30代、40代からの転職は転職エージェントを使って効率的に^^

40代 転職

 

当サイトでは、30代、40代と、人生の節目に向けての転職をしたい方を中心にした、転職を上手くいくための情報を発信しています。

 

当サイトが推薦する、新しい就職先の選択の仕方は、

 

  • 最初の段階の場合は、エージェントの良し悪しが把握していない為に、複数登録する
  • 転職をしたい際には、1社ではなく、少なくとも3社位にして就職活動を開始する 

 

という様な手段です。

 

転職エージェント お勧め


 

最初は転職エージェントを利用して3〜5社を選択し、会員になって面接に行くことが重要です。

 

 

推薦する転職エージェントはこのWEBページの下に掲載しています。何のために数多く転職エージェントの面談に行くのか?

 

 

 

といえば1つの転職エージェントのみで就職活動した場合、理想的な助言を貰っているのか、また、紹介が理想的なのかが分からないからです。色々と比較検討を行う事で、条件の優劣の選択がつきます。

 

 

 

転職エージェントは税理士とか病院施設のお医者さんと同様に、良いアドバイザーもいればそうではないアドバイザーもいると考えられます。最初の転職エージェントが、たまたま無能なキャリアアドバイザーのケースでは、とんでもないことになります。2〜3人のアドバイザーやカウンセラーと話をしてレベルをみてください。

 

 

 

そして『この転職エージェントやアドバイザーは信頼出来る!』と思える人と付き合って転職を決めていきましょう。あなた自身が選択する位の気持ちでOKなのです。

 

 

 

人付き合いのところも有りますから、相性が良好な担当者と二人三脚で就職活動行った方が、ストレスもありませんし、選択肢を広げておけば、見つかる割合が高くなります。

 

 

 

面談に出掛けると仕事のアナウンスがありますが、転職エージェントで2つ以上登録を実施しておけば自身の願望に一致する企業の数が増えます。転職エージェント1件で10件登録する事で、転職エージェント5件であれば50件です^^。

 

 

 

その上非公開求人といって、面接に行かない限りは見つけられない会社が大部分です。
職業紹介所、ハローワーク、転職サイトでは絶対に見れないお宝ものの働き場所に出会うことも想定されます。

 

 

 

ちょっとの苦労をしないばかりに、機会を逃すのは勿体ないとは思いませんか?

 

 

エネルギー、時間が無いからといって、適当にしか探さなければ、望みどおりの新しい就職先は見つかりません。持ち駒といえる転職先の候補を増やす姿勢は大事です。

 

転職エージェントのどの部分を評価する??

 

 

転職エージェントのどの部分を支持するかといえば

 

  • 転職エージェントのカウンセラーとフィーリングがあうか?
  • 仕事が出来そうか?
  • 提案内容、転職のアドバイスの内容が具体的かどうか
  • 自社のプラスでなく、求職者の転職の部分を考察してアドバイスしているか?
  • 転職エージェントで案内される人材募集の数と質

 

 

こういった部分をしっかりと評価して考え、最終的には1〜3社位に絞っていきます。

 

大手の転職エージェントは必ず登録

 

 

大手の転職エージェントに登録する理由は明確です

 

 

求人件数が10万件近くと、中小エージェントと比べて100倍を上回る (仕事数がたくさんあるほど、マッチした仕事に出会いやすい)為です。

 

 

 

登録数が少ない転職エージェントと細部まで付き合うと利用するだけでストレスです。

 

 

 

情報量、会社の登録数自体が少なく、押さえるべき企業数も不十分です。大手の転職エージェントの会員になっておけば1本化出来ますから、効率的に就職活動、転職活動をする事が出来ます。 

 

 

また、大手の転職エージェントであれば、転職活動の初心者の人、転職エージェントを使い慣れて無い人の対応に慣れているので、初心者でも安心して会社えらびに集中出来ます。

 

 

あとは、大手転職エージェントであれば、サービスレベルが一定で手引書化され、変な当たりはずれがありません。転職エージェント大手で、仮に嫌なアドバイザーに当たっても、アドバイザーの数が多い為、アドバイザーの変更も簡単です。小さい転職エージェントであれば、元々交換出来る社員がいません^^;

 

 

 

社員募集をしてもらう際には、上のポイント2で選択していた転職エージェントを通じて、履歴書を出してください。

 

転職エージェントの数を、なぜココで減らすのか?

