーランスと言って自由があると言っても、お酒を飲んでいる状態で仕事は出来という事です。

 

 

例えば、夜仕事をしようと思うのであれば、お酒を飲んでも出来るような仕事をする為にお昼に計画を立てて仕込んでおおく…などの工夫でいくらでも仕事の時間を作ることが出来ます。

 

 

このように自分自身を管理する事で、時間も作ることが出来ますし、精神的な部分の負担は減ってくる可能性もあります。

 

運動や筋トレをする|健全なる精神は健全なる肉体に宿る

 

フリーランスの成功者、つまりお金をもうけたと言う事を成功とした場合、ほとんどの方がめちゃくちゃ太っていますよね。ホリエモンなどを見ればわかりますが、刑務所を出てきてみるみる太りました。

 

 

その他、色々な有名な著名人もいますが、有名になりたての頃はほっそりとしているのに、お金と自由と持ってきたおかげで、生活が不規則になりおいしいもの食べたりするのでどんどん肉をつけてきます。

 

 

フリーランスの代表格ともいえるアフィリエイターやネットビジネスで成功しているような方は、糖尿病の方も多く、かなりの不摂生をしているのかわかります。

 

 

健全なる精神は健全なる肉体に宿るということわざがありますが、やはり仕事をしっかりするには、精神的な部分というのは非常に大事になってきます。

 

 

風邪を引けば薬を飲めば治りますが、鬱病になれば精神病はずっとつき合っていかないといけません。その為には心と体のケアが一番必要なのです。

 

 

運動をする事でホルモンを出す、そして筋トレを習慣化する事で、自分自身にも自信がついてきますし健康管理も出来ます。

 

 

フリーランスは健康こそが一番です。精神的にも肉体的にも健康でなければ、幾ら仕事のスキルがあっても作業時間という事なくし、色々な部分で絶対に健康というもの注意する必要があります。

 

 

特に5年とかあっという間に過ぎますので、フリーランスで何とか食べていけるようになってきた…という時に、精神的に悪くなったり、肥満て糖尿病になったりとか災厄な状態になります。

 

 

心構えや工夫という部分では、しっかりと自分の体と自分の精神を管理する必要があります。フリーランス同士で繋がったりとか勉強会やセミナーに出ることで、リアルな人間と話す機会を増やす。

 

 

例えば筋トレをしている仲間を増やすなど、とにかく自分のアイデンティティをしっかりと作ることが大事です。自分の仕事は社会に貢献しているんだという所がわかれば、1人で仕事をしていても孤独感にさいなまれることはないと思います。

