転職エージェント登録のデメリットについて

転職エージェント デメリット

 

このページでは転職エージェントのデメリットについて調べています。

 

 

>>30代、40代の転職者には必須!転職エージェントのメリットについて

 

転職エージェントのCAが殆どの全権を握っているという事

 

 

転職エージェントに無料エントリーする最大のデメリットは、あなたの転職をサポートする担当のキャリアアドバイザー(CA)に仕事の転職活動の成功、また成功しないという事実の大抵がかかってきてしまうことではないでしょうか。

 

 

 

つまり、あなた自身の転職をサポートする担当の転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)が無能な人、あるいはあなたとの相性が極端に悪い相手であった際に、その時点であなたの仕事の転職活動は非常に絶望的になってしまう状況が多いです。

 

 

転職エージェントの優れた点は

  • 普通手に入らない生のデータや企業情報を知ることが出来る
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)とコネクションのある転職先の企業への採用は少しだけ通りやすい確率がある
  • 選考結果の合格か不合格かに関わらず、フィードバックがもらえる
  • 給与交渉を転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)が行ってくれる
  • 適した転職先の紹介・転職の際の面接のアポもキャリアアドバイザー(CA)が行う

というような部分なのです。

 

逆に言えば、この『殆どが転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)がやってくれるメリット』こそ、転職エージェントのデメリットとなる可能性が高いと言う様な事になります。

 

 

メリットが欠点になるという事なので、先程のメリットのポイントが全てデメリットになります。

 

  • キャリアアドバイザー(CA)の情報アンテナが弱ければデータや企業情報を手にすることが出来ない
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)と転職先の会社のコネクションが弱ければコネは産まれない
  • キャリアアドバイザー(CA)と働きたい会社の付き合いが薄いと身になるフィードバックはない
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)の交渉能力が低ければ本当はもらえるはずだった給料、ボーナス、年収などより低くなる。
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)がノルマだけを願っているような人だったら、あなたの狙いとは関係なく、あなたが受かりそうな転職先を勧めてくる。

 

メリット部分の最悪なケースを考えると上記みたいになります^^;まあ、全て最悪のパターンですし、こういったキャリアアドバイザー(CA)自体クレームがあるのは間違いないので基本はランキング上位の転職エージェントに於いてはいないと思っていいですが、、

 

 

しかし、人間の性格と同様、合う、合わないという人は確実に存在します。

 

 

ですので、転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)との付き合い方を上手にやらないと転職エージェント自体のアドバンテージが活かせません

 

自分と同レベルの人材に直接応募されると不利

 

 

たとえば、あなた自身が転職エージェント経由でA社に就職面接に行き、同様の時期に転職エージェント経由ではなく、直接応募であなたと同等のレベルのスキルを持った人材が転職希望のこれから働きたい会社に転職の際の面接に行った時、その転職先の採用枠が1名だとすればあなたの方が不利になると言えます。

 

 

 

なんであなたの方が不利なのでしょうか?

 

 

 

転職エージェントに載っている企業の求人の殆どは、人材を探している会社側から転職エージェント側に転職成功報酬を支払う仕組みで成り立っています。

 

 

 

わかりやすく説明すると、転職エージェント経由であなたが仕事の転職に成功したとすれば、その転職先の企業や会社はその転職エージェントに高額の紹介料を支払う必要が出ていきます。

 

 

 

一般的に、『仕事を転職した人の年収の約35%が相場』だと聞いています。もしあなたの給料、ボーナス、年収などが600万に決まったのであれば、その35%なので約200万円近くをアナタを採用したこれから働く会社は転職エージェントに渡すことになります。

 

 

 

転職エージェント経由ではなく、直接面接に来た方が『アナタと同レベル』の人間だったら、この約200万円は払う必要はないという様な事になります。

 

 

それほど何度も起こることじゃありませんが、転職エージェントと転職先の企業や会社の繋がりという点を頭の隅に入れておいてもらえればと思います。

 

 

下記のページでも説明していますので、よかったら御覧ください。

 

>>転職エージェントの利用料が無料の理由と、求人サイトとの違い

 

転職エージェントは上記2つのウィークポイントがあるという所も意識しておく

 

一見、30代や、40代の仕事の転職者に強い味方に感じる転職エージェントかもしれませんが、上記2つのウィークポイントがあるという所も覚えておく必要があります。

 

 

やはり転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)との付き合い方は上手に出来る人とそうでない人とでは、
かなり結果に差が出る傾向があるのは間違いないでしょう。

 

 

 

でも、大体の転職エージェントでは、キャリアアドバイザー(CA)の交代をお願いをすることができます

 

 

 

言い出しにくいことは確かであるのですが、たった1本の電話か1通のメールで思い切って『今の担当エージェントさんを変更してもらえませんか?』と伝えるだけで、劇的に処遇が向上する場合も多いです。

 

 

 

転職エージェントによっては無料エントリー時にキャリアアドバイザー(CA)の大よそのレベルを指定可能なこともあります。転職エージェントを利用しようと考え中であれば、ここは絶対に妥協せずに具体的にやってみてください。

 

 

転職エージェントは転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)選びから始まっているといっても過言では無いと思う事です。

 

:

転職エージェント お勧め


 

関連ページ

転職エージェントのメリットについて
30代、40代が転職をする際、転職エージェントに登録することは必須です。メリットについて書いています。
転職エージェントが無料の理由と、求人サイトとの違い
なぜ私たちは転職エージェントを無料で利用することが出来るのでしょうか?その仕組みと通常の求人サイトとの違いについて説明します。
転職エージェントは誰でも登録出来る訳ではない|拒否される理由
実は転職エージェントというは誰でも合格する、というわけではありません
転職エージェントが非公開求人が多い理由を教えます!
魅力的な『非公開求人』が転職エージェントには沢山。でも、キャリア豊富な人に知って欲しい求人が、なんで非公開求人なんでしょうか?
複数登録が基本!理由と選び方
転職エージェントの登録は複数が基本です。その理由と選び方について。
優位な転職をする為の五つの必勝パターンについて
転職活動は何も考えずにいきなり求人を調べても全く望みどうりにはなりません。、勝負に再び後悔しないようにする為にも、しっかりと転職で上手くいくためのポイントを押さえておきましょう