どうすれば円満退職ができるのか?上司に報告し、引き継ぎや残務処理に全力を尽くすこと

転職 円満退職

 

転職は『円満退職』でなければいけないと言われていますが、その理由について書いていきたいと思います。

 

 

仕事を変わる事を決意したら、まず退職のための準備をしなければなりません。どんなケースであっても、辞める時には『円満退職』でなければいけません。

 

 

どのようなわけがあろうとも、喧嘩別れのような形で今まで勤めていた会社を辞めては、職場を変えた先の人事担当の面接官が前の会社に問い合わせをした場合に悪く言われ、転職先で居づらくなってしまう可能性があります。

 

まず今までの会社の規約をよく読み、退職の通告は規定を順守して円滑に上司に報告行います。それに基づき時間を入念にとって、退職に備えましょう。

 

 

あなたの転勤は何らかの形で今まで勤めていた会社や引き継ぐ社員、仕事仲間、クライアントまでにも、円滑に仕事を行ううえで迷惑をかけてしまうものです。

 

 

だからといって『早めに言ったらいいだろう』と『今まで勤めていた会社を辞めます』とあちこちで吹聴して歩くのはダメです。 退職の公表は企業の仕事であり、あなた自身から言うのは本来は規定違反です。

 

 

明らかにされてから、引き継ぎをはじめとして、残務処理に全力を尽くすという事が社会人としての常識です。

 

転職活動は退職してからするか、在職中からするか?あなた自身にとって安全な退職を選ぼう

 

転宿をすると決めた時、『退職してから就職活動』『在職中に就職活動』どちらにする方が良いのか?どちらにもメリットとデメリットがあるがが気になるのではないでしょうか。

 

 

『転職活動はいつ始めたらいいか』というのは外せない問題です。 退職してからやるか、在職中から業務を続けながら次の会社を探すか、そのどちらかという部分なのです。

 

 

退職してからの就職活動は、お金の困難が第一の壁になります。 自己都合で退職した場合、雇用保険が支給されるのは、早い人でも4ヵ月後です(第1部第3章参照)。ではありますが、税金や保険の支払いは待ってくれません。

 

 

もちろん、家賃、そして生活費といった支出もあり、転職活動の資金も自分で支払わなくてはなりません。一発で採用が決まればよいのですが、長引くようであると経済的に厳しくなることは心づもりしなくてはなりません。

 

それに対して、在職中に仕事の転職活動ができれば、自分の給料の問題はなんとかクリアできます。 ただ『手間がとれない』と言う様な別のトラブルが生じてきます。企業研究の時間がなかったり、転職の際の面接の時間が調整できなかったりと、タイミングを逃してしまうリスクがあるのです。できれば、就職先が決まってから仕事の変更したほうが安全です。

 

『退職してから就職活動』

メリット

 

  • 時間が自由になり、資格をとるための受講も可能になる
  • 複数の会社の転職の際の面接などにもすぐに対応できる
  • 情報収集・企業研究が様々できる
  • 心身のリフレッシュ・充電ができる
  • 雇用保険が受給される

デメリット

 

  • 無収入である為生活が苦しい
  • 不採用が重なると焦りが生じる
  • サクサクと決めたいからと妥協しやすくなる
  • 失業状態が続くと意欲が減退し、技術のキレも悪くなる
  • ライフスタイルが不規則になり、自己管理が甘くなる

 

『在職中に就職活動』

メリット

 

  • 収入が保障されているから丁寧に探せる
  • 不採用でも失業のリスクがない
  • 時間をかけてやりたい業務だけを選ぶことができる
  • 仕事を変わる事(転職)に伴う手続きを自分でしなくてもすむ

デメリット

 

  • 企業調べる時間がない
  • いい情報に対し迅速な動きがとれない
  • 転職活動していることを今まで働いていた会社に隠さなければならない
  • 新しい技術はもちろんの事、資格を身につけるヒマがない
  • 気持ちの切り替えがむずかしい
  • 早期出社ができないので選考で不利になってしまう

 

転職の時期を決めるための3つのポイント転職活動を始める時期をいつにするか、決定するために考えなければならないポイント

 

『蓄えがどのくらいあるか』

 

 

自己都合で会社を辞めると、そんな簡単には雇用保険が給付されません。3〜4ヵ月先まで無収入でくらしできるか、預金通帳とすり合わせします。

 

経済的な余裕が欠けると、転職活動にも焦りが生じてしまいます。やりたくない職務でも、妥協してしまうことになりかねません。 

 

『採用活動が活発な時期なのか』

 

 

常識的には、中途採用の募集が増加するのは1〜3月、7〜9月とされています。いずれも決算期の前で、経営の見直しをはかる為にスタッフの補充を決定すると考えるコトが多いのです。

 

尚且つ、どちらもボーナスの後で、ボーナスをもらって辞めた人々の補充をするという内訳もあるようです。募集の増えている時期に仕事の転職活動をするほうが選別の幅が広がり、良い企業に出合う可能性が高まります。 

 

『今の仕事場が繁忙期を迎えていないか』

 

 

あなた自身が抜けることで別の人の負担が同時に起こるのでは、円満退職とは言えません。現職のまま転職活動を実施するとしても、今まで働いていた会社の繁忙期を避けて動くのは、人として当然のことです。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

転職前の一仕事、元の職場の上司への報告や、転職の際の動き
転職を決まったあと、上司への報告、引き続き等、前の会社でする必要があります。円満退職をする為にもしっかりとしておきましょう。
退職した後の税金の手続きと確定申告について
退職した後、確定申告や税金について。どういった手続きをしていけばいいのでしょうか?詳しく書いています。