 

理由は、転職の面接の日程のすり合わせや調整が、どこかの転職エージェントに集中させないと想像以上に大変なのです。

 

 

 

例えば4社の転職エージェントに応募してしまうと、それぞれの転職エージェントの4人のアドバイザーに、ご自分の面接に行ける日程を教えないとダメになります。物凄く面倒なんです^^;

 

 

大手一社の転職エージェントであれば、アドバイザーが1人なので混乱しません。

 

大手転職エージェント登録後の注意点

 

転職エージェントカウンセリング前には自身が希求する条件を把握して確認する事。これが重要だと言えます!

 

 

 

転職エージェントに、具体的に何を行って欲しいのか?この部分を伝える事が出来るようにしてください。

 

 

あそこの転職エージェントは使えない、正解だったなどの評判とか悪評を耳にしますが、これに関しては賢い活用の方法、その転職エージェントの持ち味を熟知していない為に、不満足になっている可能性も考えられます。

 

 

 

  • 転職エージェントのサービスは、求職者にとってメリットと言われる役割がある
  • この事を念頭に置き、どの転職エージェントを使うとメリットがあるかを理解する
  • 大手転職エージェント、得意不得意それぞれある事を理解する

 

転職エージェントには、得意不得意が存在する為、それぞれを使い分けながら、転職力」をアップさせる、内定を出スための方法を、エージェントと一緒になって考えていってください。

 

 

転職エージェントがしてくれるサービス

 

転職エージェントの役目は、『転職のお手伝い』です。サービス内容は多岐に渡ります。

 

  • 登録者に求人情報をメール等で送るサービス
  • 自分の持っているキャリアのマーケットの値打ちを教えてくれる
  • 悩みの相談、キャリアカウンセリングなど
  • 求人の極秘案内を教える(クローズ案件)
  • 面接日のセッティングや連絡の代行
  • 職務経歴書の添削や書類の書き方のアドバイス
  • 模擬面接などもしてくれる

 

その他転職に関するアドバイス(給料話し合い、退職交渉のベストの方法など)

 

 

 

転職エージェントの利用そのものは無料でお金はかかりませんので、一人で考えたりする事を比べると非常に有効な就職活動の方法となります。

 

その他の転職エージェントが有利な点について

 

転職エージェントは、全ての求人というワケではないですが、会社ごとの社員の採用基準、つまりどういった求職者の経験なら採用する為に合格するか、あるいは不合格にするかといったボーダーラインを、非常に細かい所まで正確に掴んでいます。

 

 

 

転職者にとってみれば、一人では分からない、苦労する部分をクリアに出来ますよね。

 

  • 受かりそうもない企業に応募して落ちて、無駄な手間を取ってしまった。
  • 本当であれば採用合格出来そうな企業があったのに、受からない企業に向けてばかりアプローチしてチャンスを潰した
 

 

という様なありがちなリスクを減らすメリットがあります。

 

 

 

転職エージェントから採用した実績がある会社だと、応募者の過去の役職や経験などのキャリアを見れば、採用されるラインが、かなりの確率で判別できます。

 

 

 

転職エージェントの過去の転職実績者から、具体的にどんなキャリアや資格が重要で、学歴はどういう人であればクリア出来るなどの情報が貯まっているからです。

 

 

 

例え、その転職エージェントに採用実績が無いにしても、今までに何人か応募者に面接に行ってもらっているだけで、不合格者達の不採用理由から、企業の採用ポイントはどんな所なのかを理解している事が多いです。

 

 

 

経験豊富な転職エージェントのアドバイザーであれば、、担当している会社に関しては、その求職者の履歴者職務経歴書を見るだけで、5〜6秒で内定するか受からないかの判断が出来ると言われています。

