スポンサードリンク

ブラック企業が無くならい理由

転職 経理

ブラック企業がどうして無くならないのか?その理由は『洗脳をしている』からです。仕事をやりまくるコトを誇りに思え、という客観的に見れば明らかにおかしい精神論を、無理矢理に集団心理を利用して洗脳しているのです。

 

 

 

ブラック企業は洗脳した社員に『仕事があるだけありがたいと思え』『成果が出せないならサービス残業で奉仕しろ』といった理論で説得している訳です。

 

これが過労死の無くならない病んだ日本のサラリーマン社会の実態です。

 

ではブラック企業がどの様にして洗脳していくのかという部分ですよね。

 

正社員にならなければいけないという洗脳

 

リーマンショック以降、未だに『正社員最強』という神話が日本を支配していると思います。雇用メカニズムが硬直化した日本において、これから先も『正社員最強』の傾向は続くのは間違いありません。

 

 

 

ですので、正規雇用社員と言われるランクをキープするために理不尽な仕事内容事情であっても離職することが出来ない、というような環境がブラック企業を産み出す重要な背景となっています。

 

 

 

ブラック企業の殆どは正社員で募集し、サービス残業や長時間勤務を押し付けます。正社員は役目が重要である、気楽な気持ちで辞めてはいけない、と考えられる世間の声を利用出来るからだと思います。

 

 

 

アルバイトをサービス残業漬けに利用するブラック企業も存在するでしょうが、アルバイトは即辞めても大丈夫と考えられている風潮があるし、直ぐに他のアルバイトが見つかる為にブラック企業の洗脳はバイトには効果がないのです。

 

 

 

 

マスコミなどが、正規雇用社員を押し進める部分で、ずっと『全部平等』の教育に従ってきた若者たちは一人唯一の道をあゆんでいく事をおびえます。

 

 

 

こういった部分も、ブラック企業に限って言えば洗脳デキやすい社会環境条件の中の1つになったと言えます。

 

会社をクビになったり辞める事は恥ずかしいことであり、友達に言えない、家族や親に申し訳無い、等々の罪悪感を使って、デタラメな仕事内容を押し付けても会社を辞めるという事は無いだろう、とタカをくくっているはずです。

 

 

 

生真面目なヒトとか責務感の強い人間であればある程、ブラック企業に押しつぶされ、メンタル的に病んでしまうと聞きます。

 

 

全ての人が、これ位我慢していると思わせる洗脳

 

  • 『社会人であればサービス残業位当然』
  • 『こんな点で辞めたら別のところでは通用しない』
  • 『職務履歴が浅いのに辞めたら転職に於いて苦労するぞ』

 

そういった、皆は頑張っている、思わせる理屈を出してくるのも、ブラック企業の常套戦法ではないでしょうか。

 

 

 

企業というものは閉鎖的な社会環境ではないでしょうか。別の社会人の労働環境が見えず『これ以外の会社もこんなもんなんだろうな』と想像しています。

 

 

 

徐々に今の環境が当たり前になってしまい、やがてサービス残業も日常的な事、と思い込んでしまい、後輩に対してもそのことを強要する……このようなやり方を経験してブラック企業の環境は出来上がります。

 

 

 

誰でもがやっているという理由でお前もやれ、の精神は村社会に相当する日本ならではの理屈なので、それが一旦悪い方向に向かってしまうと、日々労働環境は黒くなっていきます。

 

 

 

元々労働局がその状況を正す任務があるのですが、日本の労働局は正常に作用出来ているとはいえません。労働基準法違反に対しての罰則も緩く、ブラック企業は『赤信号みんなでわたれば怖くない』の理屈が通ってしまうので、今もって増え続けていると断言できます。

 

冷静に判断するデータが重要

 

このようなブラック企業の洗脳に巻き込まれないことを願うなら、冷静に危険とリターン、メリットとデメリットを確認する客観的な着眼点と、正確な情報が必要だと思います。

 

 

 

例えて言うなら、労働法を知らなければ、ブラック企業に残業代なしでこき使われたりしても泣き寝入りではないでしょうか。

 

 

 

 

ブラック企業に入社している事で、得られるメリットともらうデメリットを冷静にジャッジ出来なければ、ブラック企業に根付いてしまい、結果的に使い捨てされてしまう時もあるようです。

 

企業はスタッフを守ったりはしません。あなた自身の勤務する環境はあなた自身で守らなければいけないのではないでしょうか。

 

 

 

学生のうちは身に着けていないことも想定されますが、日本の人材を取り巻く事情は予想外に混沌としていると断言します。生き延びる為にに、じっくりとあなた自身を守る術を身につけましょう。

 

 

 

 

ブラック企業から逃げる為にに一番現実的な策は、転職を行う事ではないでしょうか。とは言え、転職をしたいと考えても、どう進めていけば効果があるのか把握していないに違いありませんよね。

 

 

 

 

そのためイチ押しなのが転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことだと思います。

 

転職エージェントに依頼して効率よく転職活動を進めよう

 

 

 

転職エージェントは、無料で使用することができる転職サービスで、登録するとマンツーマンでアドバイザーから転職サポートをしてもらう事が可能になります。

 

 

 

 

職務経歴書等の書類の作成ポイントから、面接ノウハウ、何処の人材募集が適切なのか、キャリア計画はどう組んで向かうべきか等々、スペシャリストの立場から堅実に提案をしてもらえることになります。

 

 

 

また最も嬉しいことが、人材募集探しをエージェントが実施してくれるところではないでしょうか。

 

 

 

キャリアカウンセリングで要求内容等をアピールすると、エージェントはその部分にふさわしい人材募集を探して教えてくれます。

 

 

 

 

多数存在する人材募集の内から、あなた自身の希望条件にマッチングしており、さらに内定のパーセンテージが優秀な求人をもってくるという理由で、驚くほど効率よく転職活動を行う事ができるような仕組みになっています。

 

 

 

転職エージェントは、そのエージェントにだけしかオープンにしていない非公開求人も多種多様抱えていますので、あなた独自に職を変えると比較してもずっと効率よく理想的な求人にアプローチできるにちがいありません。

 

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
ブラック業界の中のホワイト企業の探し方、ホワイトの会社はあるのか?
ブラック業界と言われている業界はありますが、その中でもしっかりとしたホワイト企業はあります。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業で働いている人間はなぜ辞めないのか?過労死寸前まで行っているのに辞めない理由について考える
転職を考える理由としては、ブラック企業で働いてきたからと言うのがあります。ブラック企業と分かっていながらも、なぜみんな何でも働くのか?
ブラック企業あるある|ブラック企業が求人の際に使う手口
ブラック企業あるある、ブラック企業は言葉巧みに求人情報を行います。ですので、そういった言葉に惑わされない様にする必要があります。
ブラック企業について|ハードワーク=ブラックは正しい解釈?
ブラック企業の定義とはどういったものでしょうか?ブラック企業についての考え方です。
ブラック企業あるある、休暇、有給中に社用の電話がなりやまない
休みを取っているにもかかわらず、電話をガンガンかけてくる会社があると思いますが、この様なケースではどういった解決法があると思いますか?