関連ページ

営業職から経理、畑違いの業種への転職は可能なのか?
営業があまり得意ではない、、という男性が、経理の業種へつきたい、、と思っている場合、転職は可能でしょうか?
フリーターから正社員にはなれる?職業履歴(職歴)なしでもアルバイトをしていれば十分に可能
ずっとフリーターをしていて、ぼちぼち落ち着きたいなと思ったとき、正社員にはなれるのでしょうか?
転職先が決まっていない時、退職後色々と準備が必要です。
転職をする場合、前の会社を辞めたとしばらく時間があったりとか、逆に転職先を決めていないのに退職すると言うようなケースもあると思います.色々な注意点について書いています。
転職の心構えについて|有利に新しい職場で働く方法
新しい転職先で、自分のスキルを生かして有利に働く方法などを書いています。
志望業界の情報収集の仕方について、同業種他社の情報収集で志望している会社と比較
現在働いている会社とは違い、異業種への転職はかなり勇気の要ることかもしれません。特に30代、40代からの転職で、異業種への転職はかなり条件的にも厳しいかもしれませんので、そのあたりの心構えについて書いてみたいと思います。
正社員で働いている人が辞めたいと思った時の優先順位
正社員として働いている方が、優先順位として何を考えるべきなのか?
人見知りは営業はむいてない??転職出来ない年齢になる前に考えよう!
転職を有利に出来る時に、自分の性格に合った職場を探す努力をしましょう。
転職の際考える事|夢を持ち、そして自分を知ることから始める
転職の際、自分の事をしる事が大事です。そして、なぜ転職するのか?そこを明確にしておく必要があります。
転職の時の自分の長所の活かし方|会社都合での転職の際の考え方
転職の際、自分のセールスポイント、そして会社都合で会社を辞めた際の考え方について。
手取り20万以下でも結婚できる?ボーナスが無い会社に入ると未来がない
手取りが万円以下の男性は、結婚が出来るのでしょうか。ボーナスがない、もしくは寸志の場合お先真っ暗だと言えるでしょう。
仕事にやりがいが持てない、、そういった新入社員はさっさと転職すべき
新入社員が仕事にやりがいがない、、これは色々な理由があると思いますが、その理由が正当な理由であれば、転職を視野に入れるべきです。第二新卒転職は強いし、年々不利になっていくからです。
経理の転職|有利に正社員になるのはTOEICや簿記一級が近道
正社員を狙う転職の経理の方は、TOEICや簿記一級を習得すると有利になります。
オタクや非リア充が働きやすい就職口、転職先とかあるのか?
人とコミュニケーションを摂るのがストレス、、という様な非リア充の人が働きやすい就職口について。
会社説明会の質問でNGな質問とは?聞いていいこと、駄目な事
会社説明会や企業説明会などで、質疑応答がありますが、暗黙のルールとして聞いては駄目な事が存在する事を知っていますか?
英語を活かした就活、英会話は武器になる!英語を武器にしたいからコレ!
外資系の転職、大企業の就職の場合、英語はスゴく武器です。ぜったいに有利ですが、その英語を活かす就活をするにはどうすればいいのでしょうか?
高卒のフリーターでも正社員になれる。目標を持って就職活動をしよう
高卒でフリーターとして働いている方は、自分は一生正社員とか、福利厚生が恵まれている職場へ働くことが出来ないと思っていると思いますが、そんな事はありません。
萌え絵師、プロ絵師になるにはどうすればいい?転職や専門学校について
若者に人気のプロ絵師になる為にはどうしたらいいのでしょうか?転職、または専門学校などについての情報。
退職後にするべき保険の事、社会保険、国民年金など
退職した後、まずは保険についての知識を知ることが大事です。国保などについて書いています。健康保険の手続き『国民健康保険』か『任意継続被保険者制度』を選択します。
転職をする際、気分が下がる、メンタルが弱いと不利。気分を高めよう。
転職の際、気分が塞いでいると、新規の転職には不利です。面接官にも分かる様になります。気分を上げて、気分を休めてリラックスしましょう。
転職を有利に進める為の資格の有無|転職の内定率にどのくらい関係があるのか?40代の転職、30代の転職には絶対に必要要素となる資格の有無
転職を有利に進める為の資格の有無についての記事を書いてみたいと思います。転職を有利に進める為には絶対に資格は必要なのでしょうか?
今の職場で人間関係がうまくいかないから転職する!はワガママ??
給料の面や、残業などの面で転職を考えると言う事はよくあることですが、会社に不満がないが、人間関係が上手くいかないとか、職場に友達が出来ないという理由で転職を考えているのはわがままなのでしょうか?
就職活動において吃り(どもり)は不利?吃り(どもり)グセがある人が就職を有利にする方法について
小さい時からともにグセのある人は、就職の時に面接の不利があると考えているかもしれません。面接で不利な状況を打開するにはどのような心構えが必要でしょうか?
ワーキングホリデーや留学後の就職活動を成功する為に必要な知識。TOEICなどの資格を取り、空白期間の穴埋めを考える
ワーキングホリデーを遊びととらえている企業は多く、空白期間をどのような感じで埋めていくのかが就職活動では重要になっています。ワーキングホリデーの空白時間をどのようにとらえるのか?就職に有利にする為にはどういった考えが必要なのでしょうか?
意識高い系企業が強制する『朝活』とのつき合い方。会社なので言うことを聞くべきか…
海外の一流企業などで取り入れられている事で、日本の意識高い系企業でもじわじわと広がっている朝活というもの。これはどのようにして向かい合えばいいのでしょうか?
他業種転職をする際に注意するポイントは?他業種転職で失敗するパターンと失敗しない方法について
転職をする際に全く違う業種に行くことも珍しくありません。他業種転職の場合はキャリアが全くありませんので、同業種の転職とは違い、注意すべきポイントがあります。
就職面接で失敗談を話すと内定率が上がる?面接の際のテクニック
自分を良く見せろうとして、転職の面接の際色々なかっこつけた事を言う人も多いと思いますが、実は人間の心理学的にはある程度の失敗について話す方が効果的であると言われています。
フリーターが正社員になる為にはどのような事が必要か|20代後半に正社員になる為の努力の仕方
大学卒業して正社員にならずにフリーターとして働くのも、26歳、27歳、28歳と年をとってどんどん正社員になれにくくなってきます。フリーターが正社員になる為には20代後半になる前にしっかりと将来のビジョンを持っておくことが大事です
高学歴で資格保有者であっても、就職に失敗する理由。地方の就職であればあるほど顕著にそれは現れる。
高学歴でなおかつ資格も所有しているにも関わらす、うまいところに就職が出来なかったりとか、希望の就職が出来ないと言うような事も多々あります。周りから見て絶対に通るだろうと思っているような人でも、就職に落ちるというケースもあります。
こんな会社辞めたい…正社員が会社を辞めたいと思った時に考えるべきこと
正社員の方は特に会社を辞めるとき色々悩むべきところがあると思います。辞めたいけどやめれない…その理由は何でしょうか?本当に考えないといけない理由はなんでしょう。