 

 

 

転職エージェント側が、『就職する際の合格ライン』を理解しているという事は、求職者にとっては大きなメリットです。

 

【例】未経験者歓迎の第2新卒のプログラマー求人

 

 

例えばココに、『未経験で応募したけど不合格だった』とします。

 

同じ経験がない状態でも、企業は誰でも面接に呼んだり採用しているか?と言えば違います。

 

未経験でも、正確に言うと、別の応募者との比較も入りますし、求人で書けない企業毎の細かい『未経験の条件』があります。

 

転職エージェントでは過去の情報から『未経験のエンジニア求人』でも

 

  • 学歴はどのくらいレベルまでならOKなのか?
  • 人物はこのような種類(暗いのは間違いなくダメなど)
  • 社会人経験があれば未経験でも可

 

などの詳細な情報までを網羅している可能性があります。

 

 

 

各転職エージェントのアドバイザーは、登録者が望んで伝えれば、学歴や履歴書では分からない、企業が必要としている能力を考慮して、採用合格の確率が高い企業をアナウンスしてくれるでしょう。

 

自分だけでは絶対に知ることが出来ない情報を持っているので、自分で転職サイトで求められる条件の企業に応募しまくるといった時間を無駄にしませんし、効率的に転職活動をすることが出来ます。

 

 

 

当サイトをよく読んでもらって、ぜひあなたの転職に役立ててほしいと思います。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

  リクルートエージェント

 

総合評価

キャリアアドバイザー

求人数の量

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

 

転職エージェント お勧め

10万件を上回る圧倒的な募集人数で評価の高い知名度抜群の転職エージェントとなります。

 

日本全国にマッチしていて、20代30代から40代の仕事の転職までカバーしている職場を変えるなら外せない転職エージェントです。

 

収入の上昇率は66%もあり、高い成果が厚い支持を得ています。それだけ質が優れている転職エージェントであると断言できます。求人数の90%が非公開求人です。


ジャンル

得意業種等

公開求人数

非公開求人数

転職エージェント

オールジャンル

約15,000件

約90,000件

募集雇用形態

対応地域

転職後年収UP率

設立年月

正規社員

全国対応

約66%

1977年11月

 

転職エージェント ランキング

 

  DO-DA

 

 

総合評価

キャリアアドバイザー

求人数の量

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

 

転職エージェント お勧め

DODAの企業の求人は30,000件を上回っていて転職エージェントに関しても最高レベルの案件数です。

 

これ以外には、『スカウトサービス』という社員求人を出している人材を探している企業からスカウトを受けられるサービスがあります。

 

これは予め『職歴』『経験』『転職先の希望条件』等を登録するだけで、あなたに興味をもった人材を探している企業がスカウトしてくれるサービスとなっています。


ジャンル

得意業種等

公開求人数

非公開求人数

転職エージェント

オールジャンル

約2,500件

約40,000件

募集雇用形態

対応地域

転職後年収UP率

設立年月

正社員及び派遣

全国対応

非公開

1989年06月

 

転職エージェント ランキング

 

  パソナキャリア

 

  

総合評価

キャリアアドバイザー

求人数の量

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

 

転職エージェント お勧め

パソナキャリアは仕事の転職成功者が25万人、取引実績企業数は16,000社以上とトップクラスとなります。

 

加えてパソナキャリア経由で仕事を変えた転職者の67%が給料やボーナス、年収をUPしているという驚く位高水準の実績のある転職エージェントとなります。

 

オリコンランキングにおいても総合順位で2位、更にはその他ほぼ全部の項目で上位にランクインしている大変人気があり、尚かつ実績のある転職エージェントとなります。


ジャンル

得意業種等

公開求人数

非公開求人数

転職エージェント

オールジャンル

約4,200件

約17,000件

募集雇用形態

対応地域

転職後年収UP率

設立年月

正規社員

全国対応

67.1%

1988年04月

 

転職エージェント ランキング